PyCharm 2019.1ヘルプ

データベースとSQL

PyCharmのデータベース管理機能はデータベース・ツールおよび SQLプラグインによってサポートされています。データベース・ツールおよび SQLプラグインは、開発者向けのスタンドアロンデータベース管理環境であるDataGripで利用可能なすべての機能のサポートを提供します。プラグインを使用すると、データベースの照会、作成、および管理ができます。データベースは、ローカル、サーバー上、またはクラウド内で機能します。このプラグインはMySQL、PostgreSQL、Microsoft SQL Server、SQLite、MariaDB、Oracle、Apache Cassandraなどをサポートします。データベースへの接続でサポートされているベンダーの全リストを参照してください。

入門

データベースに接続するデータベース接続を構成するクエリを実行する

サポートされているすべてのデータベースベンダーに接続する方法を学びましょう。

JDBCドライバーを使用してデータベースに接続する方法、SSHおよびSSLを構成する方法、既存の接続の設定をカスタマイズする方法を学びます。

データベースコンソールの操作とクエリの実行

クエリ結果を処理する変更をデータベースに送信するデータベース接続の設定

クエリの結果を確認し、ファイルに保存するか、クリップボードにコピーし、2つの結果セットを比較します。

変更をデータベースに送信する方法を手動または自動で選択します。

JDBCドライバーを使用してデータベースに接続する方法、SSHおよびSSLを構成する方法、既存の接続の設定をカスタマイズする方法を学びます。

テーブルを操作する

テーブルセル

テーブルを作成、削除、比較する方法を学びます。

列を使った基本操作

行を操作し、行セット内を移動します。

セルの編集、クイックドキュメントの表示、バイナリラージオブジェクトの保存

設定をする

SQLコードスタイルの設定データソースの管理データベースツリービューのカスタマイズ

SQL記述標準に合うように私達のフォーマッターの設定を微調整してください。

異なるプロジェクト、異なるコンピューター、およびIDEインストールの間でデータソース設定を共有します。

データベースツールウィンドウでデータソースの表示をカスタマイズします。

SQLコードでの作業

SQL ステートメントマイグレーションインジェクションされたSQL文

すべてのSQLステートメントまたは副照会のみを実行し、ステートメントの結果をファイルに保存し、表形式でINSERTステートメントを編集します。

移行スクリプトを生成し、組み込みツールで移行を実行します。

SQLコードに必要とする言語をインジェクションしなさい。

その他

ダイアグラムの作成接続性の問題

実行計画を視覚化したり、クエリマップを作成したり、データベースオブジェクトのダイアグラムを生成したりできます。

データベース接続に問題がある場合は、トラブルシューティングのセクションを参照してください。

最終更新日: 2019年4月24日

関連ページ:

データベースへの接続

現在、PyCharmは以下のベンダーをサポートしています。このサポートには、拡張コード補完やデータベースオブジェクトの検索の向上(イントロスペクション)などの機能が含まれています。ベンダーがリストに含まれていない場合でも、JDBCドライバを使用してデータベースに接続できます。詳しくは、JDBCドライ...

データベース接続の設定

JDBCドライバを使用してデータベースへの接続を作成します。データソースのリストでデータベースベンダーの名前が見つからない場合は、データベース管理システム(DBMS)用のJDBCドライバをダウンロードし、PyCharmで接続を作成します。JDBCドライバを使用すると、DBMSに接続して作業を開始でき...

クエリを実行する

クエリを実行するには、データベースコンソールを使用します。データベースコンソールは、SQL文を作成して実行できるSQLファイルです。データソースを作成すると、データベースコンソールが自動的に作成されます。データベース・コンソールについて詳しくは、データベースコンソールの操作を参照してください。データ...

クエリ結果を処理する

コンソールでクエリを実行すると、テーブル形式で結果が表示されます。各ステートメントは、データベース・コンソールツールウィンドウの別のタブに表示されます。例:クエリに2つのSELECTステートメントがある場合、ツールウィンドウに2つのタブが表示されます。クエリごとに新しいタブを開く既定では、PyCha...

データベースへの変更の送信

変更を手動で送信するデフォルトでは、テーブルの変更は自動的に送信されません。最初に、テーブルのローカルコピーに変更を加えてから、すべての変更をデータベースに送信する必要があります。変更をデータベースに送信するには、サブミットアイコンをクリックするか、Ctrl+Enterを押します。変更を自動的に送信...

テーブルを使った基本操作

テーブルの作成データベースツールウィンドウで、データソースを選択してファイル | 新規 | テーブルに移動します。新しいテーブルを作成するダイアログで、テーブル設定(列、キー、インデックス、外部キー)を指定します。OKをクリックします。テーブルを削除するテーブルを削除するには、テーブルを右クリックし...