ReSharper 2020.2 ヘルプ

CSS のコードスタイルアシスタンス

ReSharper は CSS で以下のコードスタイルアシスタント機能を提供します。

コード書式設定ルールの管理と適用

コードスタイルの重要な点は、コードの書式設定方法、つまり、空白と空白行を使用してコードブロックを配置および分離する方法、インデントにタブを使用するかどうか、および使用する方法。

ReSharper コードのフォーマットルールの豊富なセットには、デフォルトの Visual Studio フォーマットオプションと多数のベストプラクティスを考慮したデフォルト設定があります。書式設定ルールのすべての詳細を構成し、コードにルールを適用できます。これらのルールは、ReSharper がコード補完およびコード生成機能を使用して新しいコードを生成し、コードテンプレートを適用し、リファクタリングを実行するときに適用されます。書式設定ルールは、現在の選択範囲、現在のファイル、またはソリューション全体までのより大きなスコープの既存のコードにも適用できます。

ReSharper は、共有設定のメカニズムを使用してフォーマット設定を保存します。コード編集 | CSS | スタイルの書式設定グループのオプションページでフォーマットルール設定できます。EditorConfig ファイルにフォーマット設定を保存して共有することもできます。

アルファベット文字のプロパティ

ReSharper を使用すると、セレクタ宣言内でプロパティをアルファベット順に並べ替えることができます。デフォルト : 完全クリーンアッププロファイルまたは CSS カテゴリでアルファベット順のプロパティオプションが選択されているカスタムプロファイルコードクリーンアップを使用して、プロパティをアルファベット順に並べ替えることができます。

コードのクリーンアップを適用する

以下の例を参照してください。

ReSharper: Code cleanup in CSS
プロファイルデフォルト : 完全クリーンアップおよびデフォルト設定でコードのクリーンアップを適用した後、宣言は改行で分割されます。宣言に複数のプロパティが含まれている場合、それらは別々の行に配置され、アルファベット順にソートされます。1 つしかない場合は、同じ行に - など:
ReSharper: Code cleanup in CSS

最終更新日 :

関連ページ:

ReSharper 設定の管理と共有

ReSharper は、階層化された設定のメカニズムを使用して環境設定を保存するため、次の利点があります。さまざまなソリューションで異なる設定を行うことができます。環境設定のさまざまなサブセットを別の場所に保存し、特定のソリューションで作業するときに環境設定を組み合わせることができます。例:記号のア...

コードフォーマットルールの管理と適用

ReSharper | 編集 | コードの再フォーマットコードスタイルの重要な点は、コードの書式設定方法、つまり、空白と空白行を使用してコードブロックを配置および分離する方法、インデントにタブを使用するかどうか、および使用する方法。ReSharper コードのフォーマットルールの豊富なセットに...

コード補完 (IntelliSense)

ReSharper は、高度な機能を備えた Visual Studio のネイティブコード補完(IntelliSense)を補完し、拡張します。例:あなたの入力に基づいて提案のリストを絞り込み、選択したタイプと拡張メソッドを自動的にインポートし、メソッド名を補完するときに括弧を追加し、タイプに応じて...

コード生成

ReSharper は、定型コードを生成するさまざまな方法を提供します。例:宣言されていないコードシンボルを使用し、これらのシンボルを用途に基づいて自動的に生成したり、型メンバーを生成したりすることができます。現在のファイルで設計時コードインスペクションが有効になっている場合、ReSharper は...

EditorConfig を使用する

どのフォーマットスタイルの設定がファイルフォーマット情報ウィンドウ(ReSharper | Windows | ファイルフォーマット情報)の現在のファイルに影響するかを見ることができます。ReSharper は、EditorConfig形式で定義されたコード形式スタイル、コード構文スタイル、C#

CSSのコーディング支援

ReSharperのコーディング支援機能のほとんどは、CSSでもサポートされています。これらの機能の詳細については、コーディング支援の該当するトピックを参照してください。このセクションのサブジェクトでは、フィーチャマトリックスを見つけて、CSSで正確にサポートされているものを確認することもできます。...