PyCharm 2020.3 ヘルプ

デバッグコンソールの使用

デバッグコンソールを使用すると、出力およびエラーメッセージを表示できます。必要に応じて、コマンドプロンプトを使用可能にすることができます

デバッグコンソールを開く

デバッグセッションを開始すると、PyCharm はデバッグコンソールを起動します。

コンソールはインタラクティブです: プロンプトが表示され、コマンドを入力して実行し、結果を確認できます。

changing variables during debugging in the Python console

Python コンソールで使用可能なアクション

対話型コンソールでは、次のことができます。

  • コンソールの下部ペインにコマンドを入力し、Enter を押して実行します。結果は上部ペインに表示されます。

  • 基本コード補完 Ctrl+Space とタブ補完を使用します。

  • 上下の矢印キーを使用してコマンド履歴をスクロールし、必要なコマンドを実行します。

  • エディターからソースコードをコンソールに読み込みます。

  • 上部ペインのコンテキストメニューを使用して、すべての出力をクリップボードにコピーしたり、クリップボードの現在の内容と比較したり、コンソールからすべての出力を削除したりできます。

  • ツールバーのボタンを使用して、コンソールでセッションを制御します。

関連ページ:

コンソールタブ

このタブはでマークされ、出力およびエラーストリームメッセージを表示します。コンソールツールバー:スタックトレースの上下)このボタンをクリックすると、スタックトレース内を上下に移動し、カーソルがソースコード内の対応する場所にジャンプします。ソフトラップを使用このボタンをクリックすると、出力のソフトラップモードが切り替わります。最後までスクロールするこのボタンをクリックすると、スタックトレースの一番下に移動し、カーソルがソースコード内の対応する場所にジャンプします。

コード補完

このセクションでは、コーディングプロセスのスピードアップを可能にするコンテキスト対応コード補完のさまざまなテクニックについて説明します。基本補完:基本コード補完は、可視性スコープ内のクラス、メソッド、キーワードの名前を完成させるのに役立ちます。コード補完を呼び出すと、PyCharm はコンテキストを分析し、現在のキャレット位置から到達可能な選択肢を提案します(提案にはライブテンプレートも含まれます)。コード補完はカスタムファイルタイプで使用できます。ただし、PyCharm はそのようなファイル...

リモート PyCharm によるデバッグ

PyCharm を使用すると、Web サーバーや専用のテストマシンなど、他のコンピューターにあるインタープリターを使用してアプリケーションをデバッグすることができます。PyCharm には、リモートでデバッグする 2 つの方法があります。リモートインタープリターを介して。ケース: このアプローチを使用して、リモートマシンで使用可能な拡張デバッグ機能を活用します。要件: ローカルマシンからリモートサーバーへの SSH アクセス。Python リモートデバッグサーバー設定を使用します。ケース: このア...

プロセスに接続

PyCharm は Python ローカルプロセスにアタッチすることを可能にします。あなたのオペレーティングシステムから、または PyCharm ターミナルを使用して起動された Python スクリプトを実行しながらデバッグモードではありません。リモートプロセスにアタッチすることはできません。Ubuntu ユーザーの前提条件 Ubuntu で(あるいはおそらく他の Linux ディストリビューションで)PyCharm を使用している場合、プロセスに最初にアタッチしようとしたときにエラーメッセージ P...