ReSharper 2019.2ヘルプ

構文強調表示

ReSharperは、デフォルトのVisual Studioのシンボルの強調表示を拡張します。さらに、フィールド、ローカル変数、タイプ、その他の識別子を設定可能な色で強調表示します。例:ReSharperの構文強調表示により、コード内のローカル変数とフィールドを簡単に区別することができます。

デフォルトの色でC#のReSharper構文の強調表示は次のようになります。

Coding Assistance Syntax Highlighting CSharp

ReSharperの構文強調表示を切り替えるには

  1. メインメニューでReSharper | オプションを選択するか、Alt+R,,Oを押し、次に左側のコード・インスペクション | 設定を選択します。

  2. ReSharper構文の強調表示を有効または無効にするには、色識別子チェックボックスを使用します。

  3. 保存をクリックして変更を適用し、ReSharperに変更を保存する場所を選択させるか、次へ保存リストを使用して変更を特定の設定レイヤーに保存します。詳細については、「 resharper設定の管理と共有 」を参照してください。

ReSharperの構文強調表示のフォントと色の設定方法については、フォントと色の設定を参照してください。

この機能は、次の言語とテクノロジでサポートされています。

Language: C#Language: VB.NETLanguage: C++Language: HTMLLanguage: ASP.NETLanguage: RazorLanguage: JavaScriptLanguage: TypeScriptLanguage: CSSLanguage: XMLLanguage: XAMLLanguage: ResxLanguage: Build ScriptsLanguage: ProtobufLanguage: JSON
Feature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is available

C#の機能の使用方法については、こちらの説明と例を参照してください。他言語の詳細については、言語によるReSharperの対応するトピックを参照してください。

最終更新日: 2019年10月15日

関連ページ:

ReSharper設定の管理と共有

ReSharperは、階層化された設定のメカニズムを使用して環境設定を保存するため、次の利点があります。さまざまなソリューションで異なる設定を行うことができます。環境設定のさまざまなサブセットを別の場所に保存し、特定のソリューションで作業するときに環境設定を組み合わせることができます。例:記号のアイ...

フォントと色の設定

Visual Studioオプションダイアログでは、ReSharperがサポート言語の構文、コードインスペクションで検出されたコードの課題、正規表現の構文、一致する区切り記号、To-do 項目、テンプレート・エディターの項目を強調表示するために使用する色とフォントを設定できます。色とフォントを設定す...

異なる言語でのReSharperの機能

以下の表は、各ReSharper機能がサポートされている言語/技術を説明しています。言語固有の機能のみを一覧表示し、プロジェクト依存関係図、名前空間の調整リファクタリング、スタックトレースエクスプローラー、最近のファイルを見るなどのプロジェクト/ソリューションのスコープには多くの機能は含まれていませ...

ASP.NET MVC特有の機能

ReSharperには、一般的なASP.NET機能に加えて、ASP.NET MVCでの作業をより簡単にサポートする特殊機能があります。構文の強調表示:ASP.NET MVCメソッドの呼び出しとパラメータに対する特別な構文の強調表示コード補完:文字列リテラルでアクションとコントローラーを参照するための...

言語によるReSharper: MSビルド

MSBuildは、アプリケーションを構築するために広く使用されているプラットフォームです。特定のXMLタグを使用して、プロジェクトの構築方法や実行方法を定義できます。ReSharperを使用すると、より速く行うことができます。ReSharperオプション(Alt+R,,O)のページのMSBuildと...

言語によるReSharper: Googleプロトコルバッファ (プロトブフ)

ReSharperは、Googleプロトコルバッファ(Protobuf)バージョン2.xおよび3.0の.protoファイルでIDEサポートを提供します。ReSharperオプション(Alt+R,,O)のページのプロトブフチェックボックスをオフにすることにより、.protoファイルのReSharper...