ReSharper 2019.1ヘルプ

コードの構文スタイル: オプションのメンバー限定子

C#では、this キーワードを使用してインスタンスメンバーを修飾し、型名または基本型名を使用して静的メンバーを修飾できます。これらの修飾子は、ローカル変数またはメソッドパラメータによって隠されたメンバーを明確にするのに役立ちます。他のすべての場合では、これらの修飾子はオプションであり、使用するかどうかは自分で決めることができます。ReSharperを使用すると、オプションの修飾子を使用するための設定を構成し、それらの設定を適用できます。

ReSharperを使用すると、既存のコードでオプションのメンバー修飾子を調整したり、コード補完コード生成機能を使用して新しいコードを作成したり、コードテンプレートを適用したり、リファクタリングを実行するときに設定を考慮できます。

オプションのメンバー修飾子の設定を強制する

デフォルトでは、ReSharperはすべてのオプションのメンバー修飾子を重複として扱い、削除することを提案します。

Suggestion to remove redundant qualifier

オプションの修飾子を使用する場合は、以下で説明するように明示的に指定する必要があります: 例:宣言されている型で静的メソッドを修飾する方が好きかもしれません:

Preferences for member qualifiers

設定を変更するとすぐに、ReSharperは同じコードを異なる方法で扱い、対応する修正を提案します:

Suggestion to qualify with the base type name

一括モードでメンバー修飾子の設定を強制するもう1つのオプションは、コードのクリーンアップです。以下で説明するように、デフォルトプロファイルデフォルト: フルクリーンアップを使用してコードのクリーンアップを実行することも、特定のタスクのみを対象としたカスタムプロファイルを使用してクリーンアップを実行することもできます。

カスタムコードクリーンアッププロファイルでメンバー修飾子のプリファレンスを適用するには

  1. メインメニューでReSharper | オプションを選択します。

  2. コードクリーンアップの設定ページコード編集 | コードのクリーンアップに移動します。

  3. 新しいカスタムクリーンアッププロファイルを作成するにはセクションの説明に従って、新しいプロファイルを作成します。新しいプロファイルの選択したプロファイル設定セクションで、修飾子の配置チェックボックスをオンにします。必要に応じて、このプロファイルで他のコードクリーンアップタスクを有効にすることができます。

  4. 保存をクリックして変更を適用し、ReSharperに保存場所を選択させるか、次へ保存ドロップダウンリストを使用して特定の設定レイヤーに変更を保存します。詳細については、「 resharper設定の管理と共有 」を参照してください。

  5. 設定を適用する範囲を選択します。
    • ファイルの任意の場所にキャレットを設定して、ファイルの設定を強制します。

    • ソリューション・エクスプローラー内の1つまたは複数の項目を選択して、これらのノードおよびその子項目にあるファイルに設定を適用します。

  6. 以下のいずれか 1 つを実行します:
    • Ctrl+Alt+F を押すか、メインメニューからReSharper | 編集 | コードのクリーンアップを選択してください。

    • テキストエディターの任意の場所を右クリックするか、選択項目を右クリックし、コンテキストメニューでコードのクリーンアップを選択します。

  7. 開いているコードクリーンアップダイアログで、新しく作成したプロファイルを選択します。

  8. 実行をクリックします。ReSharperは、選択した範囲であなたの設定を強制します。

コードクリーンアップダイアログを開かずにメンバー修飾子の設定を適用したい場合は、作成したプロファイルをサイレントクリーンアップにバインドし、Ctrl+Shift+Alt+Fを押すだけで実行できます。プリファレンスの適用と他のコードスタイルのタスクを組み合わせたカスタムクリーンアッププロファイルを作成することもできます。

オプションのメンバー修飾子の設定

メンバー限定のスタイル設定は、レイヤーベースの設定のメカニズムを使用して保存されます。とりわけ、このメカニズムにより、さまざまなソリューションのさまざまな設定を維持したり、これらの設定をVCSに保持したり、チームメンバーと自動的に共有することができます。

メンバーの修飾子の設定を行うには

  1. ReSharperオプションのコード編集 | C# | コード・スタイルページに移動します。

  2. インスタンスメンバー資格および静的メンバー資格カテゴリの設定を、コーディングのプラクティス/標準に従って変更します。

  3. 右側の列の通知するセレクタを使用すると、好みとは異なるコードを検出するコードインスペクション重大度を設定できます。

  4. 保存をクリックして変更を適用し、ReSharperに保存場所を選択させるか、次へ保存ドロップダウンリストを使用して特定の設定レイヤーに変更を保存します。詳細については、「 resharper設定の管理と共有 」を参照してください。

この機能は、次の言語とテクノロジでサポートされています。

Language: C#Language: VB.NETLanguage: C++Language: HTMLLanguage: ASP.NETLanguage: RazorLanguage: JavaScriptLanguage: TypeScriptLanguage: CSSLanguage: XMLLanguage: XAMLLanguage: ResxLanguage: Build ScriptsLanguage: ProtobufLanguage: JSON
Feature is availableFeature is not availableFeature is availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not available
最終更新日: 2019年6月7日

関連事項

関連ページ:

コード・インスペクション: ローカル変数がメンバーを隠す

フィールドと同じ名前のローカル変数を持つと、メンバーフィールドが効果的に隠されます。次に例を示します。このインスペクションを設定することができます:関連するすべての問題を無視するように無効にする特定の問題を無視するコード内の任意の場所でそれを抑制する重大度を変更して、検出された問題の重要性を軽減する...

コード生成

ReSharperは、定型コードを生成するさまざまな方法を提供します。例:宣言されていないコードシンボルを使用し、これらのシンボルを用途に基づいて自動的に生成したり、型メンバーを生成したりすることができます。現在のファイルで設計時コードインスペクションが有効になっている場合、ReSharperは足り...

コードインスペクションの設定

コード注釈を使用して、ReSharperがコードをインスペクションする方法をカスタマイズすることもできます。デザインタイムコードインスペクションの切り替え:デフォルトでは、ReSharperはサポートされている言語に対応するすべてのファイルで設計時コードインスペクションを有効にします。必要に応じて、...

ReSharper設定の管理と共有

ReSharperは、階層化された設定のメカニズムを使用して環境設定を保存するため、次の利点があります。さまざまなソリューションで異なる設定を行うことができます。環境設定のさまざまなサブセットを別の場所に保存し、特定のソリューションで作業するときに環境設定を組み合わせることができます。例:記号のアイ...

コードクリーンアップダイアログ

コードのクリーンアップダイアログを使用すると、利用可能なコードクリーンアッププロファイルを使用して、選択した範囲内のコードをクリーンアップし たり、カスタムクリーンアッププロファイルを作成および編集したりできます。このダイアログでクリーンアッププロファイルを作成または変更した場合、その変更はスマート...

コード・インスペクション

ReSharperはすべてのサポートされている言語で2500コードインスペクションを提供します。これらのインスペクションは、開いているすべてのファイルで設計時にコードの問題を検出して強調表示するため、および/または特定の範囲内ですべてのコードの問題を見つけるために使用されます。エディターで強調表示さ...