ReSharper 2019.3ヘルプ

のメインセットリファクタリング

このセクションでは、C#でサポートされているリファクタリングを調べることができます。これらのリファクタリングのほとんどは、Visual Basic .NETやその他の言語でもサポートされています。

最終更新日: 2020年2月24日

関連ページ:

コンテキスト・アクション

コンテキストアクションのいくつかの例をReSharperWebサイトでチェックすることができます。コンテキストアクションは、エディターで直接利用できるコード変換ヘルパーです。クイックフィックスとは対照的に、コンテキストアクションは問題の解決やコードの改善を目的としているためはなく、アクセス修飾子の変...

コンテキストアクションリファレンス

ReSharperオプションのページで特定のコンテキストアクションを無効にすることができます。このセクションでは、特定の言語で利用可能なコンテキストアクションの完全なリストを見つけることができます。言語に依存しないコンテキストアクション、C#のコンテキストアクション、Visual Basic .NE...

シグネチャーの変更リファクタリング

このリファクタリングは、メソッド、コンストラクター、プロパティ、およびインデクサのシグネチャーに対して行うことができるいくつかの異なる変更を組み合わせています。ReSharperは、宣言のシグネチャーの変更に加えて、現在のソリューションの変更されたシンボルのすべての用途、基本シンボル、実装、および上...

匿名を名前付き型のリファクタリングに変換する

匿名型は、クエリの結果をローカルで処理する必要がある場合に非常に便利です。ただし、プログラムに結果を渡す必要がある場合、または同様の名前/値部分を返すクエリがいくつかある場合は、名前付きタイプが必要になる可能性があります。そのような場合、ReSharperは、匿名型の既存の使用箇所を名前付きの型に変...

インデクサをメソッドリファクタリングに変換する

このリファクタリングは、インデクサの一方または両方のアクセサーをメソッドに変換し、それに応じて現在のソリューションのインデクサの使用状況を更新できます。メソッドをインデクサーのリファクタリングに変換するリファクタリングでは逆の機能が利用できます。以下の例では、ReSharperはインデクサのgett...

メソッドをプロパティのリファクタリングに変換する

このリファクタリングは、対応するアクセサー、およびの戻り値の型を持つメソッドと、対応するアクセサーのプロパティの1つのパラメータを持つメソッドを使用して、戻り値およびパラメータなしのメソッドをプロパティに変換できます。単一のアクセサーで既存のプロパティが存在し、変換されたメソッドに互換性のあるパラメ...