ReSharper 2020.2 ヘルプ

使用箇所の検索

ReSharper は、ソリューションおよび参照アセンブリで定義されたシンボルがソリューションでどのように使用されるかを調査するのに役立つ一連の機能を提供します。このセクションでは、次の方法を学習します。

複数の使用箇所が見つかった場合は、検索結果ウィンドウで調べることができます。これは、使用箇所分析するための多くの方法を提供します。

最終更新日 :

関連ページ:

使用箇所の検索のシンボル

ReSharper | 検索 | 使用箇所の検索このコマンドを使用すると、ソリューションおよび参照されるアセンブリ内の 1 つ以上のシンボルのすべての使用箇所を見つけることができます。シンボルの宣言またはその他の使用箇所から検索を開始できます。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、フ...

関連エンティティの使用箇所の検索

ReSharper | 検索 | 使用箇所の検索 Advancedこのコマンドを使用すると、特定のスコープ内で、選択されたシンボルに何らかの形で関連するエンティティ(テキスト出現箇所、動的参照など)の使用箇所を見つけることができます。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構...

参照コードを見つける

ReSharper | 検索 | 参照コードこのコマンドは、特定のスコープ内のすべての発信参照を見つけるのに役立ちます。これは、関数のように狭くすることも、プロジェクトのように大きくすることもできます。このコマンドは、クラスまたはメソッドを別の場所に移動するときに便利です。発信参照のリストを使用して...

参照モジュールに依存するコードを見つける

ReSharper | 検索 | 依存コードを検索する特定の参照モジュール(参照プロジェクト、アセンブリ、またはインストール済みのNuGetパッケージ)のシンボルがどのように、どこで使用されているかをすばやく見つけることができます。大規模なソリューションでは、これはアーキテクチャの問題を検出し、結合...

ファイル内の使用箇所を強調表示

ReSharper | 検索 | ファイル内の使用箇所を強調表示エディターは、キャレットでのシンボルの使用箇所を自動的に強調表示します。これは、短いファイルや小さなコンテキストのローカルにとって非常に便利です。ただし、この種類の強調表示は、キャレットがシンボルに留まっている場合にのみ選択範囲が...

検索結果ウィンドウ

ReSharper | Windows | 検索結果このウィンドウは、さまざまな検索結果を表示するために使用されます (たとえば、シンボルの使用箇所、外部シンボルの使用箇所、シンボルのAPIの公開など)。最新の検索結果と以前の検索結果を別のタブに表示します。同じ検索/ナビゲーションコマンドを除き、新...