ReSharper 2020.3 ヘルプ

選択の拡張 / 縮小

ReSharper | 編集 | 選択の拡張 / 縮小
Control+W / Control+Shift+W
ReSharper_ExtendSelection / ReSharper_ShrinkSelection

選択範囲の拡張コマンドを使用すると、拡張論理ブロックのコードを連続して選択できるため、コード内の任意の式を簡単に選択できるようになります。その場合、その中にキャレットを置き、Control+W を数回押します。このコマンドはメインメニューの ReSharper | 編集 | 選択範囲の拡張でも利用できます。

ReSharper: Extend selection ReSharper: Extend selection ReSharper: Extend selection ReSharper: Extend selection

選択範囲の縮小は正反対です。このコマンドを適用するには、Control+Shift+W を押すか、メインメニューの ReSharper | 編集 | 選択範囲の縮小を選択します。

CamelHumps(ReSharper オプションの環境 | エディター | 振る舞いページのキャメルハンプを使用するチェックボックス)では、選択の拡張 / 縮小コマンドの動作が少し異なります。

キャメルハンプを有効にすると、選択範囲の拡張 / 縮小コマンドは複合名の一部を考慮に入れます。複合名の途中に大文字で始まる複数の部分があるキャレットを配置したとします。

ReSharper: using CamelHumps to extend selection within a word
キャメルハンプでは、Control+W を初めて押すと、単語の現在の部分が選択されます。
ReSharper: using CamelHumps to extend selection within a word
このキーストロークを 2 回目に押すと、ReSharper は単語全体を選択します:
ReSharper: using CamelHumps to extend selection within a word
その後の押下はすべて通常通り処理されます。

この機能は、次の言語とテクノロジーでサポートされています。

C# の機能の使用方法については、こちらの説明と例を参照してください。他言語の詳細については、言語による ReSharper の対応するトピックを参照してください。

関連ページ:

現在のコンテキストをナビゲートする

ReSharper には、現在のコンテキストに基づいてコードをナビゲートするのに役立つ多くの機能があります。つまり、開いている文書とその中のキャレットの位置に従います。構造別にファイルをナビゲートする:ReSharper では、ファイル構造ウィンドウを使用して現在のドキュメントの構造をナビゲートできます。これにより、大きなファイルでのナビゲーションが大幅に簡略化されます。ウィンドウはエディターと同期しています。別のエディタータブに切り替えると、ウィンドウに対応するファイルの構造が表示されます。...

コード要素の並べ替え

Ctrl+Shift+Alt+Up/Down/Left/Right または Ctrl+Shift+Alt+H/J/K/L リモートデスクトップを使用する場合は、Ctrl+Shift+Alt+H/J/K/L ショートカットを使用してください。ReSharper を使用すると、コード内の式、ステートメント、型メンバー、その他の要素をすばやく並べ替えることができます。また、ファイル構造ウィンドウでドラッグアンドドロップすることで、現在のファイルのタイプとメンバーを並べ替えることもできます。使い方:コードを並...

コードフラグメントをテンプレートで囲む

コードを中括弧または括弧で囲むだけの場合は、コードブロックまたは式を選択してから、開始または終了中括弧を入力して選択範囲を中括弧内に入れるか、開始または終了括弧を次のように入力します。選択範囲を括弧で囲みます。サラウンドテンプレートは、式、単一のステートメント、または任意のコードブロックを、またはその他のコード構造ですばやく囲むために使用されます。テンプレートが展開されると、ReSharper はコードをインテリジェントに再フォーマットし、選択を調整し、最後にキャレットを再配置して、便利な位置か...

ASP.NETMVC 固有の機能

ReSharper には、一般的な ASP.NET 機能に加えて、ASP.NET MVC での作業をより簡単にサポートする特殊機能があります。構文のハイライト :ASP.NET MVC メソッド呼び出しとパラメーターの特別な構文のハイライト:コード補完 :文字列リテラルでアクションとコントローラーを

言語による ReSharper: MS ビルド

MSBuild は、アプリケーションを構築するために広く使用されているプラットフォームです。特定の XML タグを使用して、プロジェクトの構築方法や実行方法を定義できます。ReSharper を使用すると、より速く行うことができます。ReSharper オプション(Alt+R, O)のページの MSBuild と NAnt チェックボックスをオフにすることにより、ビルドスクリプトファイルの ReSharper 機能を無効にできます。コード検査:あらかじめ定義された要素またはその属性の名前を誤って入...

言語による ReSharper: Google プロトコルバッファ (プロトブフ)

ReSharper は、Google プロトコルバッファ(Protobuf)バージョン 2.x および 3.0 の .proto ファイルで IDE サポートを提供します。ReSharper オプション(Alt+R, O)のページのプロトブフチェックボックスをオフにすることにより、.proto ファイルの ReSharper 機能を無効にできます。ReSharper は、.proto ファイルの言語構文をハイライトし、エラーを検出してハイライトします。基本コード補完と他のタイピング支援機能はエディター...