ReSharper 2021.1 ヘルプ

シンボルの種類に移動

ReSharper | ナビゲート | シンボルの種類
Control+Shift+T
ReSharper_GotoTypeDeclaration

宣言に移動コマンドを実行すると、シンボルが宣言されている場所に移動しますが、シンボルの種類コマンドは現在選択されているシンボルの型の宣言に移動します。例: 変数 Foo myVar = new Foo(); を持っていて、このコマンドを myVar の使用箇所で呼び出すと、クラス Foo の宣言に移動します。関数でこのコマンドを呼び出すと、関数の戻り値の型にナビゲートします。

ジェネリクス型の変数の場合、このコマンドを使用すると、ジェネリクス型の宣言とすべてのジェネリクスパラメーターの宣言に移動できます。例: 型 class MyGeneric<X, Y> とこの型 var myGeneric = new MyGeneric<Author, Book>(); の変数があるとします。 myGeneric を使用するときにこのコマンドを呼び出すと、MyGenericAuthorBook クラス間でナビゲーション先を選択できます。

このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウおよびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。

シンボルの型に移動する

  1. キャレットをエディターのシンボルに配置するか、ツールウィンドウでシンボルを選択します。

  2. Control+Shift+T を押すか、メインメニューから ReSharper | ナビゲート | シンボルの種類を選択します。あるいは、Control+Shift+A を押して、ポップアップでコマンド名を入力して、そこで選択することもできます。

  3. コマンドが単一の結果を返す場合、ReSharper はそこで直接ナビゲートします。いくつかの宣言の場合(たとえば、部分クラス)、ドロップダウンにリストされ、次のいずれかを実行できます。

    • 目的の項目をクリックしてエディターで開きます。

    • UpDown を押して目的の項目を選択し、Enter を押してエディターで開きます。

    • 検索結果ウィンドウで一致したアイテムのリストを表示および分析するには、検索結果に表示 Themed icon search results screen gray をクリックし、テンキーの Shift+Enter または + を押します。

ナビゲート先のアイテムが現在のソリューションに属している場合、ReSharper はエディターで対応するファイルを開き、シンボル宣言にキャレットを配置します。参照ライブラリにある場合、ReSharper は、ReSharper オプション(Alt+R, O)のツール | 外部ソースページで定義された設定に従ってナビゲートします。

この機能は、次の言語とテクノロジーでサポートされています。

C# の機能の使用方法については、こちらの説明と例を参照してください。他言語の詳細については、言語による ReSharper の対応するトピックを参照してください。

関連ページ:

宣言に移動 | ReSharper

このコマンドを使用して、シンボルの使用方法からシンボルの宣言に移動します。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウ、その他のツールウィンドウから呼び出すことができます。反対方向(シンボルの使用箇所)に移動するには、すでにシンボル宣言にいるときに宣言に移動コマンドを呼び出すか、シンボルの使用箇所にジャンプコマンドを使用できます。インターフェースで宣言されているメソッドやプロパティの使用方法から移動すると、コマンドはインターフェース自体ではなく、使用されている正確な実装...

ファイル構造ウィンドウ

ReSharper では、ファイル構造ウィンドウを使用して現在のドキュメントの構造をナビゲートできます。これにより、大きなファイルでのナビゲーションが大幅に簡略化されます。ウィンドウはエディターと同期しています。別のエディタータブに切り替えると、ウィンドウに対応するファイルの構造が表示されます。ファイルを簡単にナビゲートするために、プリプロセッサーディレクティブはデフォルトで非表示になっています。ファイル構造ウィンドウから、さらに多くのアクションにアクセスできます。利用可能なコマンドを確認するに...

検索結果ウィンドウ | ReSharper

このウィンドウは、さまざまな検索結果を表示するために使用されます(たとえば、シンボルの使用箇所、外部シンボルの使用箇所、シンボルの API の公開など)。最新の検索結果と以前の検索結果を別のタブに表示します。同じ検索 / ナビゲーションコマンドを除き、新しい検索コマンドの結果はそれぞれ別のタブに表示されます。これらの結果をダブルクリックすると、特定の検索結果を含むドキュメントをすばやく開くことができます。Visual Studio のプレビュータブでファイルを開く場合は、ReSharper オプシ...

検索結果を分析する

ReSharper のナビゲーション操作と検索操作で複数の結果が得られた場合、これらの結果を検索結果ウィンドウに表示することができます。検索結果ウィンドウは、検索結果を分析するためのさまざまな方法を提供します。必要に応じて、デフォルトの動作を変更して、見つかった単一の使用箇所が検索結果ウィンドウにも表示されるようにすることができます。これを行うには、ReSharper オプションのページの使い方: 1 つだけの結果がある場合は.... チェックボックスをオフにします。使用箇所の検索などの一部のアク...

次に移動

次に移動は、ほとんどのナビゲーションニーズに対する単一のショートカットです。コンテキストで利用可能なすべてのナビゲーション宛先を含むリストを開きます。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウおよびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。コンテキストで利用可能なナビゲーションアクションを表示するキャレットをエディターのシンボルに配置するか、ツールウィンドウウィンドウでシンボルを選択するか、エディター内の任意の場所にキャレットを設定します。を押すか、メインメ...

ASP.NET MVC 特有の機能 | ReSharper

ReSharper には、一般的な ASP.NET 機能に加えて、ASP.NET MVC での作業をより簡単にサポートする特殊機能があります。構文のハイライト:ASP.NET MVC メソッド呼び出しとパラメーターの特別な構文のハイライト: コード補完:文字列リテラルでアクションとコントローラーを参照するための専用コード補完: ナビゲーションと検索:さまざまなナビゲーション機能がアクションとコントローラーでも機能します。コード生成:使用箇所から新しいコントローラーとアクションを作成する: 最終...