ReSharper 2018.3ヘルプ

コンテキストナビゲーション

ReSharperには、現在のキャレット位置に基づいて現在のコンテキストをナビゲートするのに役立ついくつかのコマンドが用意されています。

コンテキストナビゲーションコマンドについては、次のトピックで説明します。

最終更新日: 2019年4月15日

関連事項

関連ページ:

構造ナビゲーション

ReSharperを使用すると、TabキーとShift+Tabキーを使用して、マウスやカーソルキーを使用せずに、テキスト選択を次または前のコード要素にすばやく移動できます。そのため、次のまたは前の論理的なコードにすばやくジャンプできます。ここにいくつかの例があります:メソッド呼び出しを編集する場合、...

関連ファイルへジャンプ

ReSharper_GotoRelatedFilesこのコマンドを使用すると、内容が現在のファイルに何らかの形で関連しているすべてのファイルに移動できます。関連ファイルへの移動は、Webアプリケーションにとって非常に役立ちます。たとえば、Webフォームからマスターページ、ユーザーコントロール、参照イ...

近くのファイルに移動

ReSharper_GotoFileNearby現在のファイルの周りのプロジェクト構造をナビゲートするには、このコマンドを使用します。ポップアップが開くと、現在のファイルが所属するプロジェクト、同じディレクトリーレベルのフォルダーとファイルが表示され、これらのファイルに簡単にジャンプしたり、新しいフ...

ブレークポイントの移動

ReSharper_GotoBreakpointsReSharperを使用すると、ソリューション内のブレークポイント/トレースポイントにすばやくジャンプし、グループ化、検索、プレビュー、およびシンボル名を備えた専用ツールウィンドウですべてのブレークポイントを調べることができます。検索結果ウィンドウの...

最近の場所への移動

ReSharperはあなたの行動と航海履歴を追跡し、編集した場所やコードを勉強した場所に移動するためのコマンドを提供しています。表示/編集されたファイルのリストは、開いた各ソリューションごとに個別に保存され、ソリューションを閉じると保存されます。つまり、以前の作業セッションで作業したファイルのリスト...

次にナビゲート

ReSharper_NavigateTo次にナビゲートは、ほとんどのナビゲーションニーズのための単一のショートカットです。コンテキストで使用可能なすべてのナビゲーション宛先を含むドロップダウンリストが開きます。エディター、ファイル構造ウィンドウおよび他のツールウィンドウからこのコマンドを呼び出すこと...