ReSharper 2019.3ヘルプ

ファイルに移動

ReSharper | ナビゲート | ファイルに移動
Ctrl+Shift+N
ReSharper_GotoFile

このコマンドは、現在のソリューション内の任意のファイルにナビゲートします。

このコマンドはグローバルスコープで機能します。つまり、起動するためにエディターにフォーカスを移す必要はありません。

現在のソリューションのファイルに移動するには

  1. メインメニューで、ReSharper | ナビゲート | ファイルに移動を選択するか、Ctrl+Shift+Nを押します。

  2. 表示されるファイル名またはフォルダー名を入力ポップアップで、アイテム名の入力を始めます。入力すると検索リストが絞り込まれ、入力した部分文字列と一致する名前が提示されます。

  3. 以下のいずれか 1 つを実行します:

    • 目的の項目をクリックしてエディターで開きます。

    • UpDown を押して目的の項目を選択し、Enter を押してエディターで開きます。

    • 検索結果ウィンドウで一致する項目のリストを表示および分析するには、検索結果に表示 ThemedIcon SearchResults Screen Gray をクリックし、数字キーパッドの Shift+Enter または + を押します。

キャメルハンプを使用して項目のリストを絞り込むことができます。大文字と小文字を区別しないため、'iconfse' と 'IConfSe' の間に違いはありません。

ReSharper: Go to file
特定のフォルダー内のファイルに移動する場合は、ファイルパスの一部を入力し、スペース、スラッシュまたは円記号を使用して分割することができます。以下の例を考えてみましょう。
ReSharper: Go to file
名前を指定するときには、ワイルドカードを使用することもできます。'*' (アスタリスク)は0個以上の文字を表します。'+'(プラス)は1つ以上の文字を表します。検索したファイルに行を指定するには、: の後にコロンを入力します。

ReSharperは、どこでも検索/型に移動シンボルにジャンプファイルに移動、およびテキストに移動アクションで何かを見つけるために使用した最後の入力を記憶できます。この動作を有効または無効にするには、ReSharperオプションの環境 | 検索とナビゲーションページの前回の検索チェックボックスを使用します。このオプションを選択すると、ReSharperはエディターでの現在の選択を初期検索クエリとしても使用します。例:文字列内のファイル名を選択し、Ctrl+Shift+N を押して、この名前に一致するソリューション内のファイルを検索できます。

この機能は、次の言語とテクノロジでサポートされています。

Language: C#Language: VB.NETLanguage: C++Language: HTMLLanguage: ASP.NETLanguage: RazorLanguage: JavaScriptLanguage: TypeScriptLanguage: CSSLanguage: XMLLanguage: XAMLLanguage: ResxLanguage: Build ScriptsLanguage: ProtobufLanguage: JSON
Feature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is available

C#の機能の使用方法については、こちらの説明と例を参照してください。他言語の詳細については、言語によるReSharperの対応するトピックを参照してください。

最終更新日: 2019年12月12日

関連ページ:

検索結果ウィンドウ

このウィンドウは、さまざまな検索結果(たとえば、シンボルの使用、外部シンボルの使用、シンボルのAPIの公開など)を表示するために使用されます。最新の検索の結果と以前の検索の結果が別のタブに表示されます。それぞれの新しい検索コマンドの結果は、同じ検索/ナビゲーションコマンドを除いて、別々のタブに表示さ...

検索結果を分析する

ReSharperのナビゲーション操作と検索操作で複数の結果が得られた場合、これらの結果を検索結果ウィンドウに表示することができます。検索結果ウィンドウは、検索結果を分析するためのさまざまな方法を提供します。必要に応じて、デフォルトの動作を変更して、見つかった単一の使用箇所が検索結果ウィンドウにも表...

キャメルハンプ

キャメルハンプは、各パートが大文字で始まるCamelCase、または複合名の一部がアンダースコアで区切られた複合名の一部を識別する機能です。これらの部分の最初の文字だけを入力することができ、ReSharperは自動的に名前が一致する項目を検索します。検索コマンドのキャメルハンプ:キャメルハンプは常に...

どこでも検索/型に移動

このコマンドは、2つの異なる機能を組み合わせています。最初に表示されるどこでも検索では、タイプ、シンボル、ファイル、ソースファイルとテキストファイルの文字列リテラル、最近の編集内容、最近のファイル、最近表示された方法など、次の宛先に移動できます。提案のリストは、この機能を呼び出すとすぐに表示され、最...

シンボルにジャンプ

このコマンドを使用すると、ソリューション全体のシンボルおよびファイル内のコードシンボル、およびソリューションのプロジェクトで参照されるすべてのアセンブリの名前を検索できます。検索結果には、現在アセンブリエクスプローラーウィンドウにロードされているすべてのアセンブリの一致する項目も含まれます。ナビゲー...

テキストに移動

3回続けて を押すと、'どこでも検索'、'型へジャンプ'、'テキストに移動'コマンドを繰り返し実行できます。このナビゲーションコマンドを使用すると、ソリューションのソースファイルおよびテキストファイル内の任意のテキストをすばやく見つけてナビゲートできます。サポートされている言語のファイル以外にも、...