ReSharper 2021.1 ヘルプ

ファイルに移動

ReSharper | ナビゲート | ファイルに移動
Shift+Control+N
ReSharper_GotoFile

このコマンドを使用すると、現在のソリューション内のファイルをすばやく見つけて開くことができます。

検索を開始する

このコマンドはグローバルスコープで機能します。つまり、起動するためにエディターにフォーカスを移す必要はありません。

現在のソリューションのファイルに移動する

  1. メインメニューで、ReSharper | ナビゲート | ファイルに移動を選択するか、Shift+Control+N を押します。

  2. 表示されるファイル名またはフォルダー名を入力ポップアップで、アイテム名の入力を始めます。入力すると検索リストが絞り込まれ、入力した部分文字列と一致する名前が提示されます。

    クリップボードにソリューションファイルへのフルパスまたは相対パスがある場合(たとえば、CLI サーバーからコピーした場合)、ポップアップの入力フィールドにパスを貼り付けることができます。

  3. 検索したファイルに行を指定するには、: (コロン)の後ろに行を入力します。

  4. 以下のいずれか 1 つを実行します:

    • 目的の項目をクリックしてエディターで開きます。

    • UpDown を押して目的の項目を選択し、Enter を押してエディターで開きます。

    • 検索結果ウィンドウで一致したアイテムのリストを表示および分析するには、検索結果に表示 Themed icon search results screen gray をクリックし、テンキーの Shift+Enter または + を押します。

    • ソリューションエクスプローラーで選択したファイルを見つけるには、ソリューションエクスプローラーに表示 Locate in Solution Explorer をクリックするか、Ctrl+Enter を押します。
      Visual Studio オプション(ツール | オプション | 環境 | タブとウィンドウ | プレビュータブで新しいファイルを開くことを許可する)でプレビュータブが有効になっている場合、ファイルはエディターでも開きます。

複合名のファイルを検索する

CamelHumps を使用して項目のリストを絞り込むことができます。大文字と小文字を区別しないため、'iconfse' と 'IConfSe' の間に違いはありません。

ReSharper: Go to file

特定のディレクトリを検索する

特定のフォルダー内のファイルに移動する場合は、ファイルパスの一部を入力し、スペース、スラッシュまたは円記号を使用して分割することができます。以下の例を考えてみましょう。

ReSharper: Go to file

ファイル名を指定するときにワイルドカードを使用することもできます。「*」(アスタリスク)は 0 文字以上を表します。'+'(プラス)は 1 つ以上の文字を表します。

最後の入力を覚えておいてください

ReSharper は、どこでも検索 / 型に移動シンボルに移動ファイルに移動テキストに移動アクションで何かを見つけるために使用した最後の入力を記憶できます。この動作を有効または無効にするには、ReSharper オプションの環境 | 検索とナビゲーションページの前回の検索チェックボックスを使用します。このオプションを選択すると、ReSharper はエディターでの現在の選択を初期検索クエリとしても使用します。例: 文字列内のファイル名を選択し、Shift+Control+N を押して、この名前に一致するソリューション内のファイルを検索できます。

この機能は、次の言語とテクノロジーでサポートされています。

C# の機能の使用方法については、こちらの説明と例を参照してください。他言語の詳細については、言語による ReSharper の対応するトピックを参照してください。

関連ページ:

検索結果ウィンドウ | ReSharper

このウィンドウは、さまざまな検索結果を表示するために使用されます(たとえば、シンボルの使用箇所、外部シンボルの使用箇所、シンボルの API の公開など)。最新の検索結果と以前の検索結果を別のタブに表示します。同じ検索 / ナビゲーションコマンドを除き、新しい検索コマンドの結果はそれぞれ別のタブに表示されます。これらの結果をダブルクリックすると、特定の検索結果を含むドキュメントをすばやく開くことができます。Visual Studio のプレビュータブでファイルを開く場合は、ReSharper オプシ...

検索結果を分析する

ReSharper のナビゲーション操作と検索操作で複数の結果が得られた場合、これらの結果を検索結果ウィンドウに表示することができます。検索結果ウィンドウは、検索結果を分析するためのさまざまな方法を提供します。必要に応じて、デフォルトの動作を変更して、見つかった単一の使用箇所が検索結果ウィンドウにも表示されるようにすることができます。これを行うには、ReSharper オプションのページの使い方: 1 つだけの結果がある場合は.... チェックボックスをオフにします。使用箇所の検索などの一部のアク...

どこでも検索 / 型に移動 | ReSharper

このコマンドは、2 つの異なる機能を組み合わせています。最初に表示されるどこでも検索では、タイプ、シンボル、ファイル、ソースファイルとテキストファイルの文字列リテラル、最近の編集内容、最近のファイル、最近表示された方法など、次の宛先に移動できます。提案のリストは、この機能を呼び出すとすぐに表示され、最初に最近のファイルとナビゲートされたアイテムが含まれます。2 回目にを押すか、メニューからコマンドを呼び出すと表示される型へジャンプでは、任意のタイプにナビゲートすることができます。デフォルトでは...

ASP.NET MVC 特有の機能 | ReSharper

ReSharper には、一般的な ASP.NET 機能に加えて、ASP.NET MVC での作業をより簡単にサポートする特殊機能があります。構文のハイライト:ASP.NET MVC メソッド呼び出しとパラメーターの特別な構文のハイライト: コード補完:文字列リテラルでアクションとコントローラーを参照するための専用コード補完: ナビゲーションと検索:さまざまなナビゲーション機能がアクションとコントローラーでも機能します。コード生成:使用箇所から新しいコントローラーとアクションを作成する: 最終...

言語による ReSharper: MS ビルド | ReSharper

MSBuild は、アプリケーションを構築するために広く使用されているプラットフォームです。特定の XML タグを使用して、プロジェクトの構築方法や実行方法を定義できます。ReSharper を使用すると、より速く行うことができます。コード検査:あらかじめ定義された要素またはその属性の名前を誤って入力した場合、ReSharper はそのような不一致についてハイライト表示します。まだ定義されていないプロパティを参照しようとすると、ReSharper はそのようなケースも検出します。MSBuild...

言語による ReSharper: Google プロトコルバッファ (プロトブフ) | ReSharper

ReSharper は、Google プロトコルバッファ(Protobuf)バージョン 2.x および 3.0 の .proto ファイルで IDE サポートを提供します。ReSharper は、.proto ファイルの言語構文をハイライトし、エラーを検出してハイライトします。基本コード補完と他のタイピング支援機能はエディターで利用可能です。型と値の宣言に行き、それらの用法を検索し、他のナビゲーション機能を楽しむことができます。Protobuf コードを再フォーマットしてシンボルの名前を変更することも...