ReSharper 2024.1 ヘルプ

ReSharper 2024.1 の新機能

  • AI コード補完を含む AI Assistant の多数の改善。

  • Rename リファクタリングのパフォーマンスが向上しました。

  • 命名スタイル設定用の新しい UI。

  • InspectCode のデフォルトの出力形式は XML から SARIF に変更されます。XML 出力は、-f="xml" パラメーターを使用して引き続き使用できます。

  • 破棄分析での Task<T> および ValueTask<T> のサポート。

  • WebCIL パッケージ形式サポートで .NET アセンブリを逆コンパイルする機能。

  • アセンブリ差分専用のツールウィンドウ。

  • C++ の新機能:

    • コールトラッキングは発信呼び出しチェーンをサポートするようになりました。

    • C++20 モジュール: パフォーマンスが向上し、内部モジュールパーティションのサポートが向上しました。

    • Unreal Engine :

      • Slate UI フレームワークのサポート。

      • 補完では、C++ コード内のリソース名を補完するときにアセットパスが提供されます。

      • HLSL シェーダーコードでインターフェースがサポートされるようになりました。

    • clang-format 統合の改善には、GNU 組み込みスタイルと IndentAccessModifiers および DisableFormat 形式スタイルオプションのサポートが含まれます。

    • シグネチャーの変更には、ポインター、参照、値型間でパラメーター型を変更する機能など、新しい機能が用意されています。

    • ドキュメントコメント内の Grazie スペルチェック

    • ドキュメントコメントのスタイルを構成するための新しい設定 (ReSharper | オプション | コード編集 | C++ | コード生成 )。

    • 新しいフォーマッタオプション : 「goto ラベルの後に改行する」、「goto ラベルをインデントする」、列挙子の配置、空の中括弧のフォーマットの「変更しない」。

関連ページ:

ReSharper バージョン履歴

このトピックでは、ReSharper の以前のバージョンのリリースノートを示します。最新バージョンのリリースノートを確認するには、ReSharper 2024.1 の新機能にアクセスしてください。ReSharper 2023.3:AI コード補完を含む AI Assistant の多数の改善。文法とスペルチェックエンジンを更新しました。単体テストの作成は AI でテストコンテンツを生成できます。エイリアスの使用のサポートが改善されました (C# 12 以前と C# 12 の両方)。専用コードイン...

Rename リファクタリング

このリファクタリングにより、ソリューション内の任意のシンボルまたはプロジェクトの名前を変更できます。シンボルへの参照および使用箇所はすべて自動的に更新されます。さまざまな C# エンティティにリファクタリングを使用する:これは、このリファクタリングで名前を変更できるエンティティのリストです。名前空間また、名前空間のネストレベルを変更することもできます。例: 名前空間をに変更できます。タイプ名前が変更された型が同じ名前のファイルにある場合、ReSharper は含まれているファイルの名前も変更し...

ネーミングスタイル

ReSharper は、コード内のシンボルの希望する命名スタイルを定義、制御、適用できます。一連のルールがあり、各ルールは一連の制約を持つ特定の識別子を対象とします (たとえば、ルールは静的プライベート読み取り専用フィールドを対象にすることができます)。各ルールには、複合語、アンダースコア、サフィックス、プレフィックスなどの大文字化を定義する 1 つ以上の関連スタイルを含めることができます。これらのルールは、ReSharper がコード補完およびコード生成機能を使用して新しいコードを生成し、コー...

InspectCode コマンドラインツール

ReSharper の最も注目すべき機能の 1 つであるコードインスペクションは、IDE を開かなくても使用できます。無料のクロスプラットフォームコマンドラインツールの InspectCode では、ReSharper のインスペクションのすべてを適用するために、少なくとも 1 つのパラメーター (ソリューションファイル) が必要です。InspectCode を実行する ReSharper コマンドラインツールをダウンロードします。ダウンロードボタンの横にあるセレクタを使用して、オペレーティングシ...

破棄分析

コード内のリソースリークの数を減らし、パフォーマンスを向上させるには、使い捨てリソースを正しく処理する必要があります。一方では、特定の API の呼び出しサイトでキーワードを強制したいと考えていますが、他方では、の使用ごとに誤検知による大量のノイズが発生することは避けたいと考えています。使い捨てリソースの処理を分析するために、ReSharper は JetBrains.Annotations からの一連のアノテーション属性に依存します。分析を開始するには、重要な使い捨て API に [ リソースの破棄...

アセンブリ、NuGet パッケージなどを比較する

ReSharper を使用すると、2 つのアセンブリ、NuGet パッケージ、アーカイブ、フォルダーを比較できます。各比較は、専用のアセンブリ差分ツールウィンドウの最上位ノードとして表示されます。このノードを展開すると、アセンブリ構造の違いをすぐに確認できます。さらに、型、メンバー、その他の要素をダブルクリックすると、エディターでテキストベースの比較を表示できます。比較の開始以下のいずれか 1 つを実行します: メインメニューからを選択します。アセンブリエクスプローラー内のアセンブリ、NuGet...