ReSharper 2019.2ヘルプ

C++のコードテンプレート

すべてのReSharperのコードテンプレート機能は、C++でもサポートされています。これらの機能の詳細については、コード・テンプレートの該当するトピックを参照してください。

ライブ・テンプレート

ライブ/サラウンドテンプレートは、既存のファイルにコードを生成するために使用できます(テンプレート本文に $SELECTION$ パラメーターがある場合)。try...catch ステートメントなど、テンプレートコードでコードフラグメントを囲むために使用できます。
各ライブテンプレートは、ショートカットforeachなどの短い文字列)で識別され、エディターで直接入力してテンプレートを呼び出すことができます。

ReSharperはたくさんのpredefined live templatesを提供します。カスタムのライブテンプレートを専用のエディターで作成することも、既存のソースコードから 直接作成することもでき ます。

ファイル・テンプレート

ファイル・テンプレートは、型宣言、単体テストなどの定義済みコードで1つ以上の新しいファイルを作成するために使用されます。ファイルテンプレートにはショートカットはなく、説明によって識別されます。詳細については、テンプレートからのファイルの作成 \および複数ファイルテンプレートの作成を参照してください。

ファイルテンプレートは、テンプレートを適用するときに複数のファイルを作成できます。これは、関連するデータが別のファイルに保存されている場合に役立ちます。

クラスと構造体にはpredefined templatesがあります。新しいファイルmulti-fileテンプレートを作成することもできます。

後置テンプレート

後置テンプレートは後ろにジャンプすることなくすでにタイプした式を変換できます - ちょうど式の後にドットをタイプしそして補完リストからテンプレートを選んでください。

以下はC++で利用可能なテンプレートのリストです。

ショートカット

説明

サンプル

.beg..end

範囲からイテレータを生成する

sort(range.begin(), range.end())
.cbeg..cend

範囲からイテレータを生成する

is_sorted(range.cbegin(), range.cend())
.const_cast

const_castで式を囲む

const_cast<SomeType &>(expr)
.do

ブール式が '偽'になるまで反復する

do { } while (expr);
.dynamic_cast

dynamic_castで表現を囲む

dynamic_cast<SomeType &>(expr)
.else

ブール式を 'false' にチェックします。

if (!expr)
.foreach

範囲を反復する

foreach (auto && x in range)
.if

ブール式を 'true' にチェックします。

if (expr)
.make_shared

オブジェクトを構築し、std::shared_ptrにラップします。

std::make_shared<SomeType>()
.make_unique

オブジェクトを構築し、std::unique_ptrにラップします。

std::make_unique<SomeType>()
.new

型のインスタンス化式を生成する

new SomeType()
.reinterpret_cast

reinterpret_castで式を囲む

reinterpret_cast<SomeType &>(expr)
.return

現在の関数から式を返す

return expr;
.safe_cast

safe_castで式を囲む (C++/CLI)

safe_cast<SomeType>(expr)
.static_cast

static_castで式を囲む

static_cast<SomeType>(expr)
.switch

積分/列挙型よりもスイッチを生成する

switch (expr)
.var

式の変数を導入する

auto x = expr;
.while

ブール式が真である間、反復する

while (expr)
最終更新日: 2019年10月18日

関連ページ:

コード・テンプレート

ReSharperコードテンプレートを使用すると、事前定義済みのコード構成体をすばやく生成できます。すぐに使えるさまざまな言語用のテンプレートが多数ありますが、新しいテンプレートを作成したり、既存のテンプレートを編集したり、簡単に管理したりすることもできます。さらに、ReSharperは開発者のチー...

ライブテンプレートを使用してソースコードを作成する

ライブテンプレートはVisual StudioのコードスニペットのReSharperのはるかにインテリジェントなバージョンです。コードスニペットとは異なり、ReSharperのテンプレートはコンテキストからどの変数、フィールド、タイプが使用できるかを予測できます。ほとんどの場合、自分で何か入力する必...

テンプレート・パラメーター

コードテンプレートの本体には、次のものが含まれます。ソースコードの構造とコメントを表すプレーンテキスト。テンプレートを適用するとそのまま挿入されます。テンプレートを適用すると動的に置き換えられるテンプレートパラメータ。テンプレートパラメータの形式は次のとおりです。-は任意の識別子です。フォーマットが...

ライブ/サラウンドテンプレートの作成

ライブ/サラウンドテンプレートは、既存のファイルにコードを生成するために使用できます(テンプレート本文にパラメーターがある場合)。ステートメントなど、テンプレートコードでコードフラグメントを囲むために使用できます。各ライブテンプレートは、ショートカット(foreachなどの短い文字列)で識別され、エ...

テンプレート・エディター

テンプレート・エディターはコードテンプレートの作成と編集を手助けします。テンプレートエディターが新しいドキュメントタブに表示されるため、テンプレートとアプリケーションコードを切り替えて、作成したテンプレートをすばやくテストできます。テンプレートエディターは、キーワード、コメントなどの基本的なコード強...

ソースコードからライブ/サラウンドテンプレートを作成する

ReSharperを使用すると、ソースコードの断片に基づいてライブ/サラウンドテンプレートを作成できます。ReSharperはいくつかのフィールドを自動的にテンプレートパラメータに変換します。コードフラグメントからライブ/サラウンドテンプレートを作成するにはエディターで、テンプレートを作成するコード...