ReSharper 2019.1ヘルプ

コード生成

ReSharperは、定型コードを生成するさまざまな方法を提供します。例:宣言されていないコードシンボルを使用し、これらのシンボルを用途に基づいて自動的に生成したり、型メンバーを生成したりすることができます。

現在のファイルで設計時コードインスペクションが有効になっている場合、ReSharperは足りないメンバーを検出し、足りないメンバーを実装するために対応するクイックフィックスを提案します。

Code Generation command in the action list

コンテキスト・アクションコードテンプレートでは、さらに多くのコードを生成する方法もあります。

本セクション:

新しいコードの生成方法を制御するには、主に2つの方法があります。

  • コードスタイルのさまざまな側面( 命名スタイルフォーマットルールなど)を設定します。ReSharperはコードを生成するときにその要件を強制します。

  • 型メンバーを生成するために、生成されたメンバーのデフォルトの本文コンテンツを選択できます。ReSharperオプションのコード編集 | メンバーの生成ページで、3つのオプションのうちの1つ(デフォルト値を返す NotImplementedException()、およびコンパイル不可コード)を選択できます。

ReSharperのコード生成機能のほとんどは、C#およびVisual Basic .NETで利用可能であり、いくつかは複数の言語で利用可能であり、その他は言語固有です。次の表に、コード生成機能とそれらがサポートされている言語/テクノロジを示します。

このセクション内のトピックで説明されている指示と例は、C#でのコード生成機能の使用に対処しています。特定の言語で使用できるコード生成機能の詳細については、言語別ReSharperの該当するトピックを参照してください。

最終更新日: 2019年7月16日

関連事項

関連ページ:

設計時にコード問題を検出

ReSharperは、エディターでコード・ファイルを開くとすぐに分析を開始し、最後まで編集を続けます。検出されたすべてのコードの問題は、重大度に従ってエディターで強調表示されます。問題のマップは、エディターウィンドウの右側のマーカーバーにも表示されます。ここでは、ファイルのステータスを即座に確認し、...

メンバーの実装/オーバーライド

|欠落メンバー/上書きメンバー/継承された型の場合、ReSharperには2つの関連するコード生成機能があります。不足しているメンバーの実装は、現在のクラスから欠落しているインターフェースメンバーまたは抽象メンバーを実装します。メンバーをオーバーライドするは不足しているメンバーの実装と同じですが、適...

コードの課題のクイックフィックス

ReSharperを使用すると、設計時に検出されたほとんどのコード課題を即座に修復できます。強調表示されたコードの課題で を押して、課題を解決したり最適以下のコードを改善したりするための適切な方法を選択するのと同じくらい簡単です。このトピックの内容:クイックフィックスの適用、Visual Stud...

コンテキスト・アクション

コンテキストアクションのいくつかの例をReSharperWebサイトでチェックすることができます。コンテキストアクションは、エディターで直接利用できるコード変換ヘルパーです。クイックフィックスとは対照的に、コンテキストアクションは問題の解決やコードの改善を目的としているためはなく、アクセス修飾子の変...

コード・テンプレート

ReSharperコードテンプレートを使用すると、事前定義済みのコード構成体をすばやく生成できます。すぐに使えるさまざまな言語用のテンプレートが多数ありますが、新しいテンプレートを作成したり、既存のテンプレートを編集したり、簡単に管理したりすることもできます。さらに、ReSharperは開発者のチー...

使用からコードを生成する

ReSharperでは、宣言する前にコードシンボル(クラス、メソッド、変数、プロパティー、フィールドなど)を使用できます。ReSharperが宣言されていないシンボルを検出すると、使用箇所に基づいて宣言を生成するための1つ以上のクイックフィックスを提案し、次に使用箇所コンテキストに従って宣言をスマー...