ReSharper 2018.1ヘルプ

不足している名前空間のインポート

名前空間がファイルにインポートされていない型を使用すると、ReSharperはこれらの型を見つけて、欠落している名前空間のインポート・ディレクティブを追加するのに役立ちます。未解決の型の名前空間がいくつか存在する場合(例:ファイルにコードブロックを貼り付けた後、ReSharperはこれらの名前空間をすべて単一のアクションでインポートするのに役立ちます。

ReSharperは、現在のプロジェクトで参照されているアセンブリ、ソリューション内の他のプロジェクトで参照されているアセンブリ、推移的に参照されているアセンブリなど、インポートされていないネームスペースを次のアセンブリで探します。現在のプロジェクトで参照されていないモジュールで型が見つかった場合、ReSharperはこのモジュールへの参照を追加することも提案します。

欠落している名前空間は、名前空間のインポートの環境設定に従ってインポートされます(たとえば、インポート指示文が挿入されるか、修飾子が追加されます)。
インポート指示は固定された順序で追加されます。すべての System.* 名前空間が最初に置かれ、ドットの後の2番目の単語によってアルファベット順にソートされます。他のすべての名前空間は、アルファベット順に次に移動します。

コードファイルを編集すると、設計時コードインスペクションで見つからない名前空間の型が検出され(使用可能であることを確認してください)、エラーとして強調表示されます。デフォルトでは、欠落している名前空間をインポートするアクションは通常のクイックフィックスとは異なります。キャレットの位置に関係なく、最初の未解決のシンボルの上に飛ぶポップアップとして表示されます。

Namespace import quick-fix
または貼り付けられたコードのボックの後:
Namespace import fix for pasted code block
したがって、現在のキャレット位置を変更せずに、習慣的な Alt+Enter ショートカットを使用して、未解決のすべてのタイプに対してこの修正を適用することができます。編集セッションは中断されません。 貼り付けられたコードのタイプをインポートするアクションは、貼り付けられたコードブロック内のインポートされていないすべてのタイプが、現在のプロジェクトの参照モジュールで明白に見つかる場合にのみ表示されます。

いくつかの名前空間に未解決のシンボルが含まれている場合、ReSharperではインポートする名前空間を選択できます。

Coding Assistance Importing Namespace 02

何らかの理由で、ポップアップが表示されたときに必要な名前空間をインポートしないように選択した場合は、 Esc を押してポップアップを非表示にします。 Alt+Enterを押し、対応するクイックフィックスを選択することによって、いつでも名前空間をインポートすることができます。

ReSharperオプションのコード・インスペクション | 設定ページでポップアップを使用して「名前空間をインポート」アクションを表示するチェックボックスをオフにすることで、このポップアップが表示されないようにすることもできます。このような場合、非インポート型にキャレットを置き、 Alt+Enterを押して、必要なクイックフィックスを選択することで、未解決の型の欠落している名前空間をいつでもインポートすることができます。

Normal quick-fixes for missing namespace import

この機能は、次の言語とテクノロジのサポートされます

Language: C#Language: VB.NETLanguage: C++Language: HTMLLanguage: ASP.NETLanguage: RazorLanguage: JavaScriptLanguage: TypeScriptLanguage: CSSLanguage: XMLLanguage: XAMLLanguage: ResxLanguage: Build ScriptsLanguage: ProtobufLanguage: JSON
Feature is availableFeature is availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is availableFeature is availableFeature is not availableFeature is availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not available

C#の機能の使用方法については、こちらの説明と例を参照してください。他言語の詳細については、言語によるReSharperの対応するトピックを参照してください。

最終変更日: 2018年7月11日

関連事項