ReSharper 2020.1ヘルプ

アセンブリをプロジェクトにエクスポート

アセンブリを探索する究極のステップは、アセンブリをVisual Studioプロジェクトにエクスポートして、ソースコードを参照してビルドおよびデバッグできるようにすることです。

アセンブリで使用された元のプログラミング言語とは無関係に、エクスポートされたプロジェクトはC#を使用して作成されます。

Export an assembly to a Visual Studio project

  1. アセンブリエクスプローラーウィンドウでアセンブリを選択し、ツールバーのプロジェクトにエクスポート ThemedIcon ProjectGeneration Screen Gray をクリックするか、コンテキストメニューでプロジェクトにエクスポートを選択します。

  2. 表示されるプロジェクトにエクスポートダイアログで、プロジェクトをエクスポートする保存先フォルダーを指定します。このフォルダーで、ウィザードはプロジェクトのサブフォルダーを作成します。

    Export to Project dialog
    [DestinationFolder]/[ProjectSubfolder] が空でない場合、ReSharperはそれを検出し、既存のファイルを上書きするか、エクスポート前にフォルダーをクリーンアップするか、別のフォルダーを選択することを提案します。

  3. 必要に応じてプロジェクト名を変更します。

  4. プロジェクト用にソリューションを作成したい場合は*.slnファイルを作成するをチェックしてください。
    作成されたソリューションファイルに対するVisual Studioの互換性は、アセンブリで使用されている.NET フレームワークのバージョンによって異なります。たとえば、アセンブリが.NET フレームワーク 4.5を使用している場合、Visual Studio2012solutionが作成されます。

  5. プロジェクトのデバッグ情報ファイルを作成するには*.pdbファイルを作成するを選択します。

  6. 逆コンパイルしたプロジェクトをアセンブリエクスプローラーウィンドウに追加し、プロジェクトの構造やファイルなどを調べる場合は、アセンブリエクスプローラーにプロジェクトを追加するにチェックマークを付けます。

  7. すぐにプロジェクトを開くには、Visual Studioでプロジェクトを開くをチェックしてください。

  8. エクスポートをクリックして終了します。アセンブリのエクスポートの進行状況をプロジェクト/ PDB生成ステータスウィンドウで見ることができます。

最終更新日: 2020年5月27日

関連ページ:

アセンブリエクスプローラーウィンドウ

アセンブリー・エクスプローラーを使用すると、複数のアセンブリを開いて、開いているアセンブリとフォルダーのリストを保持できます。開いているすべてのアセンブリをトラバースして探索できます。アセンブリノードを展開すると、アセンブリ内の名前空間が一覧表示されます。この名前空間は、アセンブリ参照と同様に、型お...

プロジェクト/ PDB生成ステータスウィンドウ

このツールウィンドウは、シンボルファイルおよびプロジェクトの生成に関連するすべてのイベントを記録および表示します。このウィンドウの新規エントリは、次の場合に表示されます。アセンブリのPDBファイルを手動で生成します。アセンブリをVisual Studioプロジェクトにエクスポートします。生成中に何ら...

アセンブリ依存関係図を調べる

ReSharperを使用すると、コンパイルされたアセンブリ間の依存関係を視覚的に調べることができます。任意の数のアセンブリからダイアグラムを作成し、これらのアセンブリが互いにどのように参照するかを調べることができます。初期図の作成:アセンブリエクスプローラーウィンドウで1つまたは複数のアセンブリを選...

PDBファイルを生成する

ReSharperは、任意の.NETアセンブリ用のPDBファイルを(ソースファイルと一緒に)生成するコマンドを提供します。Visual Studioでコンパイル済みコードをデバッグするときに、ReShaperデコンパイラーを使用して逆コンパイル済みシンボルを自動的にロードすることもできます。シンボル...