PyCharm 2019.1ヘルプ

SQL ステートメント

SQL文を実行する

  1. ステートメント内にカーソルを置きます。

  2. Ctrl+Enterを押します。または、ツールバーの実行アイコン The Execute icon をクリックします。

    複数のステートメントがある場合は、すべてのステートメントを実行するか、単一のステートメントを実行するかを選択します。候補リストには、常にすべてのステートメントを実行するための項目が含まれています。

Run a query

パラメータ化された文の実行

文にパラメータがある場合は、文を実行する前にパラメータの値を指定する必要があります。

パラメータ化された文を実行するには、ツールバーの実行ボタン the Execute button をクリックして、2列目に値を入力します。あるいは、パラメーターダイアログを開くには、表示パラメータボタン(the View Parameters button)をクリックします。

Execute a parametrized statement

ステートメントのグループを実行する

一連のステートメントを実行するには、必要なステートメントを選択して実行ボタン(the Execute button)をクリックします。

Execute a group of statements

コンソールですべてのステートメントを実行する

コンソールですべてのステートメントを実行するには、(実行コマンドの代わりに)実行 '<console_name>'コマンドを使用します。

コンソールタブまたはコンソール内の任意の領域を右クリックして、実行 '<console_name>'を選択します。

実行 '<console_name>'コマンドには以下の制限があります。

  • パラメータ付きの文はスキップされます。

  • SELECT ステートメントの取得データは表示されません。

Execute all statements in a console

文の一部を実行する

文の一部(副問合せなど)を実行するには、実行するフラグメントを選択して実行ボタン(the Execute button)をクリックします。

Execute a part of a statement

実行された文の履歴を表示する

PyCharmは、実行したすべてのステートメントの履歴を保管します。

ヒストリーダイアログを開くには、the History button をクリックするか Ctrl+Alt+Eを押します。

  • 情報をフィルタするには、検索クエリを入力してください。

  • ヒストリーダイアログからコンソールにクエリを貼り付けるには、ヒストリーダイアログの左ペインにあるクエリをダブルクリックします。

  • 履歴からレコードを削除するには、レコードを選択して Deleteを押します。

View history of executed queries

実行中の文を停止する

現在のステートメントの実行を終了するには、切断ボタン(the Disconnect button)をクリックするか、Ctrl+F2を押します。

Terminate statement execution

SELECTステートメントの結果をファイルに保存する

  1. SELECT ステートメントを右クリックします。

  2. ファイルへ実行を選択して、出力フォーマットを選択してください。

  3. ファイルの場所と名前を指定してください。

Save the result of a SELECT statement into a file

テーブルとしてINSERTステートメントのデータを編集する

  1. 編集したい INSERT ステートメントを選択します

  2. 選択を右クリックしてテーブルとして編集をクリックします。

Edit data in INSERT statements as a table

ストアドプロシージャを実行する

ストアドプロシージャは、名前が割り当てられた一連のSQL文です。

  1. 実行するストアドファンクションを右クリックします。

  2. 実行ルーチンウィンドウで、必要なすべてのパラメータ値を入力し、OKをクリックします。

Run stored procedures

DBMS_OUTPUTパッケージからの出力を有効にします (Oracle)

Oracleでは、DBMS_OUTPUTパッケージを使用すると、ストアドプロシージャ、パッケージ、およびトリガからメッセージを送信できます。出力ペインにDBMS_OUTPUTバッファの内容を表示するかどうかを設定できます。DBMS_OUTPUTオプションを切り替えるには、サービスツールウィンドウのツールバーのSYS.DBMS_OUTPUTを有効にしますボタン(the Enable SYS.DBMS_OUTPUT button)をクリックします。

Enable output from the DBMS_OUTPUT package (Oracle)
最終更新日: 2019年5月17日

関連事項

関連ページ:

マイグレーション

移行スクリプトを生成する移行スクリプトは、すべてのデータベースまたはその一部を変更します。例:移行スクリプトを使用して、列を追加または削除したり、データベースのバージョンをアップグレードしたり、列のプロパティーを変更したりできます。PyCharmは自動的に実行する前にチェックしなければならない移行ス...

サードパーティツールの設定

PyCharmでは、サードパーティ製のスタンドアロンアプリケーションを指定し、外部ツールとして実行できます。これらのツール(現在選択されているファイルやプロジェクトソースパスなど)にコンテキスト情報を渡したり、IDE内の出力を表示したり、実行/デバッグ設定のステップとしてツールの起動を設定したりでき...

データベース・コンソール

概要データベースコンソールを使用すると、PyCharmで定義されたデータベース用のSQL文をデータソースとして作成および実行できます。また、取得したデータを分析および変更することもできます。データベースコンソールの入力ペインが別のエディタータブとして開きます。ここでは、SQLステートメントを作成しま...

データソースとドライバのダイアログ

データベースツールウィンドウからこのダイアログにアクセスするには: ツールバーのまたは概要:データ・ソースおよびドライバーダイアログでは、データソースとデータベースドライバを管理できます。ドライバは、データベースドライバファイルとデータソースを作成するためのデフォルト設定を含むコレクションです。デー...

データベースツールウィンドウ

概要:データベースツールウィンドウは、データベースおよびDDLデータソースを操作するための機能へのアクセスを提供します。データベース内のデータ構造を表示および変更したり、その他の関連タスクを実行したりできます。詳しくは、データベースツリービューのカスタマイズを参照してください。利用可能なデータソース...

データ・エディター

データベースツールウィンドウから(DBデータソース内の任意のテーブル用):ツールバーの(ツールバーが現在非表示になっていない場合)、コンテキストメニューからエディターを開く、、概要:データエディターは、テーブルデータを処理するためのGUIを提供します。これにより、データの並べ替え、フィルタリング、追...