ReSharper 2018.3ヘルプ

プロジェクト固有のプロパティーの設定

ReSharper | 編集 | プロジェクト項目のプロパティーを編集する
ReSharper_EditProjectItemProperties

ReSharperの設定のメインセット(ReSharper | オプションダイアログで設定)は、グローバルまたはソリューションごとに適用されます。各プロジェクトまたはフォルダーごとに個別に設定できる環境設定もあります。これらの設定は、プロジェクトアイテムのプロパティーポップアップで利用できます。プロジェクトアイテムのプロパティーポップアップは、ソリューションエクスプローラーでプロジェクトのコンテキストメニューからプロジェクト項目のプロパティーを編集するを選択して呼び出すことができます。

ReSharper: Project item properties

他のReSharper設定と同様に、プロジェクト固有のプロパティーは、 [ProjectName].csproj.DotSettings (C#バージョンのような一般的な環境設定用)と [ProjectName].csproj.DotSettings.user (ローカル環境設定のような個人設定用)の2つのファイルに保存することができます。必要に応じて、 [ProjectName].csproj.DotSettings ファイルをソース管理下に置くことで、共通の設定をチームと共有することができます。
UIからプロジェクト固有の設定を編集すると、それらは [ProjectName].csproj.DotSettings ファイルに保存されます。

項目

説明

名前空間プロバイダ

フォルダーでのみ使用できます。

デフォルトでは、ReSharperは、各クラスが表示される名前空間がプロジェクト内の場所と一致していることを前提としています。プロジェクトの「ルート」名前空間は、プロジェクトのプロパティーで定義されています。

ReSharper code inspection: Namespace does not correspond to file location

上記の結果、プロジェクトレベルのすべてのコード要素が Nancy.Embedded 名前空間に現れることが予想され、それ以外の場合は警告が発行されます。

名前空間は、フォルダーの導入により深くなります。以下の例では、 Conventions という名前のフォルダーが Nancy.Embedded.Conventions 名前空間に表示されるすべての項目を必要とします。しかし、余分な名前空間要素を追加するためにフォルダーを必要としない場合があります。そのような場合、名前空間プロバイダに設定することができます。

ReSharper: 'Namespace provider' property of a project folder

名前空間プロバイダでないフォルダーは、その要素に含まれる要素の名前空間に影響を与えません。ReSharperはそれに応じて関連するコードを分析しリファクタリングします。

追加のアセンブリ参照

プロジェクトがカスタム方法でいくつかのアセンブリを参照する場合、ReSharperはそれらを見つけることができず、したがってこのプロジェクトを正しく解析できません。
このセミコロンで区切られたリストを使用して、ReSharperにアセンブリがどこにあるかを知らせ、アセンブリからシンボルを正しく解決できるようにします。

追加のコンパイル項目

プロジェクトにカスタム方法でファイルが含まれている場合、ReSharperはそれらを見つけることができないため、このプロジェクトを正しく解析できません。
このセミコロンで区切られたリストを使用して、ReSharperにそれらのファイルがどこにあるかを知らせ、正しく解決できるようにします。

C# / VB言語レベル

言語バージョンを選択するには、このセレクタを使用します。デフォルトの値は、ReSharperがプロジェクトの設定に基づいて言語バージョンを自動的に検出することを意味します。選択した言語のバージョンに応じて、ReSharperのコードインスペクションはコードの問題を検出し、選択したバージョンに関連する改善を提案します。

強制コールMsBuild

このオプションを使用して、MsBuild経由でモジュール参照を取得します。ex:これは、COM APIリファレンスがあり、プロジェクトが古いVisual StudioバージョンでRoslynのサポートなしで開かれている場合に役立ちます。

カスタムpageParseFilterTypeの処理

このプロパティーは、Webプロジェクトでのみ使用できます。
このセレクタを使用して、Web.configのpages要素の(英語) pageParseFilterType 属性の認識できない値をReSharperがどのように扱うべきかを選択します。

ローカライズ可能な

この設定は、ローカライズインスペクションを実行するかどうかを定義します。デフォルト値が選択されている場合、インスペクションはプロジェクト内に少なくとも1つのリソースファイルがある場合にのみ実行されます。Yesといいえの値により、このインスペクションを明示的に有効/無効にすることができます。

ローカライズ可能なインスペクタ

この設定は、ローカライズ可能な文字列を検出するためにReSharperが使用するアルゴリズムを定義します。楽観的または悲観的な悲観的アルゴリズムが選択された場合、ReSharperは、属性 Localizable(false)を持つものを除いて、すべての要素でローカライズ可能な文字列を探します。楽観的アルゴリズムを選択した場合、ReSharperは属性 Localizable(true)を持つ要素のみを分析します。これらの設定に応じて、ReSharperは特定の文字列がローカライズ可能かどうかを定義し、ローカライズ可能な文字列を強調表示し対応するクイックフィックスを有効にします。

パス・マッピング

このプロパティーは、Webプロジェクトでのみ使用できます。
この設定を使用して、アプリの設計中にファイルの場所をアプリがデプロイされる場所と同期させることができます。詳しくは、パス・マッピングを参照してください。

ソリューションワイドインスペクション

この設定は、プロジェクトでソリューションワイドコードインスペクションを有効にするかどうかを定義します。オンオフの値により、このインスペクションを明示的に有効/無効にすることができます。内部シンボルのみ値は、このインスペクションを内部(英語)アクセスを持つ型および型メンバーに対して部分的に使用可能にします。
この設定はソリューション全体の分析が有効な場合にのみ適用されることに注意してください。

Roslynを使ってプロジェクト参照を入手する

Visual Studio 2015から、ReSharperはRoslyn経由でプロジェクト参照を取得します。一部の参照が正しく解決されない場合は、このオプションを無効にして、COM API経由で参照を取得することができます。

最終更新日: 2019年2月19日

関連事項