ReSharper 2021.1 ヘルプ

トラブルシューティング

ReSharper に不慣れであったり、日常業務で何か問題が発生した場合、解決策を検索したり、アドバイスを求めたり、バグを報告したり、新しい機能を提案したり、興味のある人に話すことができる場所がいくつかあります。

ReSharper についてよく寄せられる質問は次のとおりです。

  • ReSharper の古いバージョンはどこからダウンロードできますか? 回答 (英語)

  • ReSharper は Visual Studio Express または Community Edition で動作しますか? 回答 (英語)

  • ReSharper で Visual Studio を高速化するにはどうすればよいですか? 回答 (英語)

  • ライセンスキーが無効なのはなぜですか? 回答 (英語)

  • なぜ ReSharper は、明示的な型の使用ではなく、vars の使用を提案していますか? 回答

ログを使用

ReSharper で何か問題が発生した場合は、実行を記録して問題を特定することもできます。ログは問題の可能性についての詳細をサポートチームに提供するのにも役立ちます。

Visual Studio でのログイン

Visual Studio で ReSharper を使用する場合、次のコマンド行引数を使用して Visual Studio devenv.exe を開始することにより、ロギングを有効にできます。

  • /ReSharper.LogFile - ログは自動生成された名前で %TEMP%\JetLogs フォルダーに保存されます。

  • /ReSharper.LogFile path_to_the_log_file - ログは指定された場所に保存されます。

デフォルトでは、メインログには Visual Studio と ReSharper の間の相互作用、および ReSharper コアサブシステムからのエラーメッセージが含まれます。必要に応じて、追加の引数を使用して、さまざまなレベルのログメッセージを切り替えることができます。
/ReSharper.LogLevel [Normal|Verbose|Trace]

  • コアログのほとんどはメインログに埋め込まれています

  • コアログの中には、追加の lgc*.tmp ファイルとして %TEMP% ディレクトリに保存されているものがあります。

  • ワークスペースホストログは %TEMP%JetLogs ディレクトリに保存されます。

関連ページ:

ReSharper を高速化 (と Visual Studio) | ReSharper

Visual Studio にインストールされている ReSharper には、2 つの主要なパフォーマンス上の問題があります。システムが要件を満たしていません。この場合、問題に対処するための最初のステップとして、システムをアップグレードすることをお勧めします。ReSharper が最新のハードウェアで正常に動作し、調整なしで中規模および大規模のソリューションで動作することを常に確認しています。Visual Studio 開発者は同じことに取り組んでいると信じています。一部の機能を無効にして古い...

フィードバックを共有する | ReSharper

フィードバックは、ReSharper 開発チームにとって非常に重要です。トラブルシューティングトピックでメンションされていること以外に、フィードバックを提供する他の方法が ReSharper に統合されています。匿名の使用統計。これは、最も一般的な製品機能の特定、平均的なソフトウェアおよびハードウェア構成の評価などに役立ちます。デフォルトでは、このオプションは無効になっています。有効にするには、ReSharper オプション(Alt+R, O)のページのフィードバックプログラムに匿名で参加するチ...

コードの構文スタイル: 暗黙的 / 明示的な型指定 ('var' キーワード) | ReSharper

C# 3.0 で導入された暗黙的に型指定されたローカル変数(キーワードとも呼ばれます)を使用すると、多くのシナリオで読みやすさが向上するため、非常に人気があります。デフォルトでは、ReSharper はキーワードの使用も推奨していますが、その使用箇所の設定は柔軟に構成できます。たとえば、特定の場合やあらゆる場所で明示的な型を使用することを選択でき、ReSharper は設定を適用できます。C# 7.0 から、タプルを分解するときにローカル変数を宣言できます。このような宣言で使用する場合は、結合...