ReSharper 2020.3 ヘルプ

入門とチュートリアル

ReSharper を初めてお使いになる場合、このセクションのトピックは、製品をすぐに使い始めるのに役立ちます:

関連ページ:

インストールガイド

ReSharper は Visual Studio 拡張機能です。Visual Studio 2010, 2012, 2013, 2015, 2017, 2019 をサポートします。インストール後、Visual Studio のメインメニューに新しい ReSharper エントリが表示されます。ほとんどの ReSharper コマンドはこのメニューで使用できます。ただし、多くの機能がエディター、ソリューションエクスプローラー、およびその他の Visual Studio ウィンドウに統合されています。...

ReSharper の最初のステップ

ReSharper はインストール直後に使用する準備ができています。ReSharper のインストール後に Visual Studio を実行する場合は、ライセンス情報を指定してから始める必要があります。で利用可能な対話的なチュートリアルを試すこともできます。新規ユーザーの場合、ReSharper は 30 日間の無償評価期間を提供します。この期間中、製品の全機能をお楽しみいただき、お客様のニーズに合ったものかどうかを判断することができます。評価期間は、ライセンス情報ダイアログの評価の一時停止...

クイックスタートのヒント

で利用可能な対話的なチュートリアルを試すこともできます。ルックアンドフィール:ReSharper が Visual Studio エディターにもたらすすべての色を変更することができます。にジャンプし、で始まる項目を見つけてください。ReSharper キーボードバインディングを任意のアクションで変更することができます: にジャンプし、で始まる項目を見つけてください。Visual Studio 2012 以降では、クイック起動機能を使用して ReSharper コマンドを検索して実行できます。エデ...

ReSharper を高速化 (と Visual Studio)

JetBrains Rider にも興味があるかもしれません - それはスタンドアロンのクロスプラットフォーム .NET IDE で、ReSharper のほぼすべての機能が含まれています。64 ビットプロセスで実行されるため、メモリの問題が起こりにくくなります。Visual Studio にインストールされている ReSharper には、2 つの主要なパフォーマンス上の問題があります。システムが要件を満たしていません。この場合、問題に対処するための最初のステップとして、システムをアップグレード...