ReSharper 2024.1 ヘルプ

導入

C#、VB.NET、C++、XAML、XML、HTML、ASP.NET、ASP.NET MVC をサポートし、包括的なクロスランゲージ機能を含む JetBrains ReSharper は、Visual Studio のユーザーであれば誰でも、より良いコードを書いたり、既存のコードベースを簡単に調査したり、リファクタリングしたりすることができます。

日常的で反復的な手作業に費やす時間を減らし、目の前のタスクに集中することができます。自動エラーチェックとコード修正のための協力な機能セットにより、開発時間が短縮され、効率が向上します。ReSharper は、開発者の生産性の向上とコード品質の向上というコストを迅速に回収します。「発展への意欲」 - ReSharper を使用すると .NET 開発者は、その本当の意味を体験することになります。

ReSharper ヘルプメニューからこのページにアクセスし、dotUltimate サブスクリプションをお持ちの場合は、このサブスクリプションに含まれる他の JetBrains .NET 製品のドキュメントに興味があるかもしれません。

ReSharper の特徴

ReSharper 2024.1 は、次の機能を提供することにより、生産性を向上させます。

コード品質分析

サポートされているすべての言語に対応する設計時コードインスペクションを備えた ReSharper は、コードにエラーが含まれているか、改善できるかをすぐに通知します。必要に応じて、ソリューション全体までの任意のスコープで静的コード分析を実行することもできます。

検出されたコードの問題に対する修正

ReSharper は、コードに問題がある場合に警告するだけでなく、エラーやコードの臭いを自動的に排除するクイックフィックスも提供します。

プロジェクト依存性分析

大規模なソリューションにとって非常に貴重な ReSharper は、プロジェクト階層構築し、プロジェクトの依存関係ダイアグラムを視覚化します。これを保存して、さまざまな段階で新しいソリューションの状態と比較できます。すべてコンパイルする必要はありません。

型依存性分析

ReSharper は、ソリューション内のタイプ間のさまざまな種類の依存関係をすばやく分析し、階層ビューまたはタイプ依存関係ダイアグラムを使用して視覚化できます。

ナビゲーションと検索

コードベース内の任意のファイルタイプ、またはメンバーにすぐに移動したり、特定のシンボルからその使用箇所ベースシンボルと派生 シンボル、または実装に移動したりできます。

サードパーティコードの逆コンパイル

統合された逆コンパイラーを使用すると、参照されるアセンブリ内のコードに移動できます。アセンブリが参照されていない場合は、アセンブリエクスプローラーウィンドウでアセンブリを開いて参照し、ソースコードと同じナビゲーション機能を利用できます。

コード編集ヘルパー

拡張 IntelliSense、数百のインスタントコード変換名前空間の自動インポートコードの再配置ドキュメントの表示など、複数のコード編集ヘルパー

コード生成

プロパティ、オーバーロード、実装、比較子を手動で作成する必要はありません。コード生成アクションを使用して、ボイラープレートコードをより高速に処理します。

コードベースの安全な変更

solution-wide リファクタリングを楽しんで、コードベースを安全に変更してください。レガシーコードを活性化する必要がある場合でも、プロジェクト構造を整理する必要がある場合でも、ReSharper に頼ることができます。

コーディング規格への準拠

コードのフォーマットネーミングスタイルアシスタンスおよびコードクリーンアップですばやく適用できる他の多くのコードスタイル設定により、未使用のコードを取り除き、コーディング標準への準拠を保証できます。

より多くの機能

ReSharper は、拡張可能なテンプレート正規表現の支援国際化の支援、強力な単体テストランナーなど、さらに多くの機能を提供します。言語固有の機能もあります。たとえば、ASP.NET/ASP.NET MVCXAMLJavaScriptTypeScriptCSS の機能です。

拡張

ReSharper 拡張機能には、本格的なプラグイン、テンプレートのセット、構造検索と置換パターンなどが含まれており、検出、インストール、更新が非常に簡単です。詳細については、ReSharper プラグイン Web ページを参照してください。

コマンドラインツール

ReSharper がコードをインスペクションおよびクリーンアップする方法が気に入った場合は、コードインスペクションを実行したり、コードの重複を見つけたり、CI サーバーまたはスタンドアロンのコマンドラインツールを使用してコードをクリーンアップしたりできます。

サポートされる言語

ReSharper 2024.1 の機能は、次の言語で利用できます(インジェクションを含む)。

  • C# は C# 11 まで完全にサポートされ、部分的に C#12 がサポートされます。C# バージョンの構成の詳細については、「言語による ReSharper: C#」を参照してください。

  • Visual Basic は VB 14 まで、部分的に VB 15 までサポートされています。

  • C++ のサポートには、C、C++/CLI、C++ から C++20 まで、および部分的に C++23 が含まれます。ATL、MFC、COM プロジェクトがサポートされています。

  • HTML は HTML 5 までサポートされています。

  • ASP.NET はバージョン 4.0 まで、ASP.NET MVC はバージョン 5.0 までサポートされています。Web サイトプロジェクトと Web アプリケーションプロジェクトモデルの両方がサポートされています。

  • JavaScript は ECMAScript2016 までサポートされており、async/await、べき乗演算子、オブジェクトリテラルの休止 / 拡散などの実験的な機能が含まれています。jQuery(英語) および JSX 構文もサポートされています。

  • TypeScript は、v. 1.4 から v. 3.0 までサポートされます。

  • CSS は 4.0 までサポートされています。

  • XML はバージョン 1.1 までサポートされています。

  • XAML Silverlight フレームワークの最新バージョンは Silverlight 5 です。ReSharper は XAML ファイルで宣言されたシンボルを認識し、参照を解決します。

  • MS ビルドNAnt(英語)ビルドスクリプトがサポートされています。

  • JSON および JSON スキーマがサポートされています。

  • Protobuf サポートは、バージョン 2.x および 3.0 で使用できます。

サポートされている言語の機能の詳細を確認するには、ReSharper フィーチャマトリックスを使用するか、言語別 ReSharper セクションの対応するトピックを調べます。

製品とライセンス

ユーザーのさまざまなニーズを考慮して、さまざまな製品とライセンスを提供しています。

  • ReSharper

    クロスランゲージ機能を含む、サポートされているすべての言語とテクノロジーの機能を提供します。

  • dotUltimate

    このライセンスでは、ReSharperdotTrace、dotCover、dotMemory を使用できます。

    このライセンスを使用すると、スタンドアロンのクロスプラットフォーム .NETIDE である JetBrains Rider を追加で使用できます。

  • All Products Pack

    その名前が示すように、このライセンスでは、すべての JetBrains デスクトップ製品にアクセスできます。

お持ちのライセンスに応じて、製品セットが自動的にアクティブ化されます。評価期間中は、インストールされているすべての JetBrains .NET 製品が利用可能です。必要に応じて、ReSharper オプション Alt+R, O環境 | 製品と機能ページで、それらの一部を無効にすることができます。

一般的な要件と互換性

サポートされている .NET フレームワークおよび Visual Studio バージョンのリスト、およびシステム要件は、製品の Web サイトで入手できます。

このセクションも参照

関連ページ:

設計時にコードの問題を分析する

ReSharper は、エディターでコードファイルを開くとすぐに分析を開始し、最後まで編集を続けます。検出されたすべてのコードの問題は、重大度に従ってエディターでハイライトされます。問題のマップは、エディターウィンドウの右側のマーカーバーにも表示されます。ここでは、ファイルのステータスを即座に確認し、マークをクリックして特定のコードの問題に移動できます。デザインタイムインスペクションの機能:ReSharper によって実行されるデザインタイムコードインスペクションを説明するために、エディターに...

特定の範囲でコードの問題を見つける

設計時コードインスペクションは、エディターでコーディングしたり、特定のファイルを見直したりするときに役立ちます。ただし、ReSharper を使用すると、ソリューション全体または狭い範囲でスタティックコード分析を実行し、結果をフレンドリーな視点で調べることもできます。必要に応じてインスペクション結果を共有することもできます。開始コードインスペクション:ソリューション、プロジェクト、カスタムスコープのコードをインスペクションするソリューションワイドのインスペクションの結果(たとえば、未使用のパブ...

コードの問題のクイックフィックス

ReSharper を使用すると、設計時に検出されたほとんどのコード問題を即座に修復できます。ハイライトされたコードの問題でを押して、問題を解決したり最適以下のコードを改善したりするための適切な方法を選択するのと同じくらい簡単です。クイックフィックスの適用:クイックフィックスは、ハイライトされたコードの問題の左側にアクションインジケーターとして視覚的に表示されます。これらのインジケーターは、コードの問題にキャレットを置くと表示されます。次のインジケーターは、簡単な修正を意味します。エラー重大

プロジェクト階層を探索する

この機能を使用すると、参照され参照されているプロジェクトおよびソリューション内の特定のプロジェクトのアセンブリを分析できます。プロジェクト階層を表示するソリューションエクスプローラーでプロジェクトを選択します。メインメニューからを選択するか、選択したプロジェクトを右クリックしてコンテキストメニューでプロジェクト階層を表示するを選択します。表示される階層ウィンドウの新しいタブで、階層またはプロジェクト参照を探索できます。参照先のプロジェクトと、現在のソリューションで選択したプロジェクトを参照するア...

プロジェクトの依存関係ダイアグラムを調べる

ReSharper を使用すると、ソリューションアーキテクチャを視覚的に表現して、ソリューション内のプロジェクトの依存関係を調べることができます。アーキテクチャビューが新しいエディタータブで開き、プロジェクトの依存関係を視覚的に調べたり、ソリューションの現在の状態を以前に取得したスナップショットと比較したりできます。プロジェクトの依存関係ダイアグラムを開く:ソリューションエクスプローラーでは、1 つまたは複数のプロジェクト、1 つまたは複数のソリューションフォルダー、ソリューションノードを選択...

型階層を調べる

ReSharper を使用すると、ソリューションおよび参照ライブラリから型の継承階層を調査できます。選択したタイプの基本タイプと継承の両方を確認し、マウスクリックでそれらのいずれかに移動できます。階層内の任意のノードについて、プレビューペインにすべてのメンバーまたは多態的メンバーのみを表示できます。階層を調査するエディターで目的のタイプを見つけるか、ソリューションエクスプローラーでそれを展開します。を押すか、メインメニューからを選択します。または、を押して、ポップアップにコマンド名を入力し、そ...