ReSharper 2018.3ヘルプ

シンボルの種類に移動

ReSharper | ナビゲート | シンボルの種類
Ctrl+Shift+T
ReSharper_GotoTypeDeclaration

宣言に移動コマンドを実行すると、シンボルが宣言されている場所に移動しますが、シンボルの種類コマンドは現在選択されているシンボルのタイプの宣言に移動します。例:変数 Foo myVar = new Foo(); を持っていて、このコマンドを myVarの使用箇所で呼び出すと、クラス Fooの宣言に移動します。関数でこのコマンドを呼び出すと、関数の戻り値の型にナビゲートします。

ジェネリック型の変数の場合、このコマンドを使用すると、ジェネリック型宣言だけでなく、すべてのジェネリックパラメータの宣言に移動できます。例: class MyGeneric<X, Y> 型と var myGeneric = new MyGeneric<Author, Book>();型の変数があるとします。 myGenericを使用する場合にこのコマンドを呼び出すと、MyGenericAuthor、および Book クラス間のナビゲーション先を選択できます。

エディター、ファイル構造ウィンドウおよび他のツールウィンドウからこのコマンドを呼び出すことができます。

シンボルのタイプに移動するには

  1. キャレットをエディター内のシンボルに配置するか、ツールウィンドウでシンボルを選択します。

  2. Ctrl+Shift+T を押すか、メインメニューからReSharper | ナビゲート | シンボルの種類を選択してください。あるいは、Ctrl+Shift+Aを押して、ポップアップでコマンド名を入力してから、コマンド名を選択することもできます。

  3. シンボルのタイプに宣言が1つしかない場合、ReSharperはそれを直接ナビゲートします。

  4. いくつかの宣言がある場合(例えば部分的な嘘の場合)、それらはドロップダウンリストにリストされます。次のいずれかの操作を行います。
    • エディターで開くには、該当する項目をクリックします。

    • UpDown を押して目的の項目を選択し、Enter を押してエディターで開きます。

    • 検索結果ウィンドウで一致する項目のリストを表示して 分析するをクリックするには、検索結果に表示 ThemedIcon SearchResults Screen Gray をクリックし、テンキーパッドで Shift+Enter または + を押します。

ナビゲートする項目が現在のソリューションに属している場合、ReSharperはエディターで対応するファイルを開き、記号宣言にキャレットを置きます。参照されたライブラリーにReSharperが見つかると、ReSharperはReSharperオプションのツール | 外部ソースページで定義された設定に従ってナビゲートします。

この機能は、次の言語とテクノロジでサポートされています。

Language: C#

Language: VB.NET

Language: C++

Language: HTML

Language: ASP.NET

Language: Razor

Language: JavaScript

Language: TypeScript

Language: CSS

Language: XML

Language: XAML

Language: Resx

Language: Build Scripts

Language: Protobuf

Language: JSON

Feature is available

Feature is available

Feature is available

Feature is not available

Feature is available

Feature is available

Feature is not available

Feature is available

Feature is not available

Feature is not available

Feature is available

Feature is not available

Feature is not available

Feature is not available

Feature is not available

C#の機能の使用方法については、こちらの説明と例を参照してください。他言語の詳細については、言語別ReSharperの対応するトピックを参照してください。

最終更新日: 2019年4月15日

関連事項

関連ページ:

宣言に移動

ReSharper_GotoDeclarationこのコマンドを使用すると、任意のシンボル使用箇所からシンボルの宣言にナビゲートできます。ファイル構造ウィンドウや他のツールウィンドウからエディターからこのコマンドを呼び出すことができます。反対方向にナビゲートする(シンボルの使用箇所)には、すでにシン...

ファイル構造ウィンドウ

このウィンドウには、アクティブエディタータブに文書の構造が表示されます。ウィンドウはエディターと同期されます。別のエディタータブに切り替えると、ウィンドウには対応するファイルの構造が表示されます。開いたファイルに単体テストが含まれている場合は、それらに対応するアイコンが表示され、最後の実行のステータ...

検索結果ウィンドウ

ReSharper_ShowFindResultsこのウィンドウは、さまざまな検索結果(たとえば、シンボルの使用、外部シンボルの使用、シンボルのAPIの公開など)を表示するために使用されます。最新の検索の結果と以前の検索の結果が別のタブに表示されます。それぞれの新しい検索コマンドの結果は、同じ検索/...

検索結果の分析

ReSharper_ShowFindResultsReSharperのナビゲーションと検索操作で複数の結果が得られた場合、これらの結果を検索結果ウィンドウに表示することができます。検索結果ウィンドウは、検索結果を分析するためのさまざまな方法を提供します。必要に応じて、見つかった単一の使用箇所が検索結...

次にナビゲート

ReSharper_NavigateTo次にナビゲートは、ほとんどのナビゲーションニーズのための単一のショートカットです。コンテキストで使用可能なすべてのナビゲーション宛先を含むドロップダウンリストが開きます。エディター、ファイル構造ウィンドウおよび他のツールウィンドウからこのコマンドを呼び出すこと...

異なる言語でのReSharperの機能

以下の表は、各ReSharper機能がサポートされている言語/技術を説明しています。言語固有の機能のみを一覧表示し、プロジェクト依存関係図、名前空間の調整リファクタリング、スタックトレースエクスプローラー、最近のファイルを見るなどのプロジェクト/ソリューションのスコープには多くの機能は含まれていませ...