ReSharper 2019.2ヘルプ

Visual Basic .NETでコードインスペクションとクイックフィックス

C#(バリュートラッキングを除く)で利用可能なほとんどのReSharperのコード解析機能は、VB.NETでもサポートされています。これらの機能の詳細については、コード解析の該当するトピックを参照してください。

このトピックでは、VB.NETのコード分析機能の使用例をいくつか見つけることができます。

コード・インスペクション

ReSharperの静的コード解析では、VB.NETコードで150以上の異なるエラーと問題を検出できます。

分析は、コードインスペクション現在の文書または指定された範囲に適用することによって実行されます。

ReSharper: Error highlighting in Visual Basic .NET

VB.NETで使用可能なインスペクションのリストを調べるには、ReSharperオプション(Alt+R,,O)のコード・インスペクション | インスペクション重大度ページを開き、VB.NETノードを展開します。

ソリューション全体の分析

ReSharperは、現在のファイルのエラーを分析するだけでなく、ファイル間の依存関係を考慮してソリューション全体をインスペクションします。ソリューション内のエラーウィンドウで分析結果を表示します。詳細は、ソリューション全体の分析を参照してください。

ReSharper: Visual Basic support. Errors in Solution

これを調べる

これを調べるは、いくつかの強力な分析機能のショートカットで、値とメソッド呼び出しがコードをどのように流れているかを見ることができます。使用可能な機能のリストは、現在のコンテキストによって異なります。

ReSharper: Visual Basic support. Inspect This
詳細については、コールトラッキングバリュートラッキングおよび型階層を調べるを参照してください。

クイックフィックスの例

余分な「インポート」を削除

特定のネームスペースからのシンボルがどれも使用されていない場合、対応する Imports ディレクティブは冗長と見なされます。

ReSharper: Remove redundant imports in Visual Basic

ReSharperは、そのような指示文をすべてファイルから削除するためのクイックフィックスを提供します。

ReSharper: Remove redundant imports in Visual Basic

インポートタイプ

インポートされていないネームスペースからシンボルを使用する場合、ReSharperは対応するネームスペースをインポートすることを提案し、必要なクイックフィックスを提供します。

ReSharper: Import namespace in Visual Basic

'非同期'修飾子を追加する

非同期操作は同期プログラミングに比べていくつかの利点があるため、ReSharperは時代に追いついて非同期プログラミングの言語機能を完全にサポートしています。

ReSharper: Visual Basic support. Add 'Async' modifier quick-fix
GetQuotesAsync 関数には await 演算子が含まれていますが、この関数は非同期として定義されていません。ReSharperはこのような不一致を検出し、'非同期'修飾子を追加するクイックフィックスを使用してコードを改善するよう促します。クイックフィックスを適用すると、不足している修飾子が関数宣言に追加されます。

タイプの変更

メソッドの引数の型が対応するメソッドパラメータの型と一致しない場合、ReSharperは引数の型を変更することを提案し、必要なクイックフィックスを提供します。

ReSharper: Visual Basic support. Change type quick-fix

コンストラクターパラメータから自動プロパティーを初期化する

コンストラクターパラメータがあり、そのパラメータの値で既存の自動プロパティーを初期化したい場合は、このクイックフィックスを使用してください。

ReSharper: Visual Basic support. Initialize auto-property from constructor parameter
ReSharper: Visual Basic support. Initialize auto-property from constructor parameter

用途からメソッドを作成

まだ存在しないメソッドの呼び出しがある場合、ReSharperはそのようなメソッドを作成するために必要なクイックフィックスを提供します。

ReSharper: Visual Basic support. Create method from usage
ReSharper: Visual Basic support. Create method from usage
最終更新日: 2019年11月18日

関連ページ:

バリュートラッキング

/バリュートラッキングを使用すると、特定のタイプの値を調べ、プログラム内の特定のポイントに間違った値がどのように渡されたのか、次に渡される可能性があるかどうかを判断できます。これにより、可能な、不適切な動作、および不正確な値が得られる理由を調べるのに役立ちます。インスペクション結果ウィンドウの任意の...

コード解析

ReSharperは、エディター内の単一のステートメントから、ソリューション全体のアーキテクチャまで、さまざまなレベルのコードを分析できます。コードの課題を見つける:ReSharperは、C#、VB.NET、XAML、XML、ASP.NET、ASP.NET MVC、Razor、JavaScript、...

コード・インスペクション

ReSharperはサポートされているすべての言語で2500以上のインスペクションを提供します。これらのインスペクションは、開いているすべてのファイルで設計時にコードの課題を検出して強調表示するため、および/または特定の範囲内ですべてのコードの課題を見つけるために使用されます。インスペクション Re...

設計時にコードの課題を検出する

ReSharperは、エディターでコード・ファイルを開くとすぐに分析を開始し、最後まで編集を続けます。検出されたすべてのコードの課題は、重大度に従ってエディターで強調表示されます。課題のマップは、エディターウィンドウの右側のマーカーバーにも表示されます。ここでは、ファイルのステータスを即座に確認し、...

特定の範囲でコードの課題を見つける

設計時コードインスペクションは、エディターでコーディングしたり、特定のファイルを見直したりするときに役立ちます。ただし、ReSharperを使用すると、ソリューション全体または狭い範囲でスタティックコード分析を実行し、結果をフレンドリーな視点で調べることもできます。必要に応じてインスペクション結果を...

ソリューション全体の分析

ソリューション全体の分析では、プロジェクトのコンパイルを妨げないものを含め、サポートされているすべての言語でエラーが検出されます。プロジェクトにこのようなファイル(JavaScript、CSS、HTMLなど)が含まれている場合、ソリューション全体の分析は、それ以外の場合は実行時にのみ検出される可能性...