ReSharper 2020.3 ヘルプ

不足している名前空間をインポートする

ファイルに名前空間がインポートされていない型を使用する場合、ReSharper はこれらの型を見つけて不足している名前空間インポートディレクティブを追加できます。たとえば、ファイルにコードのブロックを貼り付けた後など、未解決の型にいくつかの不足している名前空間がある場合、ReSharper はこれらすべての名前空間を 1 回の操作でインポートできます。

ReSharper は、現在のプロジェクトで参照されているアセンブリ、ソリューション内の他のプロジェクトで参照されているアセンブリ、推移的に参照されているアセンブリで、インポートされていない名前空間を検索します。現在のプロジェクトで参照されていないモジュールでタイプが見つかった場合、ReSharper はこのモジュールへの参照を追加することも提案します。

欠落しているネームスペースは、ネームスペースのインポート設定に従ってインポートされます(たとえば、インポートディレクティブが挿入されたり、タイプ名の修飾子が追加されたりします)。
インポートディレクティブは決まった順序で追加されます。すべての System.* 名前空間が最初に配置され、ドットの後の 2 番目の単語でアルファベット順に並べ替えられます。次に、他のすべての名前空間がアルファベット順に表示されます。

コードファイルを編集すると、設計時コードインスペクションで名前空間が欠落しているタイプが検出され(有効になっていることを確認してください)、エラーとしてハイライトされます。デフォルトでは、見つからない名前空間をインポートするアクションは通常のクイックフィックスとは異なります。キャレットの位置に関係なく、最初の未解決のシンボルの上にカーソルを移動するポップアップとして表示されます。

ReSharper: Namespace import quick-fix

または貼り付けられたコードのボックの後:

ReSharper: Namespace import fix for pasted code block

現在のキャレット位置を変更せずに、習慣的な Alt+Enter ショートカットを使用して、未解決のすべてのタイプに対してこの修正を適用することができます。編集セッションは中断されません。貼り付けられたコードのタイプをインポートするアクションは、貼り付けられたコードブロック内のインポートされていないすべてのタイプが、現在のプロジェクトの参照モジュールで明白に見つかる場合にのみ表示されます。

いくつかの名前空間に未解決のシンボルが含まれている場合、ReSharper ではインポートする名前空間を選択できます。

ReSharper: choosing a namespace to import

何らかの理由でポップアップが表示されたときに必要な名前空間をインポートしないことを選択した場合、または ReSharper オプション(Alt+R, O)のコードインスペクション | 設定ページでポップアップを使用して「名前空間をインポート」アクションを表示するを無効にした場合、キャレットを非インポートされたタイプ。Alt+Enter を押して、対応するクイックフィックスを選択します。

ReSharper: quick-fixes for missing namespace import

ポップアップまたは Alt+Enter メニューのエントリを介してインポート候補を表示するかどうかをすばやく選択するには、ファイルステータスインジケーターのコンテキストメニューを使用します。

ReSharper: Choosing import popup mode from the context menu of the file status indicator

たとえば、ソリューションにシステムタイプに類似したもの、たとえば MyFramework.MyCollections.List があるが、実際にはそれを使用していない場合など、一部の名前空間を提案しないようにすることができます。このような記号を提案から除外するには、ReSharper オプション(Alt+R, O)のコードインスペクション | 設定 | 自動インポートページのインポートおよび補完から除外リストに追加します。エントリの形式は、Fully.Qualified.NameFully.Qualified.Name.Prefix*、または *Fully.Qualified.Name.Suffix です。ジェネリック型は List`1 として指定されています。

この機能は、次の言語とテクノロジーでサポートされています。

C# の機能の使用方法については、こちらの説明と例を参照してください。他言語の詳細については、言語による ReSharper の対応するトピックを参照してください。

関連ページ:

インポートシンボル補完

このコマンドは、名前空間が現在のファイルにインポートされているかどうかにかかわらず、現在のプロジェクトで参照されているモジュールの型と拡張メソッドを示します。提案された各項目の名前空間は、候補リストの右側に表示されます。インポートされていないタイプを選択すると、必要な名前空間のインポート指示が自動的に追加されます。補完候補の生成方法を変更するには、インポートシンボルの補完ショートカットを複数回連続して押すことができます。詳細は、ダブル補完を参照してください。デフォルトでは、C# および VB.N...

コードの構文スタイル: 名前空間のインポート

各ソースコードファイルには、適切な名前空間のインポートセット(C# のディレクティブ)が必要です。インポートがないと、コードはコンパイルされません。未使用のインポートがあると、コードの維持が困難になる可能性があります。さらに、名前空間のインポートにはさまざまな方法があります。たとえば、ディレクティブを追加するか完全修飾型名を使用するか、ディレクティブをファイルの上または名前空間内に配置することができます。ReSharper は、好みに応じて名前空間のインポートのすべての側面を制御し、自動的に更新...

設計時にコードの問題を検出する

ReSharper は、エディターでコードファイルを開くとすぐに分析を開始し、最後まで編集を続けます。検出されたすべてのコードの問題は、重大度に従ってエディターでハイライトされます。問題のマップは、エディターウィンドウの右側のマーカーバーにも表示されます。ここでは、ファイルのステータスを即座に確認し、マークをクリックして特定のコードの問題に移動できます。また、JSLint、ESLint、TSLint から Javascript/ Typescript コードの検証と修正をエディターで使用することも...

コードインスペクション設定の構成

コードアノテーションを使用して、ReSharper がコードをインスペクションする方法をカスタマイズすることもできます。設計時コードインスペクションを構成する:デフォルトでは、ReSharper は、サポートされている言語に対応するすべてのファイルで設計時コードインスペクションを有効にします。必要に応じて、無効にすることができます。設計時コードインスペクションが有効かどうかに関係なく、コードインスペクションは常に特定のスコープで実行できます。メインメニューからを選択するか、Alt+R O を押し...

ASP.NETMVC 固有の機能

ReSharper には、一般的な ASP.NET 機能に加えて、ASP.NET MVC での作業をより簡単にサポートする特殊機能があります。構文のハイライト :ASP.NET MVC メソッド呼び出しとパラメーターの特別な構文のハイライト:コード補完 :文字列リテラルでアクションとコントローラーを

言語による ReSharper: MS ビルド

MSBuild は、アプリケーションを構築するために広く使用されているプラットフォームです。特定の XML タグを使用して、プロジェクトの構築方法や実行方法を定義できます。ReSharper を使用すると、より速く行うことができます。ReSharper オプション(Alt+R, O)のページの MSBuild と NAnt チェックボックスをオフにすることにより、ビルドスクリプトファイルの ReSharper 機能を無効にできます。コード検査:あらかじめ定義された要素またはその属性の名前を誤って入...