ReSharper 2019.2ヘルプ

コード補完 (IntelliSense)

ReSharperは、高度な機能を備えたVisual Studioのネイティブコード補完(IntelliSense)を補完し、拡張します。例:あなたの入力に基づいて提案のリストを絞り込み、選択したタイプと拡張メソッドを自動的にインポートし、メソッド名を補完するときに括弧を追加し、タイプに応じて変数とフィールド名を提案するなど。

ReSharperのコード補完の機能に慣れ親しむために、いくつかの実装の基本があります:

  • デフォルトでは、ReSharperはネイティブのVisual StudioのIntelliSenseを独自の機能で置き換えます。新しい識別子の入力を開始するとすぐに、自動補完の候補リストが表示されます。デフォルトのVisual Studio IntelliSenseショートカット Ctrl+Spaceを押すと、基本補完の候補リストが表示されます。
    必要に応じて、いつでもネイティブのVisual StudioのIntelliSenseに戻ることができます。これを行うには、ReSharperオプションの環境 | IntelliSense | 一般ページでVisual Studioを選択します。

  • 他の2つの補完コマンドスマート補完 Ctrl+Shift+Space およびインポート・シンボル補完 Ctrl+Alt+Spaceは、標準の補完コマンドで選択されたオプションとは無関係に常に使用可能であり、高度なアルゴリズムを適用して候補リストに項目を追加します。

  • すべてのReSharperの補完ショートカットは、複数回連続して押すことができます。この場合、ReSharperはさらに補完リストに提案を加えます。詳細については、ダブル補完を参照してください。

  • デフォルトでは、ReSharperの補完機能はすべてキャメルハンプをサポートしています。つまり、複合名の部分の頭文字を入力すると、その名前が候補のリストに表示されます。
    必要に応じて、ReSharperオプションの環境 | IntelliSense | 補完の振る舞いページの識別子の中間一致チェックボックスをオフにしてキャメルハンプを無効にすることができます。

ReSharperのコード補完の機能がVisual StudioのネイティブIntelliSenseとどのように異なるかを示す他の一般的な点は次のとおりです。

  • 入力するにつれて、入力候補に合わせて補完候補のリストが絞り込まれます。必要に応じて、ReSharperオプションの環境 | IntelliSense | 補完の振る舞いページの対応するチェックボックスをクリアすることでこれをオフにすることができます。ReSharperオプションの環境 | IntelliSense | 補完外観ページで対応するオプションを使用して、補完リストの初期サイズを指定することもできます。

  • 継承されたメンバーとは対照的に、タイプの即時メンバーが強調されます。

  • リストから提案を選択すると、ReSharperはXMLドキュメントから取得したサマリーを表示します。ReSharperオプションの環境 | IntelliSense | 補完外観ページで要約を表示チェックボックスをクリアすることでこれを無効にすることができます。

  • デフォルトでは、メソッドのすべてのオーバーロードは、候補リストに署名なしの単一のメソッド名として表示されます。それを選択すると、もしあれば、オーバーロードのリストがポップアップで表示され、そこで調べることができます。Pouupの署名を切り替えるには、Ctrl+Pを押します。補完リストでオーバーロードされたメソッドの各シグネチャーを別々に表示したい場合は、ReSharperオプションの環境 | IntelliSense | 補完外観ページでメンバーの署名を表示するを選択してください。

  • 適用可能な場合、コード補完は、インデクサーと型メンバーを提案し、インデクサーが選択された場合にはそれに応じて式の構文を修正します。

  • フィールドと区別するために、パラメータとローカル変数のカスタムアイコンが用意されています。

  • 既存のコード項目にコード補完を使用する場合は、Enter を押して選択した補完候補を挿入するか、Tab を押して既存の識別子を選択した候補に置き換えます(必要に応じて、ReSharperオプションの環境 | IntelliSense | 補完文字ページでデフォルトのショートカットを変更できます) )。

  • フィールド、メソッドパラメータ、またはローカル変数を宣言すると、ReSharperは現在のコンテキスト内の他の名前と命名規則を考慮して選択可能な名前のリストを提案します。

本セクション:

最終更新日: 2019年9月17日

関連事項

関連ページ:

自動補完

ReSharperの自動補完は、クラス、メソッド、変数、キーワード、および以前にインポートされた拡張メソッドを含む現在の可視性スコープ内で利用可能な他のシンボルの名前を提案します。ライブテンプレート、コード生成の提案、単体テストカテゴリなど、他の多くのコンテキスト固有の提案も補完リストで利用できます...

基本補完

ReSharperの基本的な完成度は、クラス、メソッド、変数、キーワード、および以前にインポートされた拡張メソッドを含む現在の可視性スコープ内で使用可能な他のシンボルの名前を提案します。ライブテンプレート、コード生成の提案、単体テストカテゴリなど、他の多くのコンテキスト固有の提案も補完リストで利用で...

スマート補完

このコマンドは、型、メソッド、および変数のリストをフィルタして、式の予想される型に一致させます。ReSharperが、代入、変数初期化子、またはreturn文の右辺など、期待される式の型を決定できる限り、どこでも動作します。いくつかのリターンタイプが可能な場合、ReSharperは適用可能なタイプの...

インポート・シンボル補完

このコマンドは、名前空間が現在のファイルにインポートされているかどうかにかかわらず、現在のプロジェクトで参照されているモジュールの型と拡張メソッドを示します。提案された各項目の名前空間は、候補リストの右側に表示されます。インポートされていないタイプを選択すると、必要な名前空間のインポート指示が自動的...

ダブル補完

すべてのReSharperの補完ショートカットは、複数回連続して押すことができます。この場合、ReSharperはさらに補完リストに提案を加えます。新しい提案には緑色の縦線が付いているため、簡単に見つけることができます。必要に応じて、ReSharperオプション(Alt+R,,O)のページの新しい項...

キャメルハンプ

キャメルハンプは、各パートが大文字で始まるCamelCase、または複合名の一部がアンダースコアで区切られた複合名の一部を識別する機能です。これらの部分の最初の文字だけを入力することができ、ReSharperは自動的に名前が一致する項目を検索します。検索コマンドのキャメルハンプ:キャメルハンプは常に...