ReSharper 2019.3ヘルプ

ダブル補完

すべてのReSharperの補完ショートカットは、複数回連続して押すことができます。この場合、ReSharperはさらに補完リストに提案を加えます。

新しい提案には緑色の縦線が付いているため、簡単に見つけることができます。必要に応じて、ReSharperオプション(Alt+R,,O)の環境 | IntelliSense | 補完外観ページの新しい項目を強調表示するチェックボックスをオフにして、このヘルパーをオフにすることができます。

ダブル基本補完

基本補完 Ctrl+Space を2回呼び出すと、ReSharperは補完リストにいくつかの新しい提案を追加します。

現在のシンボルとその基本タイプの非公開メンバーが補完リストに追加されます。

Double basic completion. Using non-public members

ReSharperは依然としてpublicメンバーを強調表示しています。プライベートメンバーが非コンパイル可能なコードを生成するため、ReSharperはそれを使用することを提案します。ただし、プライベートメンバーを使用する場合は、公開することが非常に簡単です。強調表示されたエラーに対して Alt+Enter を押し、メソッドをパブリックにする クイックフィックスを選択するだけです。

派生型との互換性をオブジェクトでチェックすると、ReSharperはこの派生型のメンバーと継承階層のすべての中間型を補完リストに追加します。それらのいずれかを選択すると、ReSharperは自動的に変数をこの型にキャストします:

Members of derived classes in the ReSharper completion list

また、イベントハンドラの sender 引数を目的の親コントロールタイプにキャストし、メンバーにアクセスすることもできます。

Casting the 'sender' argument to a desired type using ReSharper's code completion

ダブルインポートの補完

インポート・シンボル補完 Ctrl+Alt+Space を2回呼び出すと、ReSharperは非参照モジュールから補完リストにパブリックタイプと拡張メソッドを追加します。ReSharperは、ソリューション内の他のプロジェクト、およびソリューションの他のプロジェクトで参照されているすべてのコンパイル済みアセンブリで、パブリックタイプと拡張メソッドを探します。参照されていないモジュールは赤で表示されます。

ReSharper: New items in code completion list

参照されていないモジュールからアイテムを選択した場合、ReSharperは自動的に不足している参照を追加します。デフォルトでは、ReSharperは新しい参照ごとに確認ダイアログを表示します。必要に応じて、ReSharperオプションの環境 | IntelliSense | 補完の振る舞いページの参照を追加する前に確認ダイアログを表示するチェックボックスをオフにして無効にすることができます。

ダブルスマートコンプリート

スマート補完 Ctrl+Shift+Space を2回呼び出すと、ReSharperは、期待されるデータ型の戻り値を持つ呼び出しチェーンを追加します。

Call chains in the ReSharper's completion list
Ctrl+Shift+Space を複数回押して、より複雑な呼び出しチェーンでリストを拡張することができます。押すたびに、チェーンの呼が長くなります。

デフォルトでは、ReSharperはインスタンスメソッドとその戻り値のみを考慮に入れます。必要に応じて、提案のリストに拡張メソッドを含めることもできます。これを行うには、ReSharperオプションの環境 | IntelliSense | 補完の振る舞いページでダブルスマートコンプリートで拡張メソッドを表示するを選択します。
大規模なソリューションでは、これによりダブル完了アルゴリズムが遅くなることに注意してください。

この機能は、次の言語とテクノロジでサポートされています。

Language: C#Language: VB.NETLanguage: C++Language: HTMLLanguage: ASP.NETLanguage: RazorLanguage: JavaScriptLanguage: TypeScriptLanguage: CSSLanguage: XMLLanguage: XAMLLanguage: ResxLanguage: Build ScriptsLanguage: ProtobufLanguage: JSON
Feature is availableFeature is availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not available

C#の機能の使用方法については、こちらの説明と例を参照してください。他言語の詳細については、言語によるReSharperの対応するトピックを参照してください。

最終更新日: 2020年3月26日

関連ページ:

基本補完

ReSharperの基本的な完成度は、クラス、メソッド、変数、キーワード、および以前にインポートされた拡張メソッドを含む現在の可視性スコープ内で使用可能な他のシンボルの名前を提案します。ライブテンプレート、コード生成の提案、単体テストカテゴリなど、他の多くのコンテキスト固有の提案も補完リストで利用で...

コードの課題のクイックフィックス

ReSharperを使用すると、設計時に検出されたほとんどのコード課題を即座に修復できます。強調表示されたコードの課題で を押して、課題を解決したり最適以下のコードを改善したりするための適切な方法を選択するのと同じくらい簡単です。クイックフィックスを適用する:クイックフィックスは、強調表示されたコ...

インポート・シンボル補完

このコマンドは、名前空間が現在のファイルにインポートされているかどうかにかかわらず、現在のプロジェクトで参照されているモジュールの型と拡張メソッドを示します。提案された各項目の名前空間は、候補リストの右側に表示されます。インポートされていないタイプを選択すると、必要な名前空間のインポート指示が自動的...

スマート補完

このコマンドは、型、メソッド、および変数のリストをフィルタして、式の予想される型に一致させます。ReSharperが、代入、変数初期化子、またはreturn文の右辺など、期待される式の型を決定できる限り、どこでも動作します。いくつかのリターンタイプが可能な場合、ReSharperは適用可能なタイプの...

異なる言語でのReSharperの機能

以下の表は、各ReSharper機能がサポートされている言語/技術を説明しています。言語固有の機能のみを一覧表示し、プロジェクト依存関係図、名前空間の調整リファクタリング、スタックトレースエクスプローラー、最近のファイルを見るなどのプロジェクト/ソリューションのスコープには多くの機能は含まれていませ...

ASP.NET MVC特有の機能

ReSharperには、一般的なASP.NET機能に加えて、ASP.NET MVCでの作業をより簡単にサポートする特殊機能があります。構文の強調表示:ASP.NET MVCメソッドの呼び出しとパラメータに対する特別な構文の強調表示コード補完:文字列リテラルでアクションとコントローラーを参照するための...