PyCharm 2019.2ヘルプ

PyCharmでのVimエディターエミュレーションの使用 (IdeaVim)

IdeaVimプラグインは、VimをPyCharmでエミュレートします。これには、通常モード、挿入モード、視覚モード、コマンドラインモードとExモード、Vim正規表現と構成、その他の機能が含まれます。

IdeaVimプラグインをインストールする

  1. 設定/環境設定ダイアログ(Ctrl+Alt+S)で、プラグインを選択します。

  2. マーケットプレースIdeaVimプラグインを見つけて、インストールクリックします。

  3. PyCharmを再起動してください。

PyCharmを再起動すると、Vimエミュレーションが有効になります。無効にするには、メインメニューからツール | Vim エミュレーターを選択します。

ショートカットの構成

VimとPyCharmはどちらもキーボード中心です。PyCharmのキーマップは、Vimのキーの組み合わせと競合する場合があります。これを解決するには、さまざまなアクションに適したショートカットを選択します。

  1. 設定/環境設定ダイアログ(Ctrl+Alt+S)で、エディター | Vim エミュレーションを選択します。

  2. ショートカットと対応するIDEアクションを見つけ、Vimエミュレーションを使用しているときにどのように処理するかを選択します。

    Vim Emulation settings
    • 未定義:IDEショートカットを再定義するか、Vimエミュレーション設定でハンドラーを構成することを提案するポップアップ通知を表示します。

      Shortcut notification
    • IDE : このショートカットに関連付けられているIDEアクションを実行します。

    • Vim : Vimショートカットとして処理します。

編集モード

Vimエミュレーションを有効にすると、ノーマルモード(英語)にいるときにカーソルがブロックになります。

Vim emulation Normal mode

挿入モード(英語)に変更するには、iを押すと、カーソルが線になります。

Vim emulation Insert mode

このモードでは、新しいコードを入力するか、既存のコードを変更できます。他のVimモードに入ることもできます。たとえば、モードを置き換える(英語)r を押します。

ノーマルモードに戻るには、Escapeを押します。

Vim設定

Vimは vimrc ファイルを使用して構成されます。同様に、VimIdeaプラグインは同じ構文の ideavimrc ファイルを使用します。オペレーティングシステムに応じて、次のいずれかの場所に構成ファイルを作成します。

%HOMEPATH%\_ideavimrc
~/.ideavimrc
~/.ideavimrc

構成に vimrc ファイルが既にある場合は、次のいずれかを実行できます。

  • ideavimrc ファイルに source コマンドを使用して、vimrc の構成を含めます。

    source ~/.vimrc

    この方法で、ideavimrc ファイルに他のコマンドを含めることもできます。これは、PyCharmのVimエミュレーションにのみ適用され、実際のVim設定には影響しません。

  • Vim構成を使用したくない場合は、.vimrc の名前を .ideavimrcに変更できます。

  • 実際のVim設定と比較してPyCharmのVimエミュレーションを変更したくない場合は、vimrc へのシンボリックリンクとして ideavimrc を作成します。

    ln -s "$HOME/.vimrc" "$HOME/.ideavimrc"
最終更新日: 2019年11月6日