PyCharm 2020.3 ヘルプ

キーマップ

このページを使用して、選択したキーマップでショートカットとアクションを検索し、カスタムキーマップを作成、編集、削除し、カスタムキーマップのアクションに関連付けられたショートカットを変更します。定義済みキーマップは編集できません。事前定義のキーマップ(太字で表示)のショートカットの関連付けを変更すると、PyCharm はそのキーマップのコピーを作成します。これは変更できます(親キーマップにインデントのある通常のフォントで表示)。

キーマップスキームアクション

The Show Scheme Actions menu をクリックして、選択したキーマップのアクションを選択します。

項目 説明
複製 選択したキーマップに基づいて子キーマップを作成します。事前定義されたキーマップを変更すると、自動的に作成されます。
名前の変更 カスタムキーマップの名前を変更します。
デフォルトの復元 カスタムキーマップに加えられたすべての変更を破棄し、親キーマップの構成を復元します。
削除 選択したカスタムキーマップをリストから削除します。

キーマップツールバー

項目 ツールチップとショートカット 説明
the Expand All button

全て展開

Ctrl+NumPad +
アクションのコンテンツペインですべてのノードを展開します。
the Collapse All button

すべて折りたたむ

Ctrl+NumPad -
アクションのコンテンツペイン内のすべてのノードを折りたたみます。
the Edit Shortcut icon

ショートカットの編集

Enter

選択したアクションのショートカットを変更します。新しいショートカットを追加したり、既存のショートカットを削除したりすることができます。または、必要なアクションを右クリックすることもできます。

Keymap menu
  • キーボードショートカットの追加 : 現在のキーマップで選択したアクションに割り当てるキーの組み合わせを指定できるキーボードショートカットの入力ダイアログを開きます。

  • マウスショートカットの追加 : マウスショートカットダイアログを開きます。ここで、マウスクリックの組み合わせを指定して、現在のキーマップで選択したアクションに割り当てることができます。

  • <ショートカット> を削除 : 選択したアクションからショートカットを削除します。

The Show conflicts with system shortcuts button システムショートカットで競合を表示 システムのホットキーと競合するショートカットのみをリストします。競合を避けるために変更してください。または、対応するシステムショートカットを変更できます(可能な場合)。
Search field

アクションのコンテンツペインを検索します。検索文字列を入力すると、検索パターンに一致するアクションが表示されます。

以前に使用した検索パターンは検索履歴リストに格納されます。履歴リストに検索文字列を追加するには、Enter を押します。

Find をクリックすると、以前の検索の履歴リストが表示されます。

フィールドから現在の検索パターンを消去するには、the Clear buttonをクリックします。

the Find Action by Shortcut button ショートカットでアクションを探す

このボタンをクリックするとショートカット検索ダイアログが開き、キーストロークで目的のアクションを除外します。

キーボードショートカットの指定方法については、セクションキーボードショートカットを設定するを参照してください。

指定した条件に一致するショートカットを持つアクションは、アクションのコンテンツペインに表示されます。

the Clear Filtering button フィルターのクリア このボタンをクリックすると、コンテンツペインのアクションの初期リストが復元されます。

その他のオプション

オプション 説明
タッチバーに F1、F2 などのキーを表示する このオプションは、タッチバーを搭載した Apple MacBook Pro モデルでのみ使用できます。デフォルトでは無効になっているため、ファンクションキーを表示するには Fn キーを押し続ける必要があります。これを有効にすると、PyCharm に固有のコントロールではなく、タッチ Bar に常にファンクションキーが表示されます。詳細については、タッチバーのサポートを参照してください。
ショートカットに国のレイアウトを使用する このオプションは、英語以外のラテン語のキーボードレイアウトを使用している場合にのみ使用できます。macOS および Windows では、デフォルトで有効になっており、すべての文字はレイアウトで決定されたとおりに解釈されます。Windows の場合、この動作はハードコードされており、無効にすることはできません。Linux では、デフォルトで無効になっており、特殊文字を含むキーは、英語のキーボードレイアウトを使用しているかのように解釈されます。例:ドイツ語のキーボードでマイナスキー - を押すと、スラッシュ / が生成されるため、ドイツ語のキーボードで Alt + / を実行するには、⌥ - を押します。
ショートカットに米国の英数字以外のキーを使用する このオプションは、キリル文字レイアウトを使用している場合に Windows で使用できます。デフォルトでは無効になっています。IDE のアクションを英語のキーボードレイアウトであるかのように OEM キーボードの文字にマッピングできるようにします。