ReSharper 2024.1 ヘルプ

どこでも検索 / 型に移動

このコマンドは、2 つの異なる機能を組み合わせています。

  • 最初に表示されるどこでも検索では、タイプ、シンボル、ファイル、ソースファイルとテキストファイルの文字列リテラル、最近の編集内容、最近のファイル、最近表示された方法など、次の宛先に移動できます。提案のリストは、この機能を呼び出すとすぐに表示され、最初に最近のファイルと移動されたアイテムが含まれます。

  • 2 回目に Control+N を押すか、メニューからコマンドを呼び出すと表示される型へジャンプでは、任意の型に移動することができます。

デフォルトでは、テキストへのナビゲーションはどこでも検索に統合されています — ReSharper は、すべての一致するタイプ、記号、ファイルの後に、結果リストの下部にあるクエリ文字列に一致するテキストの出現箇所を表示します。この動作を無効にするには、ReSharper オプションの環境 | 検索とナビゲーションページでどこからでもテキストを検索に統合をクリアします。

このオプションが無効になっている場合は、Control+N を 3 回押すと、テキストに移動できます。

これらのアクションを使用すると、ソリューション全体のシンボルやファイル、およびソリューションのプロジェクトで参照されているすべてのアセンブリのアイテムを検索できます。検索結果には、現在アセンブリエクスプローラーウィンドウにロードされているすべてのアセンブリからの一致するアイテムも含まれます。

このコマンドはグローバルスコープで機能します。つまり、起動するためにエディターにフォーカスを移す必要はありません。

プロジェクトアイテムを検索するか、タイプを見つける

  1. Control+N を押すか、メインメニューから ReSharper | 移動 | どこからでも検索 / 型に移動 ... を選択します。または、Control+Shift+A を押して、ポップアップにコマンド名を入力し、そこで選択することもできます。

  2. 表示されたどこでも検索リストで、項目名の入力を始めます。入力すると項目のリストが絞り込まれ、入力した部分文字列と一致する名前が提示されます。

    クリップボードにソリューションファイルへのフルパスまたは相対パスがある場合(たとえば、CLI サーバーからコピーした場合)、ポップアップの入力フィールドにパスを貼り付けることができます。

  3. 項目のリストを絞り込むには、「/ 」と入力してフィルターを適用します。例: /me と入力すると、イベントのみが表示されます。検索クエリの前後 の両方にフィルターを入力できることに注意してください。

    検索したファイルに行を指定するには、: (コロン)の後ろに行を入力します。

  4. 型へジャンプ機能に切り替えるには、メニューコマンドをクリックするか、ショートカットをもう一度押します。探しているタイプを指定できるタイプ名を入力リストが表示されます。

  5. 必要に応じて、ライブラリの種類を含めるを選択するか、Alt+N を押して、ソリューションで参照されているライブラリから一致するアイテムを表示します。

    デフォルトでは、入力がソリューション内の何かと一致する限り、ソリューションアイテムのみが表示されます。ソリューションに入力に一致するものがない場合、ReSharper は一致するライブラリタイプの検索を自動的に開始します。

  6. 以下のいずれか 1 つを実行します:

  7. 選択した検索結果は、通常のエディタータブまたはプレビュータブで開くことができます。プレビュータブで常に結果を開くには、ReSharper オプションの環境 | 検索とナビゲーションページでプレビュータブでどこからでも新しいファイルを開くを選択し、Visual Studio オプションでも有効になっていることを確認します。

移動先の項目が現在のソリューションに属している場合、ReSharper はエディターで対応するファイルを開き、シンボル宣言にキャレットを配置します。参照ライブラリ内にある場合、ReSharper は ReSharper オプション Alt+R, Oツール | 外部ソースページで定義された設定に従って移動します。

複合名のアイテムを検索する

CamelHumps を使用して項目のリストを絞り込むことができます。大文字小文字を区別しないため、rtbfRTBF の間に違いはありません。ReSharper は最近訪問したアイテムを常にリストの一番上に表示し、緑色でハイライトします。

ReSharper: CamelHumps in search

ReSharper は、クエリの一部に一致するアイテムを任意の順序で見つけることもできます。例: exactMatching の検索は isMatchingExactly と一致します。

ReSharper: Fuzzy matching search items

完全修飾名で検索

完全修飾名でタイプまたはメンバーに移動する場合は、名前の一部を入力し、スペースまたはドットで分割します。以下の例を検討してください。

ReSharper: Navigating to type

完全一致を検索

完全一致を検索する場合は、引用符を使用します。"Collection" を検索すると、Collection は返されますが、FilteredCollectionIterateCollection() などは返されません。ただし、正確な検索を使用して複合名を除外する場合でも、ワイルドカード記号 * および ? を使用して、必要なだけのバリエーションを許可できます。

検索クエリを一般化する

名前を指定するときには、ワイルドカードを使用することもできます。* (アスタリスク)は 0 個以上の文字を表します。+ (プラス)、: (セミコロン)、. (ドット)、\ (バックスラッシュ)は、タイプの完全修飾名の部分を区切ります。

ReSharper: Using wildcards in search

最後の入力を覚えておいてください

ReSharper は、どこでも検索 / 型に移動シンボルファイルに移動テキストに移動アクションで何かを見つけるために使用した最後の入力を記憶できます。この動作を有効または無効にするには、ReSharper オプションの環境 | 検索とナビゲーションページの前回の検索チェックボックスを使用します。このオプションを選択すると、ReSharper はエディターでの現在の選択を初期検索クエリとしても使用します。

この機能は、次の言語とテクノロジーでサポートされています。

ここで説明する手順と例では、C# の機能の使用について説明します。他の言語の詳細については、言語別 ReSharper セクションの対応するトピックを参照してください。

関連ページ:

テキストに移動

3 回このナビゲーションコマンドを使用すると、ソリューション内のテキストの一致をすばやく見つけて移動できます。サポートされている言語のファイルに加えて、一致するアイテムは任意のテキスト形式のファイルで見つかります。このコマンドは通常、Visual Studio のネイティブ複数ファイル内検索コマンドよりもはるかに高速に動作しますが、欠点として、正規表現をサポートしていません。デフォルトでは、テキストへのナビゲーションはどこでも検索に統合されています — ReSharper は、すべての一致するタ...

アセンブリエクスプローラーウィンドウ

アセンブリエクスプローラーを使用すると、複数のアセンブリを開いて、開いているアセンブリとフォルダーのリストを保持できます。開いているすべてのアセンブリをトラバースして探索できます。アセンブリノードを展開すると、アセンブリ内の名前空間が一覧表示されます。これは、タイプとタイプメンバー、およびアセンブリ参照、リソース、メタデータにさらに展開できます。任意のタイプをダブルクリックして逆コンパイルしたり、シンボルサーバーからソースをフェッチしたりできます(設定によって異なります)。さらに、アセンブリエク...

検索結果を分析する

ReSharper のナビゲーション操作と検索操作で複数の結果が得られた場合、これらの結果を検索結果ウィンドウに表示することができます。検索結果ウィンドウは、検索結果を分析するためのさまざまな方法を提供します。デフォルトの動作を変更して、見つかった単一の使用箇所も検索結果ウィンドウに表示されるようにすることができます。これを行うには、ReSharper オプション Alt+R, O のページで使い方: 1 つだけの結果がある場合は .... チェックボックスをオフにします。使用箇所の検索などの一部のア...

使用箇所の検索のシンボル

このコマンドを使用すると、ソリューションおよび参照アセンブリ内の 1 つ以上のシンボルのすべての使用箇所を検索できます。シンボルの宣言またはその他の使用箇所から検索を開始できます。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウ、その他のツールウィンドウから呼び出すことができます。現在のコンテキストからシンボルの使用箇所を見つけるキャレットをエディターのシンボルに配置するか、ツールウィンドウでシンボルを選択します。以下のいずれか 1 つを実行します: メインメニューからを選択...

シンボルの使用に移動

このコマンドを使用すると、シンボルの宣言やその他の使用箇所から、シンボルの特定の使用箇所にすばやく移動できます。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウ、その他のツールウィンドウから呼び出すことができます。逆のナビゲーションは、宣言に移動コマンドで使用できます。このコマンドで得られる使用箇所のリストは、使用箇所の検索のものと同じです。しかし、このコマンドは、特定の用途を探していて、検索結果ウィンドウを開かずにこの使用箇所にしたい場合に、使用回数が限られているシンボル...

関連エンティティの使用箇所の検索

このコマンドを使用すると、指定された範囲内で、選択したシンボルに何らかの方法で関連するエンティティ (テキストの出現、動的参照など) の使用箇所を見つけることができます。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウ、その他のツールウィンドウから呼び出すことができます。現在のコンテキストから関連エンティティの使用箇所を検索するキャレットをエディターのシンボルに配置するか、ツールウィンドウでシンボルを選択します。を押すか、メインメニューのを選択します。開いた検索プロパティ...