PyCharm 2020.2ヘルプ

コードのリファクタリング

リファクタリングを実行するには、以下の一般的な手順に従います

  1. リファクタリングするシンボルまたはコードフラグメントを選択(またはホバー)します。利用可能なリファクタリングのセットは、選択内容によって異なります。次のPyCharmコンポーネントのシンボルを選択できます。
    • プロジェクト・ビュー

    • 構造ツールウィンドウ

    • エディター

    • UML クラス図

  2. 以下のいずれか 1 つを実行します:
    • メインのリファクタリングメニュー上または選択したコンテキストメニューから、目的のリファクタリングを選択するか、対応するキーボードショートカット(ある場合)を押します。

    • メインメニューからリファクタリング | リファクタリングを選択するか、Ctrl+Alt+Shift+Tを押して、ポップアップから目的のリファクタリングを選択します。

  3. 表示されるダイアログで、リファクタリングオプションを指定します。

  4. 変更を直ちに適用するには、リファクタリングタイプに応じて、リファクタリングまたはOKをクリックします。

  5. 特定のリファクタリングでは、実際にリファクタリングを実行する前に変更内容をプレビューするオプションがあります。このような場合、対応するダイアログでプレビューボタンを使用できます。

    潜在的な変更をプレビューし、必要な調整を行うには、プレビューをクリックします。PyCharmは、検索ツール・ウィンドウの専用タブで行われる変更を表示します。

    このステップで可能なアクションの1つは、リファクタリングから特定のエントリを除外することです。これを行うには、リストで目的の項目を選択し、Deleteを押します。

    リファクタリング後に競合が予想される場合、PyCharmは発生した問題の簡単な説明を含むダイアログを表示します。このような場合は、次のいずれかの操作を行います。

    • 継続ボタンをクリックして競合を無視してください。その結果、リファクタリングが実行されますが、誤った結果につながる可能性があります。

    • ビューで表示ボタンをクリックして競合をプレビューします。PyCharmには、検索ツール・ウィンドウ競合タブの競合するすべてのエントリが表示され、問題のあるコード行に移動して必要な修正を加えることができます。

    • リファクタリングをキャンセルしてエディターに戻ります。

  6. 提案された結果に満足したら、リファクタリング実行をクリックして変更を適用します。

最終更新日: 2020年9月07日