ReSharper 2019.3ヘルプ

ファイルテンプレートの作成

ファイル・テンプレートは、型宣言、単体テストなどの定義済みコードで1つ以上の新しいファイルを作成するために使用されます。ファイルテンプレートにはショートカットはなく、説明によって識別されます。詳細については、テンプレートからファイルを作成する \およびマルチファイルテンプレートを作成するを参照してください。

ファイルテンプレートの本体は、そのまま現れるプレーンテキストとパラメータで構成されています。テンプレートを呼び出すときに効率を最大にするためにこれらを組み合わせることが考えられます。

新しいファイルテンプレートを作成するには

  1. メインメニューでReSharper | ツール | テンプレートエクスプローラー...を選択します。

  2. 表示されるテンプレートエクスプローラーウィンドウで、ファイル・テンプレートタブをクリックします。

  3. オプションで、特定の設定レイヤーでテンプレートを作成する場合は、リストで目的のレイヤーを選択します。詳細については、テンプレートの保存を参照してください。

  4. 新規テンプレート ThemedIcon AddLiveTemplate Screen Gray をクリックします。新しく作成されたテンプレートがテンプレート・エディターで開かれます。

  5. 説明フィールドにテンプレート名を指定します。
  6. オプションで、デフォルト・ファイル名で、ReSharperがテンプレートの適用時に提案する名前を指定します。また、ファイル名は有効な識別子でなければなりませんチェックボックスをオンにして、ReSharperに、テンプレートの適用時に指定されたファイル名がタイプ識別子(英語)として有効かどうかをチェックさせることもできます。このオプションは、テンプレートが新しいタイプのファイルを作成し、現在の拡張子のないファイル名 マクロで指定されたファイル名からタイプ名が初期化される場合に役立ちます。predefined file templatesをチェックして、実装方法を確認できます。

  7. テンプレートのデフォルトスコープを変更するには、使用可能ハイパーリンクをクリックします。表示されるダイアログで、チェックボックスを使用して、新しいテンプレートを適用できる場所を定義します。一部のスコープを拡張して、詳細(ファイルマスクや言語バージョンなど)を指定できます。

    ReSharper: Selecting a scope for the template

  8. 目的のコードを入力または貼り付けて、テンプレートの本体を作成します。
    テンプレートコードにはプレーンテキストとパラメータを含めることができます。パラメータ( $の接頭辞と接尾辞)を入力すると、すぐにテキスト領域変数の編集ダイアログの右側にあるパラメーターセクションで使用できるようになります。定義されたすべてのパラメータをテンプレートパラメータの宣言セクションに従って設定します。

  9. テンプレートの書式設定オプションを設定する:

    • 再フォーマットチェックボックスを選択すると、ReSharperは、フォーマット設定の設定に従って、展開されたコードフラグメントを自動的に再フォーマットします。

    • 修飾された参照を短くするチェックボックスを選択すると、ReSharperが名前空間インポートディレクティブを自動的に挿入するか、テンプレートの適用後に冗長になる修飾子を削除します。このチェックボックスが選択されていない場合、ReSharperはネームスペースインポートディレクティブを挿入しません。

  10. テンプレートを保存するには、Visual Studioメニューでファイル | 選択した項目を保存を選択するか、Ctrl+Sを押します。

コマンドを呼び出してファイルテンプレートを適用すると、使用可能なテンプレートのリストが表示されます。これを「クイックアクセスリスト」または単に「クイックリスト」と呼びます。このリストを編集して、お気に入りのテンプレートを追加したり、順序を変更したりできます。

クイックアクセスリストを編集するには

  1. メインメニューでReSharper | ツール | テンプレートエクスプローラー...を選択します。

  2. 表示されるテンプレートエクスプローラーウィンドウで、ファイル・テンプレートタブをクリックします。

  3. スコープを選択して、このスコープのテンプレートのリストを表示します。
    クイックアクセスリストに含まれるテンプレートは、クイックリストセクションに表示されます。選択したスコープに使用可能な他のテンプレートがクイックリストにないセクションに表示されます。

  4. 必要に応じて、テンプレートカテゴリを使用して、クイックアクセスリストにない使用可能なテンプレートのリストを絞り込みます。

  5. ドラッグ&ドロップを使用して、テンプレートをクイックアクセスリストに追加したり、クイックアクセスリストから削除したり、並べ替えることができます。

最終更新日: 2019年12月12日

関連ページ:

テンプレートからファイルを作成する

ReSharperを使用すると、ファイルテンプレートに基づいてクラス、インターフェース、構造体、およびその他のファイルを作成できます。作成されると、新しいファイルがプロジェクトに追加され、エディターで開きます。このファイルには、テンプレートで指定されたソースコードが含まれています。ファイルテンプレー...

ReSharper設定の管理と共有

ReSharperは、階層化された設定のメカニズムを使用して環境設定を保存するため、次の利点があります。さまざまなソリューションで異なる設定を行うことができます。環境設定のさまざまなサブセットを別の場所に保存し、特定のソリューションで作業するときに環境設定を組み合わせることができます。例:記号のアイ...

テンプレートを共有する

コードテンプレートを共有する簡単な方法は、ファイルにエクスポートしてから、それらのファイルを他の開発者と共有することです。他の開発者は、テンプレートをインポートして使用することができます。チームメンバーとテンプレートを共有するもう1つの方法は、ReSharperがコードテンプレートを格納するために使...

テンプレートの保存

ReSharperのコードテンプレートに関する興味深い点の1つは、分散ストレージです。コードテンプレートは、社内組織の詳細を十分に理解していなくても、使用して管理するのに優秀に動作します。ただし、テンプレートの編集や共有に問題が発生したり、複雑な使用シナリオが発生した場合は、これらの詳細を調べる必要...

テンプレート・パラメーター

コードテンプレートの本体には、次のものが含まれます。ソースコードの構造とコメントを表すプレーンテキスト。テンプレートを適用するとそのまま挿入されます。テンプレートを適用すると動的に置き換えられるテンプレートパラメータ。テンプレートパラメータの形式は次のとおりです。-は任意の識別子です。フォーマットが...

テンプレートエクスプローラーウィンドウ

テンプレートエクスプローラーウィンドウにはすべてのコード・テンプレートが一覧表示され、作成、編集およびコードテンプレートの管理に必要なコントロールが提供されます。このページでは、テンプレートエクスプローラーウィンドウのユーザーコントロールについてのみ説明しています。定義済みのコードテンプレートの詳細...