PyCharm 2024.1 ヘルプ

Python コンソール

Python コンソールでは、Python シェル(英語)での経験と同様に、Python コマンドとスクリプトを 1 行ずつ実行できます。

Python コンソールで使用可能なアクション

コンソールでは、次のことができます。

  • コマンドを入力し、Enter を押して実行します。結果は同じコンソールに表示されます。

  • 基本コード補完 Ctrl+Space とタブ補完を使用します。

  • asyncio コルーチンを実行します。

  • Up および Down を使用してコマンドの履歴をスクロールし、必要なコマンドを実行します。

  • エディターからソースコードをコンソールに読み込みます。

  • コンテキストメニューを使用して、コンソールの内容をクリップボードにコピーしたり、クリップボードと比較したり、コンソールをクリアしたりします。

  • ツールバーのボタンを使用して、コンソールでセッションを制御します。

  • 好みに合わせてコンソールの配色を構成します。詳細については、コンソールの配色を構成するを参照してください。

  • 構成ファイルを使用して、IPython コンソールを自動的に構成します。

Python コンソールの使用

ツールメニューで対応するコマンドを選択するたびに、コンソールがツールウィンドウとして表示されます。Python コンソールを開くショートカットを割り当てることができます。Ctrl+Alt+S を押し、キーマップに移動して、メインメニュー | ツール | Python またはデバッグコンソールのショートカットを指定します。

PyCharm 内で Python コンソールを使用する主な理由は、コード補完、コード分析、クイックフィックスなどの IDE の主な機能を活用するためです。

Code completion in the Python console

上下の矢印キーを使用して、実行されたコマンドの履歴を参照し、必要なコマンドを繰り返すことができます。実行中に計算された変数値をプレビューするには、Show variables をクリックして特殊変数リストを確認します。

Show variables in the Python console

コンソールは、ローカルおよびリモートの両方の、すべてのタイプの Python インタープリターおよび仮想環境で使用できます。

データ構造を表示する

  • Python コンソールで変数を表示する場合、配列として表示データフレームとして表示、またはシリーズとして表示リンクをクリックして、データビューツールウィンドウにデータを表示できます。

    Viewing data frames
  • デフォルトでは、新しいテーブル表現が使用されます。 Switch Between Table Representations テーブル表現間の切り替えをクリックしてテーブルインターフェースを変更します。

    Switching the table interface
  • Table Coloring Options テーブルの色付けオプションをクリックしてセルの色分けを切り替え、構成します。

    Switching the table interface

コンソールのエディターからソースコードを実行する

  1. エディターでファイルを開き、実行するコードの断片を選択します。

  2. 選択のコンテキストメニューから Python コンソールでの選択の実行を選択するか、Alt+Shift+E を押します。

    Context menu for executing the code selection
  3. コード選択の実行を監視します。

    Execution of the code selection in the console

デフォルトでは、Python コンソールはプロジェクトに定義された Python インタープリターを使用して Python コマンドを実行します。ただし、代替 Python インタープリターを割り当てることができます。

asyncio コルーチンを実行する

  1. エディターで、asyncio コルーチンの定義を含むコードのフラグメントを選択します。

  2. コンテキストメニューから Python コンソールでの選択の実行を選択するか、Alt+Shift+E を押します。

    Selecting and executing asyncio coroutines in the Python console
  3. コードが Python コンソールで実行された後、await キーワードを使用してコルーチンを実行します。

    Execution of the asyncio coroutine in the console

Python コンソール設定を構成する

  1. 設定ダイアログ(Ctrl+Alt+S)で、ビルド、実行、デプロイ | コンソール | Python コンソールを選択します。

  2. Python インタープリターリストから使用可能なインタープリターを選択します。ここでは新しいインタープリターを導入できないことに注意してください。新しいインタープリターを思い付くには、最初に作成する必要があります。

    Search an alternative Python interpreter
  3. 必要に応じて、インタープリターの構成リンクをクリックして、インストールされているパッケージのリストを調べ、新しいパッケージを追加します。

    開始スクリプトエリアのコードに注意してください。Python コンソールを開いた後に実行されるスクリプトが含まれています。これを使用して、必要な Python コマンドを事前にコーディングします。

複数の Python スクリプトで作業する場合、それぞれを個別の Python コンソールで実行することができます。

複数の Python コンソールを実行する

  1. New Console をクリックして、新しい Python コンソールを追加します。

  2. デフォルトでは、各コンソールには Python コンソールという名前とインデックスがあります。実行中のスクリプトをコンソールに反映させるには、コンソールタブを右クリックしてコンソールの名前を変更を選択し、意味のある名前を入力します。

    Rename the Python console

Python コンソールで実行しているすべてのコマンドは、1 つずつ実行されます。コマンドの実行にかなりの時間がかかる場合は、実行キューをプレビューして管理することをお勧めします。

コマンド実行キューを管理する

  1. 設定 | ビルド、実行、デプロイ | コンソールに移動し、Python コンソールのコマンドキューチェックボックスを有効にします。

  2. コンソールツールバーの Command queue をクリックして、キューを開きます。

    Console command queue
  3. Python コンソールコマンドキューダイアログで、コマンドのリストを確認します。必要に応じて、remove をクリックして、コマンドをキューから削除します。

コマンドが実行されると、キューから消えることに注意してください。以前に実行されたすべてのコマンドをプレビューするには、コンソール履歴(console history)を参照します。

ツールバー

項目

ツールチップとショートカット

説明

Rerun console

コンソールを再実行する

Ctrl+F5

現在のプロセスを終了して新しいプロセスを起動するには、このボタンをクリックします。

the Stop button

停止

Ctrl+F2

現在のプロセスを停止するには、このボタンをクリックします。

ボタンを 1 回クリックすると、ソフトキルが呼び出され、アプリケーションが SIGINT イベントをキャッチして、正常終了を実行できるようになります(Windows では、Ctrl+C イベントがエミュレートされます)。ボタンを 1 回クリックすると、the Kill Process button に置き換えられます。これは、その後のクリックにより、アプリケーションが強制的に終了することを示します。たとえば、Unix では SIGKILL が送信されます。

Run command

現在のステートメントを実行する

Enter .

このボタンをクリックすると、コンソールの入力ペインに入力されたコマンドがキャレットで実行されます。

Debug

デバッガーのアタッチ

デバッガープロセスをコンソールに接続します。

Settings

設定

Python コンソールの以下の設定を指定できます。

  • 簡略化された変数ビュー : 特殊変数グループに次の名前を含めるには、このオプションを選択します。

    • すべての変数はダンダーの名前を持つ。

    • functionclassobjmodule のすべてのインスタンス。

    • IPython を持つデバッグコンソールが起動されていれば、すべての IPython 内部変数。

  • 変数ロードポリシー。以下のいずれかのポリシーを選択できます。

    • 同期的に: このオプションが有効な場合、表示されるメッセージは Collecting data で、その後デバッガーは変数の値を表示します。

    • 非同期に: このオプションが有効な場合、デバッガー内の変数は個別に (非同期的に) ロードされます。この場合、変数のロードに時間がかかると、デバッガーは ...Loading Value メッセージを表示し、その後、変数の値が表示されるか、変数が遅すぎる場合は Loading timed out メッセージが表示されます。オンデマンドモードに切り替えることを提案する警告メッセージに注意してください。

    • オンデマンド : このオプションが有効な場合、デバッガーは Show Value メッセージを表示します。クリックして読み込みを有効にします。

    ロードポリシーの変更は、デバッグプロセスを再実行した後に有効になることに注意してください。

Add a new console

新規コンソール

このボタンをクリックすると、新しいコンソールセッションが開始されます。

the Soft-Wrap button

ソフトラップを使用

このボタンをクリックすると、出力のソフトラップモードが切り替わります。

Scroll to the end

最後までスクロールする

このボタンをクリックすると、スタックトレースの一番下に移動し、キャレットがソースコード内の対応する場所に移動します。

the Print button

印刷

コンソールテキストをデフォルトプリンタに送信するには、このボタンをクリックします。

Debugger watches

変数の表示

このボタンをクリックすると、コンソールで宣言されている変数が別のペインに表示されます。このペインで変数を右クリックすると、コンテキストメニューが表示されます。

Add a new console

コマンドキューを表示

このボタンをクリックして、コマンド実行キューをプレビューします。

the Browse Query History button

ブラウズ履歴

Ctrl+Alt+E

対応するデータソースに対して実行したすべてのステートメントを表示するダイアログを開きます。

クエリ履歴を使用するダイアログも参照してください。

コンテキストメニューコマンド

コマンド

ショートカット

説明

Compare with Clipboard クリップボードと比較

差分ビューアーのコンソールとクリップボードの内容を選択します。

出力の一時停止

Python スクリプト実行出力を一時停止します

Clear all すべてをクリア

コンソールの上部からすべてのメッセージを削除するには、コンテキストメニューからこのアイテムを選択します。

関連ページ:

コード補完

このセクションでは、コーディングプロセスのスピードアップを可能にするコンテキスト対応コード補完のさまざまなテクニックについて説明します。基本補完:基本コード補完は、可視性スコープ内のクラス、メソッド、キーワードの名前を完成させるのに役立ちます。コード補完を呼び出すと、PyCharm はコンテキストを分析し、現在のキャレット位置から到達可能な選択肢を提案します (提案にはライブテンプレートも含まれます)。基本コード補完がフィールド、パラメーター、変数宣言の一部に適用されている場合、PyCharm...

Python コンソール

Python コンソールでは、Python シェルでの経験と同様に、Python コマンドとスクリプトを 1 行ずつ実行できます。Python コンソールの使用:メニューで対応するコマンドを選択するたびに、コンソールがツールウィンドウとして表示されます。Python コンソールを開くショートカットを割り当てることができます。を押し、キーマップに移動して、のショートカットを指定します。PyCharm 内で Python コンソールを使用する主な理由は、コード補完、コード分析、クイックフィックス...

コンソールを操作する

PyCharm を使用すると、インタラクティブコンソールを使用できるため、シェルに切り替える必要はなく、IDE 内にとどまることができます。コンソールを起動するメインメニューから、メニューからコンソール関連のコマンドを選択します(例:Python またはデバッグコンソール)。または、エディターのツールウィンドウグループで対応するウィンドウを選択します。現在のプロジェクトが Django プロジェクトの場合、起動するコンソールは Django コンソールです。しかし、現在のプロジェクトが純粋な Py...

Python インタープリターを構成する

PyCharm の Python インタープリター:PyCharm で Python コードを操作するには、少なくとも 1 つの Python インタープリターを構成する必要があります。Python インストールで利用可能なシステムインタープリターを使用できます。Virtualenv、pipenv、Poetry、conda 仮想環境を作成することもできます。仮想環境は、基本インタープリターとインストールされたパッケージで構成されます。PyCharm Professional では、SSH、Vagr...

クエリを実行する

データベースツールと SQL プラグインを有効にするこの機能は、PyCharm にバンドルされており、デフォルトで有効になっているデータベースツールと SQL プラグインに依存しています。関連する機能が利用できない場合は、プラグインを無効にしていないことを確認してください。を押して設定を開き、を選択します。インストール済みタブを開き、データベースツールおよび SQL プラグインを見つけて、プラグイン名の横にあるチェックボックスを選択します。ショートカット、ツールバーボタンとアイコン、コンテキストメ...

ファイルの差分ビューアー

この差分ビューアーは、2 つのファイルまたはファイルの 2 つのバージョン (ローカルの変更、またはローカルファイルとリモートリポジトリ内のそのリビジョン間の変更) を比較するときに表示されます。バイナリや .jar ファイルなど、あらゆる種類のファイルを比較できます。これを開くには、比較する 2 つのファイル、またはそのバージョンを比較するファイルを選択し、を押します。差分ビューアーが新しいタブで開きます。差分ビューアーは、コード補完、ライブテンプレート、その他の機能を有効にする強力なエディター...