ReSharper 2018.2ヘルプ

ReSharperの新機能

ReSharper / ReSharper C++ 2018.2

ReSharper / ReSharper C++ 2018.1

ReSharper / ReSharper C++ 2017.3

ReSharper / ReSharper C++ 2017.2

ReSharper / ReSharper C++ 2017.1

ReSharper / ReSharper C++ 2016.3

ReSharper / ReSharper C++ 2016.2

  • ASP.NET Core 1.0および.NET Core 1.0プロジェクトのサポート

  • テキストに移動

  • 構造ナビゲーション

  • ソリューション全体の分析の警告。

  • 新しいC#タイピングアシスタント機能: 括弧内のドット/セミコロンおよび 逐語文字列補間における接頭辞の自動修正

  • 実行時に使用される参照をマークする 参照の最適化および未使用の参照を削除する機能によって実行されるクリーンアップからそれらを除外する能力。

  • コードの再配置の改良点。例:補間された文字列の挿入や3つ以上のオペランドを持つ式で使用できるようになりました。貪欲な波括弧は、タイプと名前空間宣言の波括弧、波括弧を開くために機能するようになりました。

  • 再作成された サラウンドテンプレート:各非ファイルテンプレートをコードの生成、周囲のコードのため、またはその両方に使用できるようになりました。カスタムサラウンドテンプレートをライブテンプレートとして再利用し、その逆も可能です。

  • 部分リファクタリングにメンバーを抽出する

  • タイプを別のファイルリファクタリングに移動するをネストされた型に適用できるようになりました。

  • アセンブリ依存図

  • コメント付きでカスタムコードインスペクションを抑制する機能:ハイライトパターンの編集ダイアログで「抑制キー」を指定し、 // ReSharper disable once [SuppressionKey]のようなコメントを使用します。

  • Unit Test Sessionsウィンドウ実行ログを使用すると、ユニットテストコードからテスト実行プロセスに関連する問題を分離できます。

  • .cs、.js、.tsファイル内の文字列リテラル内のHTML解析。コンテキストアクションまたは文字列リテラルの前のコメント /*language=html*/ で有効になっています。

  • 文字列リテラルの前にコメント /*language=regexp*/ を持つ文字列リテラルで正規表現支援を有効にする機能。

  • JSON値ヘルパー

  • XMLドキュメントのコメントにおける <inheritdoc/> タグのサポート。

  • C#フォーマッタの改良点:括弧とその内部のコードをインデントするための新しいオプション。 ++ および -- 演算子の前後のスペース、 checked および default 式の前後のスペースを制御します。

  • IL ビューアーの改善点:コード記号や命令にキャレットを設定すると、この項目のすべての使用箇所が強調表示されます。コード内のループは、対応するインデントとコメントで区別することができます。

  • 現在実行中のプロセスからアセンブリを探索するへの能力。

  • ローカリゼーションインスペクションとクイックフィックスリソースリファクタリングに移動は現在、補間された文字列に対応します。

  • VB.NET:補間された文字列のサポート

  • CSS:カスタムプロパティとCSS変数のサポート。

  • 改良されたTypeScript / JavaScriptサポート:
    • TypeScriptの生成補完ctorf / ctorp、オーバーライド、ラムダ)。

    • this 機能、コントロールフロー対応型ガード、パスマッピング、オプションのクラスメンバ、 never タイプなど、 TypeScript 2.0の全機能をサポートしています。

    • 生成アクション(Alt+Insert)またはquick-fixを使用して親クラスで宣言された抽象メンバの実装を生成します。

    • タイプエイリアスを扱うときは、宣言に移動使用箇所の検索が正しく動作します。

  • ReSharper C++ 2016.2の新機能(拡張バージョンは専用のブログ投稿(英語)でも利用可能):
    • C++14言語機能:可変テンプレートと decltype(auto)

    • [[deprecated]] / __declspec(deprecated) 属性でマークされたクラスおよび関数の使用箇所に関する警告。

    • 制御フロー解析における [[noreturn]] / __declspec(noreturn) 属性のサポート。

    • 生成されたコードにおけるインクルード・ディレクティブの新しいコードスタイル設定。

    • インライン変数リファクタリングはC++で動作するようになりました。

    • コード分​​析の重要な最適化。 ex:この最適化により、Unrealエンジンプロジェクトのインデックス作成(最初のオープン)が数倍速くなります。

    • C++の自動補完は、現在のファイルに含まれていないシンボルも提示するようになりました。

    • 新しいコードインスペクションとクイックフィックス: 'Add #pragma once directive'修正を含むヘッダファイルに 'Missing include guards'; '非明示的変換演算子'; インスペクションと、 switch ステートメントに不足している default ケースを追加する修正。

    • ドキュメントのコメントをタイプとシンボルにすばやく追加できる文書コンテキストアクション。

    • キャレットが関数の出口(returnthrowなど)のいずれかにあるとき、ReSharperはループや switch ステートメントからの出口を含む他のすべての関数出口を自動的に強調表示します。

    • デフォルトポインタ初期化子で 0 | nullptr | NULL を使用するためのコードスタイルの設定

    • 新しいフォーマッタオプション: 単一行関数とラムダ、単一行関数定義の空白行、メンバ初期化子リストの前のブレーク行、テンプレート引数の終了角角括弧の間のスペース(pre-C ++ 11コンパイラに準拠するため)

    • ReSharperがソースコードを解析しているときを検出し、必要に応じてReSharperのプリプロセッサを無効にする__RESHARPER__マクロ。

    • クイック・ドキュメントおよびパラメータ情報のポップアップは、Doxygenに最適化されたドキュメントコメントからのドキュメントを表示できます。

ReSharper / ReSharper C++ 2016.1

ReSharper / ReSharper C++ 10.0

ReSharper 9.2 / ReSharper C++ 1.1

ReSharper 9.1

ReSharper 9.0

ReSharper 8.2

ReSharper 8.1

ReSharper 8.0

ReSharper 7.0

ReSharper 6.1

ReSharper 6.0

ReSharper 5.0

ReSharper 4.5

ReSharper 4.1

  • Microsoft Visual Studio 2008 SP1のサポート。

  • ASP.NETの拡張機能。

  • パフォーマンスとユーザビリティの向上。

  • バグの修正。

ReSharper 4.0

ReSharper 3.0

  • VB.NETの包括的なサポート:汎用コードアシスタンス、コード補完、多くの重要なコードリファクタリング、コード生成、ライブテンプレートなど。

  • エラーに注意を向けるだけでなく、最適化されたコードの使用方法を提案すること以外にも、コード提案による本格的なC#コード分析

  • クロスランゲージ機能:C#とVB.NETが混在したプロジェクトの場合、ReSharperはコードのすべての部分をスムーズに連携させ、コードを簡単にナビゲートするのに役立ちます。

  • 3人のReSharperのエディション(C#、VB.NET、Full)を対象としています。

  • To-Doリスト:特定のパターンで作業項目を作成し、それらの間をナビゲートします。

  • タイプメンバーのプレビュー:選択されたタイプの既存のメンバーをすべてプレビューできるようになりました。

  • 自動メンバの並べ替え:オプションダイアログでメンバの順序を定義します。

  • 特定のモジュールに依存するコードを見つけるおよびスコープ外のシンボルの使用箇所を見つけるに対する能力。

  • シンボルにジャンプを使用すると、任意のファイルメンバーの名前による堅牢なソリューション全体の検索が可能です。

  • 特定の位置で警告を無効にする:「警告を無効にする」コンテキストアクションを構成し、必要に応じて適用します。

  • ユニットテストエクスプローラウィンドウ:単体テストの実行とデバッグの比類なき柔軟性。

  • XMLとXAMLのサポート

最終更新日: 2018年11月5日