PyCharm 2019.2ヘルプ

テーブルを操作する

リレーショナルデータベースでは、データベースオブジェクトはデータを格納または参照するために使用される構造です。テーブル内のデータは、縦の列と横の行が交差するセルに格納されています。テーブルには指定された数の列がありますが、任意の数の行を持つことができます。PyCharmを使用すると、テーブルを使用してデータ操作およびデータ定義操作を実行できます。

The data editor

データベースとテーブルの説明を表示する

データベースとテーブルの説明を有効にするには、表示 | 外観に移動してツリー・ビューに説明を選択します。

テーブルにコメントを追加するには、テーブルを選択して Ctrl+F6を押します。コメントテキストフィールドにテーブルの説明を追加します。

データベースにコメントを追加するには、データベース設定 Ctrl+Alt+S を開き、コメントテキストフィールドにデータベースの説明を追加します。

Show descriptions for databases and tables
最終更新日: 2019年8月21日

関連事項

言語およびフレームワーク固有のガイドライン

関連ページ:

データベースへの変更の送信

変更を手動で送信するデフォルトでは、テーブルの変更は自動的に送信されません。最初に、テーブルのローカルコピーに変更を加えてから、すべての変更をデータベースに送信する必要があります。変更をデータベースに送信するには、送信アイコンをクリックするか、を押します。変更を自動的に送信するデフォルトでは、送信ア...

テーブルを使った基本操作

テーブルの作成データベースツールウィンドウで、データソースを選択してに移動します。新しいテーブルを作成するダイアログで、テーブル設定(列、キー、インデックス、外部キー)を指定します。OKをクリックします。テーブルを削除するテーブルを削除するには、テーブルを右クリックしてDROPを選択します。SQL

データ・エディター

データベースツールウィンドウから(DBデータソース内の任意のテーブル用):ツールバーの(ツールバーが現在非表示になっていない場合)、コンテキストメニューからエディターを開く、概要:データエディターは、テーブルデータを処理するためのGUIを提供します。これにより、データの並べ替え、フィルタリング、追加...

データベースツールウィンドウ

概要:データベースツールウィンドウから、データベースおよびDDLデータソースを操作するための機能にアクセスできます。データベース内のデータ構造を表示および変更したり、その他の関連タスクを実行したりできます。詳しくは、データベースツリービューのカスタマイズを参照してください。使用可能なデータソースは、...