ReSharper 2019.3ヘルプ

アクションインジケータとアクションリスト

Alt+Enter
ReSharper_AltEnter

ReSharperがVisual Studioテキストエディターに追加する最も注目すべきものには、アクションインジケータアクションリストがあります。これらは、ReSharperでサポートされるすべてのファイル(C#、VB.NET、XML、CSS、JavaScript、ASP.NETなど)に表示され、使用可能なアクションについて通知し、それらの適用を支援します。

アクションインジケータ

アクションインジケータ - 設定に応じて、アクションバーの左端やテキストエディターの本文に表示されるアイコンです。これらのアイコンは、対応する行とカーソル位置で利用可能なアクションを識別します。同じ場所で利用可能なアクションが複数ある場合は、最も優先順位の高いアクションに対応するアイコンが表示されます。

アクションインジケータには、固定インジケータと状況依存インジケータの2種類があります。

固定インジケータ

固定インジケータは常に表示され、以下について通知します。

  • Test —メソッドは単体テストであり、実行およびデバッグできます。

  • Test —クラスは単体テストクラスであり、含まれるテストを実行およびデバッグできます。

  • Passed —前回の実行中に合格した単体テスト。

  • Passed —前回の実行中に合格した単体テストクラスのテスト。

  • Failed —ユニットテストは最後の実行中に失敗しました。

  • Failed —ユニットテストクラスの少なくとも1つのテストが最後の実行中に失敗しました。

  • Ignored —ユニットテストは最後の実行中に無視されました。

  • Ignored —ユニットテストクラスのすべてのテストは、最後の実行中に無視されます。

  • ThemedIcon HasImplementations Screen Gray —インターフェースには実装があり、これらの実装に移動できます。

  • ThemedIcon HasOverrides Screen Gray —タイプは他の場所でオーバーライドされ、これらのオーバーライドに移動できます。

  • ThemedIcon Implements Screen Gray —メンバーはインターフェースメソッドを実装し、そこに移動できます。

  • ThemedIcon Overrides Screen Gray —メンバーは継承された仮想または抽象メンバーをオーバーライドし、そこに移動できます。

  • ThemedIcon Recursion Screen Gray —呼び出しは再帰的です。これが末尾呼び出しである場合、ReSharperはクイックフィックスを提案して、再帰を反復で置き換えます(英語)

  • ThemedIcon Hides Screen Gray —メンバーは、オーバーライドすることなく、基本クラスで同じメンバーを非表示にします。

  • ThemedIcon SpecificCulture Screen Gray —リソースは特定のカルチャに対してオーバーライドされ、派生定義に移動できます。

  • ThemedIcon BaseCulture Screen Gray —リソースは基本カルチャで定義され、デフォルトカルチャの定義に移動できます。

  • ThemedIcon Bookmark3 Screen Gray —この行にはブックマークがあります。

  • ThemedIcon RunDebug Screen Gray —静的メソッドには実行構成があります

  • ThemedIcon Switch Screen Gray — ReSharper C++またはReSharper Ultimateを使用する場合、このインジケーターはC++ヘッダーおよびソースファイルに表示され、クラステンプレートに宣言/定義が現在のシンボルまたは主なテンプレート/専門分野のいずれかがあることを通知します。このインジケータを使用して、対応するアイテムに移動できます。

キャレットに敏感なインジケータ

キャレットをコード内の特定の場所に設定し、この場所で役立つ可能性のあるアクションを1つ以上提案すると、キャレットに敏感なインジケータが表示されます。

ほとんどの場合、ReSharperはキャレット位置にいくつかのアクションを示すことができます。より高い優先度を持つ特定のアクションのインジケータが優先度を下げていくつかのアクションを隠すことがよくあります。

以下のリストのCaret-sensitiveアクションインジケータは、優先順位の高い順に(高い順に)表示されます。

アクションリスト

キャレットが対応する位置にあるときに特定のアクションインジケーターをクリックするか、Alt+Enter を押すと、利用可能なすべてのアクションがアクションリストというポップアップに表示されます。

Action list

提案を使用するかどうかは自由に選択できますが、現行のキャレット位置で入手可能なものを見てみる価値があります。

アクションリストには検索 ThemedIcon QuickSearch Screen Gray アイコンも表示されます。アクション名または関連語を入力し始めると、アクションリストから直接アクションに移動できることがわかります。

ReSharperがキャレットで1つ以上のコードの課題を検出した場合、設定可能なインスペクションで検出された各課題のインスペクション [インスペクション名]ThemedIcon Settings Screen Gray サブメニューがアクションリストに表示されます。このサブメニューの項目を使用して、対応するインスペクションのオプションを設定できます

ReSharper: Code inspection options in Alt+Enter menu
最終更新日: 2020年1月14日

関連ページ:

エディターの外観

このReSharperオプションのページでは、ReSharperの機能をエディターに表示する方法を調整できます。強調表示現在行の強調表示このチェックボックスを選択すると、コードの操作中に現在の行が強調表示されます。Visual Studioのオプションで、を選択し、ReSharperの現在の行表示ア...

アクションバー

デフォルトでは、ReSharperはアクションバー(テキストエディターの左マージンの横にある垂直バー)のすべてのアクションインジケーターを表示します。ReSharperオプションのページで設定可能なアクションバーを有効にするオプションを使用して、バーを非表示にすることができます。この場合、固定アクシ...

現在のドキュメントで単体テストを処理する

ユニットテストの支援は、他のJetBrains .NET製品を拡張することができます:ユニットテストをプロファイルできdotTraceとでユニットテストのコードカバレッジ分析dotCoverを。これらの製品はReSharper Ultimateにも含まれています。現在のドキュメントのテストを理解する...

コードの課題のクイックフィックス

ReSharperを使用すると、設計時に検出されたほとんどのコード課題を即座に修復できます。強調表示されたコードの課題で を押して、課題を解決したり最適以下のコードを改善したりするための適切な方法を選択するのと同じくらい簡単です。クイックフィックスを適用する:クイックフィックスは、強調表示されたコ...

ブックマーク

後でコード内のある場所に戻りたい場合は、ソリューション内またはライブラリーコード内の任意のコード行をブックマークでマークできます。使用できるブックマークには次の2種類があります。ニーモニックのブックマーク—現在のソリューションの上位10位のように、しばしば参照するコード行をマークするのに最も役立ちま...

実行設定

ReSharperは、ソリューションの複数の実行構成の作成、管理、実行を支援します。実行構成では、プロジェクト、静的メソッドまたは実行可能ファイルを実行またはデバッグできます。ReSharper Ultimateライセンスを持っている場合、JetBrains dotTraceで実行構成をプロファイル...