ReSharper 2019.3ヘルプ

コレクションアクセス解析

ReSharperは、コレクションアイテムの値を分析するだけでなく、使用する各コレクション全体も分析します。このコレクションへの読み取りアクセスがあっても、コレクションが満たされない、または変更されない場合は警告する

ReSharper warns you that a collection is read before ever being filled or modified.

コレクションが決して読み込まれない場合

ReSharper warns you that a collection is never read.

すべての標準コレクションタイプは、デフォルトでこの方法で分析されます。必要に応じて、この分析を IEnumerableから派生したカスタムコレクションに適用することもできます。この場合、ReSharperに、コレクションのパブリックメソッドの呼び出しがコレクションのコンテンツにどのように影響するかを伝える必要があります。そのためには、コレクションクラスのメソッドを [CollectionAccessAttribute]でマークします。 [CollectionAccessAttribute]には、4つのフラグのいずれかが必要です: None , Read , ModifyExisitingContent , UpdatedContent (最後の2つのフラグの違いは、UpdatedContent は、マークされた関数がコレクションに新しい要素を追加できることを意味します)。これを説明する簡単な例を次に示します。

Using ReSharper code annotation to improve code analysis of collection access
最終更新日: 2020年2月24日