ReSharper 2019.3ヘルプ

ブックマーク

ReSharper | ナビゲート | ブックマーク | ブックマーク…
Ctrl+`
ReSharper_BookmarksBookmarksMenu

後でコード内のある場所に戻りたい場合は、ソリューション内またはライブラリコード内の任意のコード行をブックマークでマークできます。

使用できるブックマークには次の2種類があります。

  • ニーモニックのブックマーク —現在のソリューションの上位10位のように、しばしば参照するコード行をマークするのに最も役立ちます。同時に最大10個の番号付きブックマークを作成できます。これらは、左側のエディターのガターにある次のアイコンによって示されます: ThemedIcon Bookmark3 Screen Gray

    この種類のブックマークには専用のショートカットを使用します。Ctrl+Shift+ <digit>は、この数字でブックマークを切り替えます。 Ctrl + <digit>は、この数字でブックマークに移動します。

  • 匿名のブックマーク —無制限の数で許可されているため、任意の行にマークを付けることができます。これは、将来のある時点で戻る価値があると思われます。それらは、左側のエディターのガターにある次のアイコンで示されます: ThemedIcon AnonymousBookmark Screen Gray

    この種類のブックマークを切り替えて、ブックマークポップアップ Ctrl+`から移動できます。

ニーモニックでブックマークを追加する

  1. キャレットをマークするコード行に置きます。

  2. 以下のいずれか 1 つを実行します:

    • Ctrl+Shift+<digit>を押します。

    • ポップアップを使用してブックマークを切り替えます。

      Ctrl+` を押すか、メインメニューからReSharper | ナビゲート | ブックマーク | ブックマーク…を選択します。ブックマークポップアップが表示され、空いている数字と使用されている数字が表示されます。

      ReSharper: Navigation with bookmarks

      リストから目的の数字を選択し、Insertを押します。

  3. 選択したこの数字が別のブックマークで占められている場合、この既存のブックマークは削除され、新しいブックマークに置き換えられます。

匿名のブックマークを追加する

  1. キャレットをマークするコード行に置きます。

  2. Ctrl+` を押すか、メインメニューからReSharper | ナビゲート | ブックマーク | ブックマーク…を選択します。あるいは、Ctrl+Shift+Aを押して、ポップアップでコマンド名を入力して、そこで選択することもできます。

  3. ブックマークポップアップが表示されます。

  4. このポップアップで、新しい匿名ブックマークをクリックするか、この項目を選択して Insert または Enterを押します。

ブックマークをナビゲートする

  • 番号付きブックマークに移動するには、Ctrl+<digit>を押する

  • 既存のブックマークのいずれかに移動するには、ブックマークポップアップを使用します。

    Ctrl+` を押すか、メインメニューからReSharper | ナビゲート | ブックマーク | ブックマーク…を選択してください。

    ブックマークをクリックするか、このブックマークを選択して Enter を押し、エディターでマークされたコードを開きます。

ブックマークの除去

  • 現在開いている文書のすべてのブックマークを削除するには、メインメニューのReSharper | ナビゲート | ブックマーク | ドキュメント内のすべてのブックマークをクリアするを選択します。

  • ソリューション内のすべてのブックマークを削除するには、メインメニューのReSharper | ナビゲート | ブックマーク | すべてのブックマークをクリアを選択します。

  • ニーモニックを使用してブックマークを削除するには、キャレットがこのブックマークでマークされた行にあるときに、対応する Ctrl+Shift+<digit> ショートカットを押します。

  • Ctrl+` を押すか、メインメニューからReSharper | ナビゲート | ブックマーク | ブックマーク…を選択します。ブックマークのポップアップで、削除するブックマークを選択して Deleteを押します。

この機能は、次の言語とテクノロジでサポートされています。

Language: C#Language: VB.NETLanguage: C++Language: HTMLLanguage: ASP.NETLanguage: RazorLanguage: JavaScriptLanguage: TypeScriptLanguage: CSSLanguage: XMLLanguage: XAMLLanguage: ResxLanguage: Build ScriptsLanguage: ProtobufLanguage: JSON
Feature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is available

C#の機能の使用方法については、こちらの説明と例を参照してください。他言語の詳細については、言語によるReSharperの対応するトピックを参照してください。

最終更新日: 2020年2月24日

関連ページ:

コンパイル済みコードをナビゲートする

ソリューションはプロジェクトのソースコードに限定されず、ソリューションで使用されているライブラリへの参照も含まれています。あたかもそれらがあなたのソリューションの一部であるかのようにそれらのライブラリからシンボルにナビゲートするためのアクセスと機会を持つことは非常に便利です。ReSharperは、組...

予定リスト

ReSharperは、コード内のタスクと技術的負債を簡単に追跡する方法を提供します。特定のパターンに一致するコード項目(コメント、文字列リテラル、または識別子)は、エディターおよびTo-do Explorerウィンドウを使用するソリューション全体で簡単に見つけることができます。To-doコメントを追...

異なる言語でのReSharperの機能

以下の表は、各ReSharper機能がサポートされている言語/技術を説明しています。言語固有の機能のみを一覧表示し、プロジェクト依存関係図、名前空間の調整リファクタリング、スタックトレースエクスプローラー、最近のファイルを見るなどのプロジェクト/ソリューションのスコープには多くの機能は含まれていませ...

ASP.NET MVC特有の機能

ReSharperには、一般的なASP.NET機能に加えて、ASP.NET MVCでの作業をより簡単にサポートする特殊機能があります。構文の強調表示:ASP.NET MVCメソッドの呼び出しとパラメータに対する特別な構文の強調表示コード補完:文字列リテラルでアクションとコントローラーを参照するための...

言語によるReSharper: MSビルド

MSBuildは、アプリケーションを構築するために広く使用されているプラットフォームです。特定のXMLタグを使用して、プロジェクトの構築方法や実行方法を定義できます。ReSharperを使用すると、より速く行うことができます。ReSharperオプション(Alt+R,,O)のページのMSBuildと...

言語によるReSharper: Googleプロトコルバッファ (プロトブフ)

ReSharperは、Googleプロトコルバッファ(Protobuf)バージョン2.xおよび3.0の.protoファイルでIDEサポートを提供します。ReSharperオプション(Alt+R,,O)のページのプロトブフチェックボックスをオフにすることにより、.protoファイルのReSharper...