ReSharper 2024.1 ヘルプ

言語別 ReSharper

メインのヘルプセクションに記載されている ReSharper 機能に関する情報と例は、C# 言語サポートに基づいています。ただし、機能のサポートは言語によって異なります (詳細については、「さまざまな言語の ReSharper 機能」を参照)。また、主要なヘルプセクションでは説明されていない言語固有の非 C# 機能もあります。

これらのセクションのトピックは言語でソートされており、これらの言語での ReSharper 機能の説明と例が提供されています。

一部の機能が言語でサポートされているが、このセクションに情報がない場合、対応するメインヘルプセクションに記載されている情報は、この言語の機能で有効です。

関連ページ:

さまざまな言語の ReSharper 機能

以下の表は、各 ReSharper 機能がサポートされている言語 / テクノロジーを説明しています。これらは言語固有の機能のみをリストし、プロジェクト依存関係ダイアグラム、名前空間の調整リファクタリング、スタックトレースエクスプローラーなどのプロジェクト / ソリューションスコープの多くの機能を含まず、最近のファイルを表示します。コード解析:コードインスペクション

言語による ReSharper: MS ビルド

MSBuild は、アプリケーションを構築するために広く使用されているプラットフォームです。特定の XML タグを使用して、プロジェクトの構築方法や実行方法を定義できます。ReSharper を使用すると、より速く行うことができます。コード検査:あらかじめ定義された要素またはその属性の名前を誤って入力した場合、ReSharper はそのような不一致についてハイライト表示します。まだ定義されていないプロパティを参照しようとすると、ReSharper はそのようなケースも検出します。MSBuild...

言語 JSON による ReSharper

JSON および JSON スキーマのサポートは、現在、構文のハイライト(古い Visual Studio バージョンを含む)のような基本的なものから、コードのフォーマットや再配置(たとえば、オブジェクトのプロパティや任意の選択を移動できる)、コードインスペクションおよびクイックフィックスなどのより高度な機能にまでおよびます。スキーマ、パス、正規表現、パッケージを認識するコード補完も同様です。JSON 値ヘルパー:ReSharper では、JSON プロパティの一部を特定の値タイプ(正規表現、...

言語による ReSharper: Google プロトコルバッファ (Protobuf)

ReSharper は、Google プロトコルバッファ(Protobuf)バージョン 2.x および 3.0 の .proto ファイルで IDE サポートを提供します。ReSharper は、.proto ファイルの言語構文をハイライトし、エラーを検出してハイライトします。基本コード補完と他のタイピング支援機能はエディターで利用可能です。型と値の宣言に行き、それらの用法を検索し、他のナビゲーション機能を楽しむことができます。Protobuf コードを再フォーマットしてシンボルの名前を変更することも...

エンティティフレームワーク

既定では、ReSharper は、エンティティフレームワークまたは EF Core エンティティを特別な装飾でマークすることにより、エンティティを識別できます。これらの装飾を無効にするには、右クリックして対応するオプションを選択します。または、ReSharper オプション Alt+R, O のページで対応するチェックボックスを使用することもできます。ER ダイアグラム:エンティティフレームワークまたは EF Core プロジェクトの場合、データベースモデルとエンティティ間の関係 (1 対 1 お...

UnrealEngine の命名規則

Unreal Engine プロジェクトを開発するときは、おそらく Unreal Engine コーディング標準を使用しています。ReSharper は、Unreal Engine プロジェクトを検出し、これらのプロジェクトでコードを生成および分析するときに、Unreal Engine の命名規則ルールを自動的に使用します。ReSharper オプション Alt+R, O のページで設定できるデフォルトの命名ルールセットとは異なり、Unreal Engine の命名規則は設定できません。ReSharp...