ReSharper 2020.1ヘルプ

コンパイル済みコードの表示オプション

設定、PDB情報の利用可能性、および適用されるナビゲーションコマンドに応じて、ReSharperはさまざまな方法でコンパイル済みコードを表示できます。

  • メタデータビュー —このビューには、タイプの署名とそのすべてのメンバーの署名のみが表示されます。エディターまたはアセンブリエクスプローラーウィンドウからメタデータビューに移動するコマンドを適用して、このビューを表示することもできます。

  • 逆コンパイルされたコード - このビューには、開いたり移動したりしたタイプに対応する逆コンパイルされたC#コードが表示されます。このビューは、そのタイプに関するデバッグ情報が利用できない場合、またはデコンパイルされたソースに移動するコマンドを使用して意図的にこのビューに移動した場合に、デフォルトで使用されます。

  • シンボルファイルからのコード - このビューはC#またはVB.NETのシンボルファイルからのオリジナルのソースコードを表示します。ReSharperは、デバッグ情報を使用してローカルソースまたはシンボルサーバーからシンボルファイルを取得します。

逆コンパイルされたコードの表示方法を設定するには、ReSharperオプション(Alt+R,O)のツール | 外部ソースページで次のチェックボックスを使用します。

使用可能な場合はシンボルファイルからのソースを使用する

デバッグ情報(PDBファイル)を使用して適切なソースファイルを見つけ、使用してコードを表示およびナビゲートするには、このチェックボックスを選択します。

このチェックボックスが選択され、デバッグ情報を介してソースファイルが利用可能な場合、ReSharperは元のソースコードを表示してナビゲートします。


このチェックボックスがオフの場合、またはソースファイルが使用できない場合、ReSharperは、メソッドの逆コンパイルオプションに応じてコードを逆コンパイルするか、メタデータビューを表示します。

リモートのロケーションからのダウンロードを許可する

Symbol Serverまたは他のリモートの場所からソースをダウンロードできるようにするには、このチェックボックスを選択します。シンボルファイルがローカルとリモートの両方で使用可能な場合、ReSharperはローカルシンボルファイルを表示します。

メソッドの逆コンパイル

メソッド本体をC#コードに逆コンパイルするには、このチェックボックスを選択します。このチェックボックスが選択されていない場合、メソッドシグネチャーを含むメタデータビューが表示されます。
使用可能な場合はシンボルファイルからのソースを使用するオプションが選択され、必要なシンボルファイルが利用可能な場合、このオプションは効果がありません。

開いているドキュメントの概要とプレゼンテーションモードを表示するには、タブヘッダーを右クリックして、コンテキストメニューで外部ソース情報を選択します。表示されるダイアログで、ドキュメントが属するアセンブリの名前と場所、および外部ソースプロバイダー(メタデータビューアー、逆コンパイラー、またはシンボルサーバー)を確認できます。

最終更新日: 2020年5月27日

関連ページ:

外部ソース

このページのReSharperオプションでは、ReSharper が外部ソースに移動する方法を定義できます。デフォルトのVisual StudioナビゲーションVisual Studioナビゲーションを使用するには、このオプションをクリックします。外部ソースへのReSharperナビゲーションは無効...

ナビゲートして検索

ReSharperを使用すると、宣言、メンバー、メソッド呼び出し、継承階層、エラーなどを使用してソースコードを検索することができます。ナビゲーションと検索の範囲は、ソリューションのファイルに限定されません。必要に応じて、参照ライブラリのシンボルをナビゲーションまたは検索結果に含めることができます。オ...

アセンブリエクスプローラーウィンドウ

アセンブリー・エクスプローラーを使用すると、複数のアセンブリを開いて、開いているアセンブリとフォルダーのリストを保持できます。開いているすべてのアセンブリをトラバースして探索できます。アセンブリノードを展開すると、アセンブリ内の名前空間が一覧表示されます。この名前空間は、アセンブリ参照と同様に、型お...

メタデータビューに移動する

|メタデータビューThis command allows you to navigate to signatures of types and methods reconstructed from metadata of library symbols. Metadata View is shown...

現在のコンテキストをナビゲートする

ReSharperには、現在のコンテキストに基づいてコードをナビゲートするのに役立つ多くの機能があります。つまり、開いている文書とその中のキャレットの位置に従います。構造別にファイルをナビゲートする:ReSharperでは、ファイル構造ウィンドウを使って現在のドキュメントの構造をナビゲートすることが...

デコンパイルされたソースに移動する

|逆コンパイルされたソースこのコマンドを使用すると、逆コンパイルによって再構築されたライブラリタイプとメソッドの宣言に移動できます。コンパイルされたソースコードは、読み取り専用モードで再構築されたソースファイルとしてエディターに表示されます。関連するすべてのReSharperのナビゲーションおよび検...