ReSharper 2021.1 ヘルプ

使用箇所の検索のシンボル

ReSharper | 検索 | 使用箇所の検索
Alt+F7
ReSharper_FindUsages

このコマンドを使用すると、ソリューションおよび参照されるアセンブリ内の 1 つ以上のシンボルのすべての使用箇所を見つけることができます。シンボルの宣言またはその他の使用箇所から検索を開始できます。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウ、その他のツールウィンドウから呼び出すことができます。

現在のコンテキストからシンボルの使用箇所を見つける

  1. キャレットをエディターのシンボルに配置するか、ツールウィンドウでシンボルを選択します。

  2. 以下のいずれか 1 つを実行します:

    • メインメニューで ReSharper | 検索 | 使用箇所の検索を選択します。

    • 右クリックし、コンテキストメニューで使用箇所の検索を選択します。

    • Alt+F7 を押します。

  3. 単一の使用箇所が見つかった場合、ReSharper はエディターで使用箇所に直接移動します。2 つ以上の検索結果が結果の検索ウィンドウに表示されます。このウィンドウでは、使用状況を簡単に調べて分析できます。

ピーク定義ビューでシンボルの使用箇所をリストおよび調査することもできます。

これを行うには、デフォルトで、Ctrl -click 宣言またはマウス中央ボタンでの使用箇所を使用できます。これを無効にするには、ReSharper オプション(Alt+R, O)の環境 | 検索とナビゲーションページの Ctrl + 中央ボタンクリックピーク使用箇所を使用するチェックボックスをオフにします。または、メインメニューからいつでもこのコマンドを呼び出すことができます: ReSharper | ナビゲート | ピーク | ピーク使用箇所

ソリューションと参照されたアセンブリから任意のシンボルの使用箇所を見つける

  1. 次のいずれかのコマンドを使用して、目的のシンボルを検索します。

  2. 目的の記号が結果リストに表示されたら、キーボードを使用して選択し、Alt+F7 を押します。

  3. 単一の使用箇所が見つかった場合、ReSharper はエディターで使用箇所に直接移動します。2 つ以上の検索結果が結果の検索ウィンドウに表示されます。このウィンドウでは、使用状況を簡単に調べて分析できます。

必要に応じて、デフォルトの動作を変更して、見つかった単一の使用箇所が検索結果ウィンドウにも表示されるようにすることができます。これを行うには、ReSharper オプションの環境 | 検索とナビゲーションページの使い方: 1 つだけの結果がある場合は.... チェックボックスをオフにします。

ReSharper: Finding Usages of a Symbol

特定のスコープ、つまり 1 つまたは複数のファイル、フォルダー、またはプロジェクトで宣言された複数のシンボルの使用を検索することもできます。

複数のシンボルの使用箇所を見つける

  1. ソリューションエクスプローラーで、1 つ以上のノード(ファイル、ノード内の宣言、フォルダー、またはプロジェクト)を選択します。

  2. Alt+F7 を押します。

  3. 検索結果は結果の検索ウィンドウに表示され、そのスコープ内のすべての宣言(検索ターゲット)およびソリューション内のこれらのシンボルのすべての使用箇所を確認できます。

ジェネリクス型の使用箇所を見つける

IFoo<string> のようなジェネリクス型の使用箇所を探すときは、実際には IFoo<> のすべての使用箇所または正確なジェネリクス置換 IFoo<string> の使用箇所のみを探したいかもしれません。

デフォルトでは、ReSharper を使用すると、追加のポップアップを表示して検索結果の曖昧さを排除できます。

特定の検索ロジック(すべての置換または正確な置換)を常に実行するように機能を構成することもできます。これを行うには、ReSharper オプションの環境 | 検索とナビゲーションページでジェネリクス型の使用箇所の動作を見つけるセレクタを使用します。

この機能は、次の言語とテクノロジーでサポートされています。

C# の機能の使用方法については、こちらの説明と例を参照してください。他言語の詳細については、言語による ReSharper の対応するトピックを参照してください。

関連ページ:

ファイル構造ウィンドウ

ReSharper では、ファイル構造ウィンドウを使用して現在のドキュメントの構造をナビゲートできます。これにより、大きなファイルでのナビゲーションが大幅に簡略化されます。ウィンドウはエディターと同期しています。別のエディタータブに切り替えると、ウィンドウに対応するファイルの構造が表示されます。ファイルを簡単にナビゲートするために、プリプロセッサーディレクティブはデフォルトで非表示になっています。ファイル構造ウィンドウから、さらに多くのアクションにアクセスできます。利用可能なコマンドを確認するに...

宣言に移動 | ReSharper

このコマンドを使用して、シンボルの使用方法からシンボルの宣言に移動します。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウ、その他のツールウィンドウから呼び出すことができます。反対方向(シンボルの使用箇所)に移動するには、すでにシンボル宣言にいるときに宣言に移動コマンドを呼び出すか、シンボルの使用箇所にジャンプコマンドを使用できます。インターフェースで宣言されているメソッドやプロパティの使用方法から移動すると、コマンドはインターフェース自体ではなく、使用されている正確な実装...

検索結果を分析する

ReSharper のナビゲーション操作と検索操作で複数の結果が得られた場合、これらの結果を検索結果ウィンドウに表示することができます。検索結果ウィンドウは、検索結果を分析するためのさまざまな方法を提供します。必要に応じて、デフォルトの動作を変更して、見つかった単一の使用箇所が検索結果ウィンドウにも表示されるようにすることができます。これを行うには、ReSharper オプションのページの使い方: 1 つだけの結果がある場合は.... チェックボックスをオフにします。使用箇所の検索などの一部のアク...

ピーク定義ビューで関連するソースコードを表示および編集する

Visual Studio のピーク定義機能を使用すると、別の新しいタブを開かなくても、参照されているシンボルのソースコードをその場で表示および編集できます。ReSharper はこの機能を拡張して、さらに便利にしています。ネイティブの Visual Studio ショートカット Alt+F12 に加えて、シンボルの Ctrl+Shift-click 使用箇所を使用して、その宣言をピーク定義ビューに表示できます。これを無効にする場合は、ReSharper オプション(Alt+R, O)のページの Ctr...

どこでも検索 / 型に移動 | ReSharper

このコマンドは、2 つの異なる機能を組み合わせています。最初に表示されるどこでも検索では、タイプ、シンボル、ファイル、ソースファイルとテキストファイルの文字列リテラル、最近の編集内容、最近のファイル、最近表示された方法など、次の宛先に移動できます。提案のリストは、この機能を呼び出すとすぐに表示され、最初に最近のファイルとナビゲートされたアイテムが含まれます。2 回目にを押すか、メニューからコマンドを呼び出すと表示される型へジャンプでは、任意のタイプにナビゲートすることができます。デフォルトでは...

ファイルメンバーに移動 | ReSharper

このコマンドを使用すると、現在のドキュメント内の特定のメソッド、フィールド、プロパティ(ソースファイルまたは逆コンパイルによって再構築されたファイル)にすばやく移動できます。このコマンドを使用して、現在のドキュメント内のテキストを検索することもできます。テキストの一致は、一致するメンバーの後にポップアップに表示されます。ファイルメンバーまたはテキスト出現箇所に移動するを押すか、メインメニューからを選択します。あるいは、を押して、ポップアップでコマンド名を入力して、そこで選択することもできます