ReSharper 2021.1 ヘルプ

コーディング支援

ReSharper はさまざまなコーディング支援機能を提供します。これにより、コードの記述と編集がはるかに高速になり、生産性が向上し、時間を節約できます。

ReSharper のコーディング支援機能のほとんどは、C# および Visual Basic .NET で利用可能であり、いくつかは複数の言語で利用可能であり、その他は言語固有です。以下の表は、サポートされているすべてのコーディング支援機能と言語 / 技術を示しています。

このセクションのトピックで説明されている指示と例は、C# のコーディング支援機能の使用に対応しています。特定の言語で使用できるコーディング支援機能の詳細については、言語による ReSharper の該当するトピックを参照してください。

関連ページ:

コード生成 | ReSharper

ReSharper は、定型コードを生成するさまざまな方法を提供します。例: 宣言されていないコードシンボルを使用し、これらのシンボルを用途に基づいて自動的に生成したり、型メンバーを生成したりすることができます。現在のファイルで設計時コードインスペクションが有効になっている場合、ReSharper は足りないメンバーを検出し、足りないメンバーを実装するために対応するクイックフィックスを提案します。コンテキストアクションとコードテンプレートを使用すると、コードを生成するその他の方法も利用できます。...

ASP.NET MVC 特有の機能 | ReSharper

ReSharper には、一般的な ASP.NET 機能に加えて、ASP.NET MVC での作業をより簡単にサポートする特殊機能があります。構文のハイライト:ASP.NET MVC メソッド呼び出しとパラメーターの特別な構文のハイライト: コード補完:文字列リテラルでアクションとコントローラーを参照するための専用コード補完: ナビゲーションと検索:さまざまなナビゲーション機能がアクションとコントローラーでも機能します。コード生成:使用箇所から新しいコントローラーとアクションを作成する: 最終...

言語による ReSharper: MS ビルド | ReSharper

MSBuild は、アプリケーションを構築するために広く使用されているプラットフォームです。特定の XML タグを使用して、プロジェクトの構築方法や実行方法を定義できます。ReSharper を使用すると、より速く行うことができます。コード検査:あらかじめ定義された要素またはその属性の名前を誤って入力した場合、ReSharper はそのような不一致についてハイライト表示します。まだ定義されていないプロパティを参照しようとすると、ReSharper はそのようなケースも検出します。MSBuild...

言語による ReSharper: Google プロトコルバッファ (プロトブフ) | ReSharper

ReSharper は、Google プロトコルバッファ(Protobuf)バージョン 2.x および 3.0 の .proto ファイルで IDE サポートを提供します。ReSharper は、.proto ファイルの言語構文をハイライトし、エラーを検出してハイライトします。基本コード補完と他のタイピング支援機能はエディターで利用可能です。型と値の宣言に行き、それらの用法を検索し、他のナビゲーション機能を楽しむことができます。Protobuf コードを再フォーマットしてシンボルの名前を変更することも...

言語 JSON による ReSharper | ReSharper

JSON および JSON スキーマのサポートは、現在、構文ハイライト(古い Visual Studio バージョンを含む)のような基本的なものから、コードのフォーマットや再配置などのより高度な機能(たとえば、オブジェクトのプロパティや任意の選択を移動できます)、コードインスペクションおよびクイックフィックスにまでおよびます。スキーマ、パス、正規表現、パッケージを認識するコード補完も同様です。JSON 値ヘルパー:ReSharper では、JSON プロパティの一部を特定の値タイプ(正規表現、...

自動補完 | ReSharper

ReSharper の自動補完は、クラス、メソッド、変数、キーワード、以前にインポートされた拡張メソッドを含む現在の可視性スコープ内で使用可能なその他のシンボルの名前を提案します。ライブテンプレート、コード生成の提案、単体テストのカテゴリなど、他の多くのコンテキスト固有の提案も補完リストで利用できます。デフォルトでは、自動補完の提案には、スマート補完およびインポートシンボル補完のアイテムも含まれます。デフォルトの動作を変更する場合は、ReSharper オプション(Alt+R, O)のページにあ...