ReSharper 2020.1ヘルプ

コードの構文スタイル: 名前付き/位置引数

特定のタイプのパラメーターに名前付き引数(英語)を使用したい場合は、ReSharperを使用してこのプラクティスを実施できます。

次のメソッド呼び出しを考えてみましょう。

AddCheckbox(true, true, "AutoFill", null);

このコードを読むときは、メソッドシグネチャーを停止して調査し、ここで何が起こるかを理解する必要があります( パラメータ情報のツールチップを使用するか、メソッド宣言に移動することで実行できます)。名前付き引数を使用すると、同じ呼び出しがより明確になります。

AddCheckbox(enabled: true, value: true, label: "AutoFill", tooltip: null);

特定の型に対して名前付き引数を使用したい場合は、ReSharperの助けを借りてこの優先順位を適用することができます。

ReSharperを使用すると、既存のコードに引数を配置したり、コード補完とコード生成機能を使用して新しいコードを生成したり、コードテンプレートを適用したり、リファクタリングを実行したりするときに好みを考慮できます。

引数にスタイル設定を適用する

デフォルトでは、ReSharperはあらゆる場所で位置引数を使用することを推奨しており、名前付き引数を必要とするパラメーターのタイプを明示的に指定する必要があります。設定に応じて、ReSharperは、名前を必要とする位置引数または位置でなければならない名前付き引数を強調表示し、対応するクイックフィックスまたはスコープ内の修正を提案します。

Quick fix that help you add or remove argument names

引数のスタイル設定をしていなくても、名前付き引数または定位置引数で常に Alt+Enter を押して、対応するコンテキストアクションで引数名を追加または削除することができます。

Context action to add or remove argument names

一括モードで名前付き/位置引数の設定を強制するもう1つのオプションは、コードのクリーンアップです。デフォルトのプロファイルフルクリーンアップまたは再フォーマットして構文スタイルを適用のいずれかを使用してコードのクリーンアップを実行するか、または以下に説明されているように特定のタスク専用のカスタムプロファイルを作成して実行することができます。

カスタムコードクリーンアッププロファイルで引数スタイルを適用する

  1. メインメニューからReSharper | オプションを選択するか、Alt+R,Oを押します。

  2. コードクリーンアップの設定ページコード編集 | コードのクリーンアップに移動します。

  3. 新しいカスタムクリーンアッププロファイルを作成するセクションの説明に従って、新しいプロファイルを作成します。新しいプロファイルの選択したプロファイル設定セクションで、引数のスタイルを適用するチェックボックスをオンにします。必要に応じて、このプロファイルで他のコードクリーンアップタスクを有効にすることができます。

  4. 保存をクリックして変更を適用し、ReSharperに保存先を選択させるか、次へ保存リストを使用して特定の設定レイヤーに変更を保存します。詳細については、再シャーパー設定の管理と共有を参照してください。

  5. 設定を適用する範囲を選択します。

    • ファイルの任意の場所にキャレットを設定して、ファイルの設定を強制します。

    • ソリューション・エクスプローラー内の1つまたは複数の項目を選択して、これらのノードおよびその子項目にあるファイルに設定を適用します。

  6. 以下のいずれか 1 つを実行します:

    • Ctrl+Alt+F を押すか、メインメニューからReSharper | 編集 | コードのクリーンアップを選択してください。

    • テキストエディターの任意の場所を右クリックするか、選択項目を右クリックし、コンテキストメニューでコードのクリーンアップを選択します。

  7. 開いているコードクリーンアップダイアログで、新しく作成したプロファイルを選択します。

  8. 実行をクリックします。ReSharperは、選択した範囲であなたの設定を強制します。

コードクリーンアップダイアログを開かずに引数を整理する場合、デフォルトのコードの再フォーマットプロファイルをサイレントクリーンアップにバインドし、Ctrl+Shift+Alt+Fを押して実行できます。また、引数の配置を他のコードスタイルのタスクと組み合わせるカスタムクリーンアッププロファイルを作成することもできます。

名前付き/位置引数の設定を構成する

引数のスタイル設定は、レイヤーベースの設定のメカニズムを使用して保存されます。とりわけ、このメカニズムにより、さまざまなソリューションのさまざまな設定を維持したり、これらの設定をVCSに保持したり、チームメンバーと自動的に共有することができます。

引数スタイルの設定を構成する

  1. ReSharperオプション(Alt+R,O)のコード編集 | C# | 構文スタイルページに移動します。

  2. 引数カテゴリで、特定のパラメータタイプに名前付き引数または位置引数を使用するかどうかを選択します。リテラル値は、ストリングを除くすべてのリテラル(bool , int , doubleなど)を参照することに注意してください。文字列の設定は、文字列リテラル値セレクターで定義されます。
    カテゴリーその他は、条件式、null結合、バイナリー、呼び出し、または typeof 式など、他のすべての式タイプに適用されます

  3. 右側の列の通知するセレクタを使用すると、好みとは異なるコードを検出するコードインスペクション重大度を設定できます。

  4. 保存をクリックして変更を適用し、ReSharperに保存先を選択させるか、次へ保存リストを使用して特定の設定レイヤーに変更を保存します。詳細については、再シャーパー設定の管理と共有を参照してください。

また、エディターで引数を整理するための設定を変更することもできます。ここでは、対応する課題が強調表示されています。

エディターで名前付き/位置引数の設定を変更

  1. ReSharperのインスペクションによって強調表示されたコードの課題にキャレットを設定します。

  2. Alt+Enter を押すか、キャレットの左側にあるアクションインジケーターをクリックして、アクションリストを開きます。

  3. アクションリストで、インスペクション "優先引数スタイルを使用してください..." | コードスタイルを設定するを選択し、希望のオプションを選択します。

    Changing the preference for named/positional arguments in the editor

  4. 変更はスマートセーブロジックを使用して保存されます。

  5. 変更されたスタイル設定を共有設定レイヤーに保存する必要がある場合は、コードスタイルを設定するメニュー項目をクリックするか、選択されているときに Enter を押します。ReSharperは、ReSharperオプション(Alt+R,O)のコード編集 | C# | 構文スタイルページを開きます。ここで、必要に応じて設定を変更し、次へ保存をクリックして、目的の設定レイヤーを選択します。

この機能は、次の言語とテクノロジでサポートされています。

Language: C#Language: VB.NETLanguage: C++Language: HTMLLanguage: ASP.NETLanguage: RazorLanguage: JavaScriptLanguage: TypeScriptLanguage: CSSLanguage: XMLLanguage: XAMLLanguage: ResxLanguage: Build ScriptsLanguage: ProtobufLanguage: JSON
Feature is availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not availableFeature is not available
最終更新日: 2020年7月2日

関連ページ:

パラメータ情報

関数呼び出しを書いたり調べたりしているときはいつでも、ReSharperは関数のすべてのオーバーロードに対して許可された引数に関する詳細を表示できます。ツールチップでは、パラメータを持つすべてのパブリックシグニチャと、存在する場合は関数のドキュメントから取得した簡単な説明が表示されます。また、パラメ...

宣言に移動

このコマンドを使用して、任意のシンボル使用からシンボルの宣言に移動します。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウおよびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。反対方向(シンボルの使用箇所)にナビゲートするには、すでにシンボル宣言にいるときに宣言に移動コマン...

コード補完 (IntelliSense)

ReSharperは、高度な機能を備えたVisual Studioのネイティブコード補完(IntelliSense)を補完し、拡張します。例:あなたの入力に基づいて提案のリストを絞り込み、選択したタイプと拡張メソッドを自動的にインポートし、メソッド名を補完するときに括弧を追加し、タイプに応じて変数と...

コード生成

ReSharperは、定型コードを生成するさまざまな方法を提供します。例:宣言されていないコードシンボルを使用し、これらのシンボルを用途に基づいて自動的に生成したり、型メンバーを生成したりすることができます。現在のファイルで設計時コードインスペクションが有効になっている場合、ReSharperは足り...

インレイ・ヒント

インレイヒントは、コードの読みやすさを向上させる構成可能なエディター装飾です。パラメーター名ヒント:メソッド呼び出しで名前付き引数を記述する代わりに、ReSharperのパラメーター名ヒントを使用できます。これは、メソッド呼び出しで対応する引数の隣にパラメーター名を表示するエディターの装飾です。次の...

設計時にコードの課題を検出する

ReSharperは、エディターでコード・ファイルを開くとすぐに分析を開始し、最後まで編集を続けます。検出されたすべてのコードの課題は、重大度に従ってエディターで強調表示されます。課題のマップは、エディターウィンドウの右側のマーカーバーにも表示されます。ここでは、ファイルのステータスを即座に確認し、...