PyCharm 2020.1ヘルプ

Git

Git リモートのパスワードを設定する

リモート Gitリポジトリを操作するたびに(たとえば、プル更新、またはプッシュ操作中)、認証が必要です。許可が必要になるたびに資格情報を指定する必要がないように、パスワードを記憶するようにPyCharmを構成できます。

パスワードポリシーを設定する

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、左側の外観および振る舞い | システム設定 | パスワードを選択します。

  2. PyCharmにGit リモートリポジトリのパスワードをどのように処理させるかを選択します:

    • ネイティブ・キーチェーン : ネイティブキーチェーンを使用してパスワードを保存するには、このオプションを選択します。この設定は、MacOSおよびLinuxでのみ使用できます。

    • KeePass : パスワードを保存するためにKeePassパスワードマネージャー(英語)を使用するには、このオプションを選択します。KeePassパスワードマネージャーを使用すると、マスターパスワードを使用して個々のパスワードを保存するファイルにアクセスします。一度PyCharmがあなたのパスワードを覚えているなら、パスワードデータベースにアクセスする必要がない限りそれは彼らを求めないでしょう。マスターパスワードフィールドに c.kdbx ファイルへのアクセスに使用されるパスワードを入力します。

      データベースフィールドで、c.kdbx ファイルのデフォルトの場所を変更することができます。

      c.kdbx ファイルをインポートするには、the Settings icon をクリックし、ドロップダウンメニューからインポートを選択するか、the Browse button をクリックし、パスワードを含むローカルファイルへのパスを指定します。

      既存のパスワードをデータベースから削除する場合は、クリアを選択します。

    • 再起動後に使用するパスワードとして保存しない : PyCharmを閉じた後にパスワードをリセットしたい場合は、このオプションを選択してください。

最終更新日: 2020年7月2日

関連ページ:

リモート Gitリポジトリと同期する

変更を上流にプッシュして作業の結果を共有する前に、リモートリポジトリと同期してプロジェクトのローカルコピーが最新であることを確認する必要があります。次のいずれかの方法でこれを行うことができます。変更をフェッチ、変更をプル、またはプロジェクトを更新します。Gitブランチポップアップは、ブランチにまだフ...

変更をコミットしてGitリポジトリにプッシュする

Gitリポジトリに新しいファイルを追加した後、または既にGitバージョン管理下にあり、現在の状態に満足しているファイルを修正した後は、作業結果を共有できます。これには、リポジトリのスナップショットをプロジェクトの履歴に記録するようにローカルでコミットし、次にリモートリポジトリにプッシュして他のユーザ...

GitHub

PyCharmを使用すると、GitHubでホストされているGitプロジェクトをIDEから直接管理できます。リポジトリのクローン、プロジェクトの共有、フォークの作成、gistsを介したコードの共有、プルリクエストの作成、受信したプルリクエストの確認を行えます。GitHubアカウントを登録する:GitH...

変更を確認する

このトピックでは、あなたのチームメイトがソースコードにもたらした変更を追跡する方法を説明します。プロジェクト履歴を確認する:PyCharmを使用すると、指定したフィルタに一致するプロジェクトソースに加えられたすべての変更を確認できます。GitやMercurialなどの分散バージョン管理システムの場合...

Gitリポジトリをセットアップする

リモートホストからプロジェクトをチェックアウトする (クローン):PyCharmでは、既存のリポジトリを(Git用語のクローンで)チェックアウトし、ダウンロードしたデータに基づいて新しいプロジェクトを作成することができます。メインメニューからを選択するか、現在プロジェクトが開いていない場合は、ようこ...