ReSharper 2020.3 ヘルプ

使用箇所の検索

ReSharper provides a set of features that help you study how symbolsdefined in the solution and in referenced assemblies are used in the solution. In this section, you will learn how to:

複数の使用箇所が見つかった場合は、検索結果ウィンドウで調べることができます。これは、使用箇所分析するための多くの方法を提供します。

関連ページ:

使用箇所の検索のシンボル

このコマンドを使用すると、ソリューションおよび参照されるアセンブリ内の 1 つ以上のシンボルのすべての使用箇所を見つけることができます。シンボルの宣言またはその他の使用箇所から検索を開始できます。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウ、その他のツールウィンドウから呼び出すことができます。キャレットがシンボルの使用箇所をナビゲートする宣言にある場合でも、宣言に移動を呼び出すことができます。現在のコンテキストからシンボルの使用箇所を見つけるキャレットをエディターのシン...

関連エンティティの使用箇所の検索

このコマンドを使用すると、特定のスコープ内で、選択されたシンボルに何らかの形で関連するエンティティ \&=(& テキスト出現箇所、動的参照など)の使用箇所を見つけることができます。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウおよびその他のツールウィンドウから呼び出すことがで

参照コードを見つける

このコマンドは、特定のスコープ内のすべての発信参照を見つけるのに役立ちます。これは、関数のように狭くすることも、プロジェクトのように大きくすることもできます。このコマンドは、クラスまたはメソッドを別の場所に移動するときに便利です。発信参照のリストを使用して、移動に必要な追加の変更を見積もることができます。プロジェクトで参照されている特定のモジュールからのシンボルの使用箇所を見つけるには、依存コードを検索するコマンドを使用します。下のクラスを考えてみましょう。コンストラクターでコマンドを実行すると...

参照モジュールに依存するコードを見つける

特定の参照モジュール(参照プロジェクト、アセンブリ、またはインストール済みの NuGet パッケージ)のシンボルがどのように、どこで使用されているかをすばやく見つけることができます。大規模なソリューションでは、これはアーキテクチャの問題を検出し、結合を減らすのに役立ちます。ソリューション内のプロジェクトの関係を大規模に表示するには、プロジェクトの依存関係図を作成します。検索結果では、モジュールの型または型メンバーが表示されるコード内のすべての場所が表示されます。参照モジュールに依存するコードを検...

ファイル内の使用箇所をハイライト

エディターは、キャレットでのシンボルの使用箇所を自動的にハイライトします。これは、短いファイルや小さなコンテキストのローカルにとって非常に便利です。ただし、この種類のハイライトは、キャレットがシンボルに留まっている場合にのみ選択範囲が存在するため、より大きなコンテキストでは常にうまく機能するとは限りません。また、Esc を押すまで表示されるキャレットに依存しないハイライトもあり、読み取りおよび書き込みアクセスの使用に異なる構成可能な色を適用します。このハイライトを 1 つのアイテムまたは複数の異な...

検索結果ウィンドウ

このウィンドウは、さまざまな検索結果を表示するために使用されます(たとえば、シンボルの使用箇所、外部シンボルの使用箇所、シンボルの API の公開など)。最新の検索結果と以前の検索結果を別のタブに表示します。同じ検索 / ナビゲーションコマンドを除き、新しい検索コマンドの結果はそれぞれ別のタブに表示されます。これらの結果をダブルクリックすると、特定の検索結果を含むドキュメントをすばやく開くことができます。Visual Studio のプレビュータブでファイルを開く場合は、ReSharper オプシ...