ReSharper 2020.1 Help

宣言に移動

ReSharper | ナビゲート | 宣言に移動
Ctrl+B
ReSharper_GotoDeclaration

Use this command to navigate to the declaration of a symbol from any symbol usage. You can invoke this command from the Solution Explorer, from the ファイル構造ウィンドウ and other tool windows.
To navigate in the opposite direction (symbol usages) you can invoke the 宣言に移動 command when you are already on the symbol declaration, or you can use the シンボルの使用箇所にジャンプ command.

インターフェースで宣言されているメソッドやプロパティの使用方法から移動すると、コマンドはインターフェース自体ではなく、使用されている正確な実装に導きます。

シンボルの宣言に移動する

  1. キャレットをエディターのシンボルに配置するか、ツールウィンドウでシンボルを選択します。

  2. メインメニューでReSharper | ナビゲート | 宣言に移動を選択するか、Ctrl+Bを押すか、Ctrl キーを押しながら記号をクリックします。

  3. コマンドが単一の結果を返す場合、ReSharperはそこに直接移動します。複数の結果がある場合、それらはドロップダウンに表示され、そこで次のいずれかを実行できます。

    • 目的の項目をクリックしてエディターで開きます。

    • UpDown を押して目的の項目を選択し、Enter を押してエディターで開きます。

    • 入力を開始して結果をフィルタリングします。ここでキャメルハンプを使用できることに注意してください。必要に応じて、Esc を1回押してフィルタリングをクリアします。

    • 検索結果ウィンドウで一致する項目のリストを表示して分析するには、検索結果に表示 ThemedIcon SearchResults Screen Gray pngをクリックし、テンキーの Shift+Enter または + を押します。

    • To show the matched items on the type dependency diagram, press Alt+Num+ or click ダイアグラムに表示する ThemedIcon TypeLayoutAlt Screen Gray png .

    • To locate the selected file in the Solution Explorer, click Show in Solution Explorer Locate in Solution Explorer or press Ctrl+Enter .
      If the preview tab is enabled in Visual Studio options ( ツール | オプション | 環境 | Tabs and Windows | Allow new files to be opened in the preview tab ), the file will also open in the editor.

デフォルトでは、宣言に移動Ctrl +左クリックと中央ボタンのクリックで動作します。これを無効にするには、ReSharperオプション(Alt+R O)の環境 | Search & Navigationページでエディターでの豊富なマウス操作チェックボックスをオフにします。シンボルの Ctrl+Shift -clickの使用箇所は、ピーク定義ビューで宣言を表示することもできます。これを無効にするには、Ctrl + Shiftクリックを使用して、プレビュービューで結果を開きます。チェックボックスをオフにします。

ナビゲート先のアイテムが現在のソリューションに属している場合、ReSharperはエディターで対応するファイルを開き、シンボル宣言にキャレットを配置します。参照ライブラリにある場合、ReSharperは、ReSharperオプション(Alt+R O)のツール | 外部ソースページで定義された設定に従ってナビゲートします。

シンボル宣言でこのコマンドを呼び出する

宣言に移動(その Ctrl -clickアクセスを含む)は最も頻繁に使用されるコマンドの1つであり、ReSharperはあなたのナビゲーションエクスペリエンスを合理化し、宣言されたシンボルの使用箇所に関連するナビゲーションシナリオでこのコマンドを使用します。キャレットがすでにシンボル使用箇所を調べるためのシンボル宣言になっている場合でも、宣言に移動を呼び出すことができます。

宣言で呼び出されたときに宣言に移動がどのように動作するかを構成するには、ReSharperオプション(Alt+R O)の環境 | Search & Navigationページで宣言へのスマートな移動動作セレクターを使用します。これは以下のオプションを提供します。

  • ナビゲート先メニューを表示 - 宣言で文脈上利用可能なすべてのナビゲーション宛先と共に次にナビゲートメニューを表示します。このメニューは Ctrl+Shift+Gでも常に利用可能です。

  • シンボルの使用箇所を表示するポップアップ —宣言されたシンボルのすべての使用箇所をリストします。シンボルの使用コマンド Ctrl+Alt+F7を使用して、常に使用箇所のリストを取得することもできます。

  • 繰り返し使用 - 宣言へ移動コマンドの使用を意識した動作を有効にします。

  • 何もしない - 宣言に移動は、その宣言に移動するためにシンボル使用箇所でのみ呼び出すことができます。

使用を認識する動作

  • キャレットが既にシンボル宣言にあるときに、宣言に移動 Ctrl+B コマンドを呼び出すことができます。この場合、ReSharperは、使用箇所を反復するためのコマンドと、継承階層内の他のメンバーに移動するためのコマンド(ベース・シンボル派生シンボル)のみを含む次にナビゲートメニューの短いバージョンを表示します。

    次にナビゲートメニューで繰り返し使用を選択すると、ReSharperはエディターの左上隅にある小さなポップアップで指定された「使用箇所反復」モードを有効にします。

    Usage-aware behaviour of Go to Declaration
  • Right after you have used the 宣言に移動 command on a symbol usage and landed on its declaration, ReSharper enables the 'return to usage' mode , which is also shown in the popup:

    Usage-aware behaviour of Go to Declaration

    In this case, you can invoke 宣言に移動 again or use the 次へ arrow in the popup Ctrl+Alt+PageDown or use the Next arrow in the popup ZZP2P to return to the usage. If you repeat this command yet another time, ReSharper will switch the 'usage iteration' mode.

Esc を押すか、使用箇所の繰り返しポップアップで閉じる (x)をクリックすると、「使用箇所に戻る」および「使用箇所の反復」モードをいつでも終了できます。

'usage iteration'モードでは、次のようにシンボルの使い方をナビゲートできます。

  • 宣言に移動を呼び出して、もしあれば次の使用箇所などに進み、その後すべてのシンボルの使用箇所をナビゲートします。ソリューション内のシンボル使用の総数は、使用箇所の繰り返しポップアップに表示されます。

  • 使用箇所の繰り返しポップアップ Ctrl+Alt+PageDown / Ctrl+Alt+PageUp次へおよび戻るボタンを使用して、次および前の使用箇所に移動します。

  • 検索結果ウィンドウで一致する項目のリストを表示して分析するには、検索結果に表示 ThemedIcon SearchResults Screen Gray pngをクリックし、テンキーの Shift+Enter または + を押します。

  • To navigate through symbol usages in the current document, click the ThemedIcon ErrorStripeFindNext Screen Gray png icon at the top of the marker bar.

この機能は、次の言語とテクノロジーでサポートされています。

Language: C#Language: VB.NETLanguage: C++Language: HTMLLanguage: ASP.NETLanguage: RazorLanguage: JavaScriptLanguage: TypeScriptLanguage: CSSLanguage: XMLLanguage: XAMLLanguage: ResxLanguage: Build ScriptsLanguage: ProtobufLanguage: JSON
Feature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is not availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is not available

C#の機能の使用方法については、こちらの説明と例を参照してください。他言語の詳細については、言語によるReSharperの対応するトピックを参照してください。

最終更新日: 2020年7月14日

関連ページ:

ファイル構造ウィンドウ

ReSharper | Windows | ファイル構造ReSharperでは、ファイル構造ウィンドウを使って現在のドキュメントの構造をナビゲートすることができます。これは大きなファイルでのナビゲーションを非常に簡単にします。ウィンドウはエディターと同期しています。別のエディタータブに切り替えると、...

シンボルの使用箇所にジャンプ

ReSharper | ナビゲート | シンボルの使用このコマンドを使用すると、宣言またはその他の使用箇所からシンボルの特定の使用箇所にすばやく移動できます。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウおよびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。宣言に移動コマ...

キャメルハンプ

キャメルハンプは、各パートが大文字で始まるCamelCase、または複合名の一部がアンダースコアで区切られた複合名の一部を識別する機能です。これらの部分の最初の文字だけを入力することができ、ReSharperは自動的に名前が一致する項目を検索します。検索コマンドのキャメルハンプ:キャメルハンプは常に...

検索結果ウィンドウ

ReSharper | Windows | 検索結果This window is used todisplay various search results(for example,usages of a symbol,usages of external symbols,exposing APIs...

検索結果を分析する

ReSharperのナビゲーション操作と検索操作で複数の結果が得られた場合、これらの結果を検索結果ウィンドウに表示することができます。検索結果ウィンドウは、検索結果を分析するためのさまざまな方法を提供します。必要に応じて、デフォルトの動作を変更して、見つかった単一の使用箇所が検索結果ウィンドウにも表...

タイプ依存関係図を見る

ReSharper | アーキテクチャー | タイプの依存関係図の表示ReSharperを使用すると、タイプがソリューション内でどのように依存するかを視覚的に調べることができます。型依存関係図では、異なるプロジェクトまたはコンパイルされたアセンブリから任意の数の型を追加し、それらの間のさまざまな種類...