PyCharm 2019.1ヘルプ

クエリを実行する

クエリを実行するには、データベースコンソールを使用します。データベースコンソールは、SQL文を作成して実行できるSQLファイルです。データソースを作成すると、データベースコンソールが自動的に作成されます。データベース・コンソールについて詳しくは、データベース・コンソールを参照してください。

データベースコンソールを作成する

コンソールを作成するには、データベースツールウィンドウ(表示 | ツール・ウィンドウ | データベース)で次のいずれかの操作を行います。

  • データソースをクリックし、ファイル | 新規 | コンソールを選択します。

  • データソースを右クリックし、新規 | コンソールを選択します。

  • データソースをクリックし、Alt+Insertを押し、コンソールを選択します。

  • データソースをクリックし、Ctrl+Shift+F10を押し、新しいコンソールを選択します。

コンソールを開く

  • ツールウィンドウ(表示 | ツール・ウィンドウ | )でスクラッチおよびコンソール | データベース・コンソール | <データソース名>に移動し、コンソールファイルをダブルクリックします。

  • データベースツールウィンドウで、コンソールにジャンプアイコン(the Jump to console icon )をクリックし、コンソールを選択します。

  • データソースをクリックし、F4を押して、必要なコンソールを選択します。

Open a console

コンソールをファイルとして保存する

コンソールファイルで、N/Aを押します。ファイルを保存するディレクトリーに移動します。

Save the console contents as a file

SQL文を実行する

  1. ステートメント内にカーソルを置きます。

  2. Ctrl+Enterを押します。または、ツールバーの実行アイコン The Execute icon をクリックします。

    複数のステートメントがある場合は、すべてのステートメントを実行するか、単一のステートメントを実行するかを選択します。候補リストには、常にすべてのステートメントを実行するための項目が含まれています。

Run a query

エディターウィンドウからSQLファイルを実行する

  1. SQLファイルをダブルクリックしてPyCharmで開きます。

  2. エディター内のコードを右クリックしてコンソールの接続を選択します。

  3. 使用したいコンソールファイルを選択します。

  4. 実行アイコン(Shift+F10)をクリックします。

  5. 実行したいステートメントを選択し、Enterを押します。

Run existing SQL files
最終更新日: 2019年5月17日

関連ページ:

データベース・コンソール

この機能はProfessionalエディションでのみサポートされています。このエディションは有償で、優れた機能を提供します。詳細については比較表を参照してください。以下は、データベースツールとSQLプラグインがインストールされて有効になっている場合にのみ有効です。データベースコンソールは、SQL文を...

データベース接続の設定

パスワードを記憶するパスワードを保存するために次のオプションを選択できます。なし : データベースとの接続を確立するたびにパスワードが求められます。再起動するまで : パスワードは現在のPyCharm実行に対してのみ保存されます。PyCharmを終了して再度開く場合は、パスワードをもう一度入力する必...

データベースツールウィンドウ

概要:データベースツールウィンドウは、データベースおよびDDLデータソースを操作するための機能へのアクセスを提供します。データベース内のデータ構造を表示および変更したり、その他の関連タスクを実行したりできます。詳しくは、データベースツリービューのカスタマイズを参照してください。利用可能なデータソース...

クエリ結果を処理する

コンソールでクエリを実行すると、テーブル形式で結果が表示されます。各ステートメントは、データベース・コンソールツールウィンドウの別のタブに表示されます。例:クエリに2つのSELECTステートメントがある場合、ツールウィンドウに2つのタブが表示されます。クエリごとに新しいタブを開く既定では、PyCha...