ReSharper 2019.3ヘルプ

使用箇所の検索

ReSharperには、ソリューション内で定義されたシンボルと参照ライブラリ内のシンボルがソリューションでどのように使用されているかを調べるのに役立つ一連の機能が用意されています。このセクションでは、以下の方法について学習します。

複数の使用箇所が見つかった場合は、検索結果ウィンドウで調べることができます。検索結果ウィンドウは、用途を分析するためのさまざまな方法を提供します。

最終更新日: 2020年2月24日

関連ページ:

使用箇所の検索のシンボル

このコマンドを使用すると、ソリューション内の1つ以上のシンボルのすべての使用状況を検索できます。シンボルの宣言またはその他の使用箇所から検索を開始できます。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウおよびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。キャレットがシン...

関連エンティティの使用箇所の検索

このコマンドを使用すると、特定のスコープ内で選択されたシンボルに何らかの形で関連するエンティティ(テキスト出現箇所、動的参照など)の使用箇所を見つけることができます。このコマンドは、エディター、ファイル構造ウィンドウおよびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。中規模および大規模なソリュ...

参照コードを見つける

This command helps you find any outgoing references within a certain scope, which can be as narrow as a function or as large as a project.このコマンドは、クラスま...

参照モジュールに依存するコードを見つける

特定の参照モジュール(参照プロジェクト、アセンブリ、またはインストール済みのNuGetパッケージ)のシンボルがどのように、どこで使用されているかをすばやく見つけることができます。大規模なソリューションでは、これはアーキテクチャの問題を検出し、結合を減らすのに役立ちます。ソリューション内のプロジェクト...

ファイル内の使用箇所を強調表示

現在のドキュメントでシンボルの使用箇所を探している場合は、検索結果ウィンドウの用途を分析するのではなく、すべての使用箇所を強調表示してその間をジャンプする方が便利です。読取りおよび書込みアクセスの使用方法は、さまざまな色で強調表示されています。このコマンドを異なるシンボルで呼び出すと、複数の異なるシ...

検索結果ウィンドウ

このウィンドウは、さまざまな検索結果(たとえば、シンボルの使用、外部シンボルの使用、シンボルのAPIの公開など)を表示するために使用されます。最新の検索の結果と以前の検索の結果が別のタブに表示されます。それぞれの新しい検索コマンドの結果は、同じ検索/ナビゲーションコマンドを除いて、別々のタブに表示さ...