ReSharper 2020.2ヘルプ

XMLドキュメントのコメントの再フォーマット

ReSharperはあなたの好みに従ってXMLドキュメントのコメント(英語)を再フォーマットすることができます。

ReSharperは次のようなプレーンコメントを再フォーマットしないことに注意してください。
// A plain single-line comment
または
/* A plain multi-line comment */

XMLドキュメントコメントを再フォーマットするには、コードクリーンアップを使用します。デフォルトのプロファイルデフォルト: フルクリーンアップを使用してコードのクリーンアップを実行するか、特定のタスクのみを対象とするカスタムプロファイルを使用してコードをクリーンアップできます。

カスタムコードクリーンアッププロファイルを使用してXMLドキュメントコメントを再フォーマットする

  1. メインメニューからReSharper | オプションを選択するか、Alt+R Oを押します。

  2. コード編集 | XML文書コメント | スタイルの書式設定ページで、あなたのコーディング慣行や標準に準拠するようにフォーマット設定を構成します。

  3. クリーンアッププロファイル設定ページに移動します:コード編集 | コードのクリーンアップ | プロファイル

  4. 新しいカスタムクリーンアッププロファイルを作成するセクションの説明に従って、新しいプロファイルを作成します。新しいプロファイルの選択したプロファイル設定セクションで、C#、VB.NET、およびJavaScriptで使用可能な埋め込みXMLドキュメントコメントの再フォーマットチェックボックスを選択します。必要に応じて、このプロファイルで他のコードクリーンアップタスクを有効にすることができます。

  5. オプションダイアログで保存をクリックして変更を適用し、ReSharperに保存場所を選択させるか、次へ保存リストを使用して変更を特定の設定レイヤーに保存します。詳細については、ReSharper設定の管理と共有を参照してください。

  6. XML文書のコメントを再フォーマットする範囲を選択します。

    • XML文書のコメントをファイルに再フォーマットするには、ファイルのどこにでもキャレットを設定します。

    • ソリューション・エクスプローラーの1つまたは複数の項目を選択して、これらのノードおよびその子項目にあるファイル内のXML文書コメントを再フォーマットします。

  7. 以下のいずれか 1 つを実行します:

    • Control+Alt+F を押すか、メインメニューからReSharper | 編集 | コードのクリーンアップ...を選択します。

    • テキストエディターの任意の場所を右クリックするか、選択項目を右クリックし、コンテキストメニューでコードのクリーンアップを選択します。

  8. 開いているコードクリーンアップダイアログで、新しく作成したプロファイルを選択します。

  9. 実行をクリックします。ReSharperは、選択したスコープ内のXML文書コメントを再フォーマットします。

コードクリーンアップダイアログを開かずにXMLドキュメントのコメントを再フォーマットする場合は、作成したプロファイルをサイレントクリーンアップにバインドし、Control+Shift+Alt+Fを押して実行できます。XML docコメントの再フォーマットと他のコードスタイルタスクを組み合わせるカスタムクリーンアッププロファイルを作成することもできます。

この機能は、次の言語とテクノロジーでサポートされています。

Language: C#Language: VB.NETLanguage: C++Language: HTMLLanguage: ASP.NETLanguage: RazorLanguage: JavaScriptLanguage: TypeScriptLanguage: CSSLanguage: XMLLanguage: XAMLLanguage: ResxLanguage: Build ScriptsLanguage: ProtobufLanguage: JSON
Feature is available in C#Feature is available in Visual Basic .NETFeature is not available in C++Feature is not available in HTMLFeature is not available in ASP.NETFeature is not available in RazorFeature is available in JavaScriptFeature is available in TypeScriptFeature is not available in CSSFeature is not available in XMLFeature is not available in XAMLFeature is not available in Resource filesFeature is not available in build script filesFeature is not available in ProtobufFeature is not available in JSON

C#の機能の使用方法については、こちらの説明と例を参照してください。他言語の詳細については、言語によるReSharperの対応するトピックを参照してください。

最終更新日:

関連ページ:

コードのクリーンアップ

ReSharper | 編集 | コードのクリーンアップ...コマンドラインユーティリティを使用してコードのクリーンアップを実行することもできます。ReSharperを使用すると、フォーマットやその他のコードスタイル設定を一括モードで適用して、1つ以上のファイル、プロジェクト、またはソリューション全...

ReSharper設定の管理と共有

ReSharperは、階層化された設定のメカニズムを使用して環境設定を保存するため、次の利点があります。さまざまなソリューションで異なる設定を行うことができます。環境設定のさまざまなサブセットを別の場所に保存し、特定のソリューションで作業するときに環境設定を組み合わせることができます。例:記号のアイ...

コードクリーンアップダイアログ

ReSharper | 編集 | コードのクリーンアップ...コードのクリーンアップダイアログでは、利用可能なコードクリーンアッププロファイルを使用して、選択したスコープ内のコードをクリーンアップしたり、カスタムクリーンアッププロファイルを作成および編集したりできます。このダイアログでクリーンアップ...

コードインスペクション設定の構成

コード注釈を使用して、ReSharperがコードをインスペクションする方法をカスタマイズすることもできます。設計時コードインスペクションを構成する:デフォルトでは、ReSharperは、サポートされている言語に対応するすべてのファイルで設計時コードインスペクションを有効にします。必要に応じて、無効に...

ASP.NET MVC特有の機能

ReSharperには、一般的なASP.NET機能に加えて、ASP.NET MVCでの作業をより簡単にサポートする特殊機能があります。構文の強調表示:ASP.NET MVCメソッド呼び出しとパラメーターの特別な構文の強調表示:コード補完:文字列リテラルでアクションとコントローラーを参照するための専用...

言語によるReSharper: MSビルド

MSBuildは、アプリケーションを構築するために広く使用されているプラットフォームです。特定のXMLタグを使用して、プロジェクトの構築方法や実行方法を定義できます。ReSharperを使用すると、より速く行うことができます。ビルドスクリプトファイルでReSharper機能を無効にするには、ReSh...