PyCharm 2020.2 Help

入門

PyCharm is a dedicated Python Integrated Development Environment (IDE) providing a wide range of essential tools for Python developers, tightly integrated to create a convenient environment for productive Python , web, and data science development.

最適なPyCharmを選択してください

PyCharm is available in three editions:

  • Community (free and open-sourced(英語)): for smart and intelligent Python development, including code assistance, refactorings, visual debugging, and version control integration.

  • Professional (paid) : for professional Python, web, and data science development, including code assistance, refactorings, visual debugging, version control integration, remote configurations, deployment, support for popular web frameworks, such as Django and Flask, database support, scientific tools (including Jupyter notebook support), big data tools.

  • Edu (free and open-sourced(英語)): for learning programming languages and related technologies with integrated educational tools.

For details, see the editions comparison matrix.

サポートされる言語

PyCharmを使用してPythonで開発を開始するには、プラットフォームに応じてpython.org(英語)からPythonをダウンロードしてインストールする必要があります。

PyCharmはPythonの以下のバージョンをサポートしています:

  • Python 2 : バージョン2.7

  • Python 3 : バージョン3.5からバージョン3.9まで

Besides, in the Professional edition, one can develop Django , Flask, and Pyramid applications. Also, it fully supports HTML (including HTML5), CSS, JavaScript, and XML: these languages are bundled in the IDE via plugins and are switched on for you by default. Support for the other languages and frameworks can also be added via plugins (go to 設定 | プラグイン or PyCharm | 環境設定 | プラグイン for macOS users, to find out more or set them up during the first IDE launch).

サポートされるプラットフォーム

PyCharmは、Windows、macOS、およびLinuxで動作するクロスプラットフォームIDEです。システム要件を確認します。

要件最小推奨
RAM4 GBの空きRAM8 GBの総システムRAM
ディスク容量2.5 GBおよびキャッシュ用にもう1 GB5 GB以上の空き容量があるSSDドライブ
モニターの解像度1024x7681920×1080
オペレーティング・システム

以下の公式にリリースされた64ビットバージョン:

  • Microsoft Windows 8以降

  • macOS 10.13以降

  • Gnome、KDE、またはUnity DEをサポートするLinuxディストリビューション

プレリリース版はサポートされていません。

最新の64ビットバージョンのWindows、macOS、またはLinux (たとえば、Debian、Ubuntu、RHELなどです。)

PyCharmは、Toolboxまたはスタンドアロンインストールを使用してインストールできます。PyCharmのインストールについてサポートが必要な場合は、インストール手順を参照してください:PyCharmをインストールする

PyCharmのプロジェクトから始める

PyCharmで行うすべてのことは、プロジェクトのコンテキスト内で行います。これは、コーディング支援、一括リファクタリング、コーディングスタイルの一貫性などの基礎として機能します。IDE内でプロジェクトの作業を開始するには、3つのオプションがあります。

既存のプロジェクトを開く

まず、コンピューターに保存されている既存のプロジェクトの1つを開きます。ようこそ画面の最近のプロジェクトのリストから1つ選択するか、開く をクリックします。

Welcome screen

それ以外の場合は、既存のソースファイルのプロジェクトを作成できます。ファイルメニューの 開く コマンドを選択し、ソースが存在するディレクトリを指定します。PyCharmは、ソースからプロジェクトを作成します。詳細については、セクション既存のソースコードからプロジェクトをインポートするを参照してください。

バージョン管理から既存のプロジェクトをチェックアウトする

VCSストレージまたはリポジトリからソースをダウンロードすることもできます。Git(GitHub)、Mercurial、Subversion、Perforce(Professionalエディションでのみサポート)を選択し、資格情報を入力してストレージにアクセスします。

次に、ソースへのパスを入力し、リポジトリをローカルホストにクローンします。

Clone a repository

詳細はセクションバージョン管理を参照してください。

新規プロジェクトの作成

プロジェクトを作成するには、次のいずれかを実行します。

  • メインメニューから、ファイル | 新規プロジェクトを選択します。

  • ようこそ画面で、新規プロジェクトの作成をクリックします。

In PyCharm Community, you can create only Python projects, whereas, with PyCharm Professional, you have a variety of options to create a web framework project.

Creating a new project

Creating a PyCharm helps implement new project

See more details in Python プロジェクトを作成します

Pythonインタープリターを構成する

When creating a new project, you can notice that PyCharm sets a Python インタープリター to execute Python code in your project. You need at least one Pythonのインストール(英語) to be available on your machine.

For a new project, a Python インタープリター is created as an isolated virtual environment: venv, pipenv, or Conda. As you work, you can change it or create new interpreters. You can create several Python interpreters based on the same Python executable. This is helpful when you need to create different virtual environments for developing different types of applications. For example, you can create one virtual environment based on Python 3.6 to develop Django applications and another virtual environment based on the same Python 3.6 to work with scientific libraries.

以下を構成できます。

PyCharm Professionalを使用すると、リモート環境でPythonコードを実行するようにインタープリターを構成することもできます。

For more details see Pythonインタープリターを構成します

見回す

PyCharmを初めて起動したとき、または開いているプロジェクトがない場合は、ようこそ画面が表示されます。IDEへの主要なエントリポイントとして、プロジェクトの作成またはオープン、バージョン管理からのプロジェクトのチェックアウト、ドキュメントの表示、およびIDEの設定が提供されます

プロジェクトを開くと、メインウィンドウがいくつかの論理領域に分割されています。ここで、主要なUI要素を見てみましょう。

The Main window
  1. 左側のプロジェクトツールウィンドウにプロジェクトファイルが表示されます。

  2. エディターの右側にあり、実際にコードを書いています。開いているファイル間を簡単に移動するためのタブがあります。

  3. エディター上のナビゲーション・バーを使用すると、アプリケーションを素早く実行してデバッグすることができます。また、基本的なVCS アクションを実行できます。

  4. ガターは、エディターの横にある縦縞であり、現在のブレークポイントを示し、定義/宣言にジャンプようなコード階層をナビゲートする便利な方法を提供します。また、行番号と行ごとのVCS履歴も表示されます。

  5. エディターの右側にあるスクロール・バー。PyCharmは常にコードの品質を監視し、そのコードインスペクションの結果を常にガターに表示します(エラー、警告など)。右上隅のインジケーターは、ファイル全体のコードインスペクションの全体的なステータスを示します。

  6. ツール・ウィンドウはワークスペースの下部と側面に取り付けられた特殊なウィンドウで、プロジェクト管理、ソースコードの検索とナビゲーション、バージョン管理システムとの統合などの一般的なタスクへのアクセスを提供します。

  7. ステータスバー indicates the status of your project and the entire IDE, and shows various warnings and information messages like file encoding, line separator, inspection profile, and so on. It also provides quick access to the Python interpreter settings.

Also, in the bottom-left corner of the PyCharm window, in the Status bar, you see the button Show tool window bars or Hide tool window bars . This button toggles the showing of the tool window bars. If you hover your mouse pointer over this button, the list of the currently available tool windows show up.

ツールウィンドウの表示と非表示の詳細については、ユーザーインターフェースの概要ツール・ウィンドウのページを参照してください。

スマートアシスタンスによるコード

When you have created a new project or opened an existing one, it is time to start coding.

Pythonファイルの作成

プロジェクトツールウィンドウでプロジェクトルートを選択してから、メインメニューからファイル | 新規 ...を選択するか、Alt+Insertを押します。

Create a Python file

ポップアップからオプションPython ファイルを選択し、新しいファイル名を入力します。

Creating a new Python file

PyCharmは新しいPythonファイルを作成し、編集用に開きます。

New Python file

PyCharmは重要なことに集中できるようにルーチンを処理します。貴重な時間を無駄にすることなく、エラーのないアプリケーションを作成するには、次のコーディング機能を使用します。

コード補完

コード補完は、作業しているファイルの種類に関係なく、時間を大幅に節約できます。

基本補完機能は、名前を入力して即座に名前を入力するときに機能します。

スマート型補完は、現在作業しているコンテキストを分析し、その分析に基づいてより正確な提案を提供します。

Smart code completion

インテンション・アクション

PyCharm keeps an eye on what you are currently doing and makes smart suggestions, called intention actions, to save more of your time. Indicated with a lightbulb, intention actions let you apply automatic changes to code that is correct (in contrast to code inspections that provide quick-fixes for code that may be incorrect). Did you forget to add some parameters and field initializers to the constructor? Not a problem with PyCharm. Click the lightbulb (or press Alt+Enter ) and select one of the suggested options:

Intention Action

使用可能なインテンションアクションの全リストは、macOSユーザーの場合はファイル | 設定 | エディター | インテンションまたはPyCharm | 環境設定 | エディター | インテンションにあります。

コードをきれいに保つ

PyCharmはあなたのコードを監視し、正確かつ清潔に保ちます。潜在的なエラーと問題を検出し、クイックフィックスを提案します。

IDEが未使用のコード、無限ループ、および注意を必要とする可能性のあるその他の多くのものを検出するたびに、電球が表示されます。それをクリックするか、Alt+Enterを押して修正を適用します。

使用可能なインスペクションの完全なリストは、設定 | エディター | インスペクション(またはmacOSユーザーの場合はPyCharm | 環境設定 | エディター | インスペクション)にあります。それらのいくつかを無効にするか、他のものを有効にし、さらに各インスペクションの重大度を調整します。エラーと見なすか警告と見なすかを決定します。

いくつかのコードを生成する

Writing code can be a lot easier and quicker when you use the code generation options available in PyCharm. The コード | 生成 menu Alt+Insert will help you with creating symbols from usage, as well as suggest overridin or implementing some functions:

Generate code

ライブテンプレートを使用して(コード | ライブ・テンプレートの挿入を選択するか Ctrl+Jを押します)、コード全体を作成します。設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S (macOSユーザーの場合は設定 | エディター | ライブ・テンプレートまたはPyCharm | 環境設定 | エディター | ライブ・テンプレート)で、使用可能なすぐに使用可能なライブテンプレートを調べることができます。

If you see that you are lacking something especially important for your development, extend this set of templates with your own. Also, consider quickly surrounding your code with complete constructs (choose コード | 囲む or press Ctrl+Alt+T . For example, with an if statement:

Surround code

プロジェクトが大きい場合、または他の誰かのコードを使用する必要がある場合、探しているものをすばやく見つけてコードを掘り下げることが重要です。これがPyCharmに一連のナビゲーション機能と検索機能が付属している理由です。これにより、コードがどれほど複雑であるかに関わらず、コードを検索することができます。

これらの検索機能を使用すると、現在開いているファイル Ctrl+Fまたはプロジェクト全体 Ctrl+Shift+Fの両方で、コードのフラグメントを検索して置き換えることができます。

使用箇所を検索

特定のシンボルが使用されている場所を見つけるために、PyCharmは使用箇所の検索 Alt+F7を介したフルスケール検索を提案します。

Find usages

プロジェクトのナビゲーション

インポートや呼び出しの階層を使って、ファイル構造を見るだけで多くのことを知ることができます:

File structure

また、次の場所に移動できます。

左側のガターにあるアイコンもナビゲーションに役立ちます:

Navigating by using the left-hand gutter

タイムラインをナビゲートする

プロジェクトでのすべてのアクティビティを記憶して、PyCharmは最近使ったファイル Ctrl+E または最近変更したファイル Alt+Shift+Cに簡単にナビゲートできます。

変更履歴を確認するには、戻る/進むナビゲーション(Ctrl+Alt+Left / Ctrl+Alt+Right)を使用するか、最後の編集場所 Ctrl+Shift+Backspaceに移動してください。

どこでも検索

If you have a general idea of what you're looking for, you can always locate the corresponding element using one of the existing navigation features. But what if you want to look for something in every nook and cranny? The answer is to use どこでも検索 !

それを試すには、ウィンドウの右上にある虫めがねのボタンをクリックするか、ダブルシフト(Shiftを2回押して)を呼び出してください。

search everything window

実行、デバッグ、テスト

コードをいじって、それで何ができるかを見つけたら、アプリを実行、デバッグ、テストする番です。

実行

The easiest way to run an application is to right-click in the editor, and then choose 実行 <名前> from the context menu:

Running code

Pythonスクリプトに __main__ 句が含まれている場合、ガターの Run icon ボタンをクリックして、目的のコマンドを選択できます。

When you perform run, debug, or test operations with PyCharm, you always start a process based on one of the existing 実行/デバッグ構成 , using its parameters.

初めてアプリケーションを実行すると、PyCharmは自動的に一時的な実行/デバッグ構成を作成します。デフォルトのパラメータを指定または変更して永続的な実行/デバッグ構成として保存するように変更できます。

実行/デバッグ構成を操作するで実行/デバッグ構成を調整する方法を参照してください。

デバッグ

アプリケーションはランタイムエラーに遭遇しましたか?原因を特定するには、デバッグを行う必要があります。PyCharmは、すべてのプラットフォームでデバッガをサポートしています。

デバッグは、プログラムの実行を中断するブレークポイントを配置することから開始するため、プログラムデータを探索できます。ブレークポイントを表示する行の側ガターをクリックするだけです。

To start debugging your application, press Shift+F9 . Then go through the program execution step by step (see the available options in the 実行 menu or the デバッグツールウィンドウ ), evaluate any arbitrary expression, add watches, and manually set values for the variables.

Debug tool window

詳細はセクションデバッグを参照してください。

テスト

アプリケーションをテストすることをお勧めします。PyCharmは、できるだけ簡単に行うことができます。

PyCharmを使用すると、次のことができます。

数字については、テストランナータブのセクションを参照してください。

PyCharmはPythonの主要なテストフレームワークをすべてサポートしています:

これらのフレームワークのそれぞれについて、PyCharmは独自の実行/デバッグ構成を提供します。

詳細については、チュートリアルステップ 3. 最初のPythonアプリケーションをテストするおよびテストの実行セクションを参照してください。

With PyCharm Professional you can run, debug, and test your Python code remotely. You can deploy your local applications to some remote server. To learn about deployment servers, refer to the section Webサーバーとの同期の構成 . PyCharm Professional also helps ローカルとリモートフォルダーを比較し、ローカルコピーをサーバー上にデプロイされたものと同期させます

ソースコードをバージョン管理下に置く

VCS

ソースコードをバージョン管理下に置いている場合は、PyCharmが多くの一般的なバージョン管理システム (Git(またはGitHub)、Mercurial、Perforce(Professionalエディションでのみサポートされています)、Subversion)と統合されていることを知って喜んでいます。資格情報と特定のVCSに固有の設定を指定するには、設定 | バージョン管理(またはmacOSユーザーの場合はPyCharm | 環境設定 | バージョン管理)に移動します。

The VCS menu gives you a clue about what commands are available. For example, you can see the changes you’ve made, commit them, create changelists and much more from the Local Changes view: VCS | 変更の表示 (or just press Alt+9 ). Also, find some VCS basic commands in the Navigation bar above the editor:

Version Control System

詳細はセクションバージョン管理を参照してください。

ローカル・ヒストリー

従来のバージョン管理に加えて、ローカル・ヒストリーを使用できます。ローカル・ヒストリーにより、PyCharmはソースコードに加えた変更、リファクタリングの結果などを自動的に追跡する

Local history is always enabled. To view it for a file or a folder, bring up ローカル・ヒストリー by selecting VCS | ローカル・ヒストリー | ヒストリーの表示 . Here you can review the changes, revert them, or create a patch.

プロセスデータ

PyCharm has an interactive Python console to perform smart operations over data with on-the-fly syntax check with inspections, braces and quotes matching, and of course, code completion. You can also benefit from the built-in support for Anaconda.

With PyCharm Professional , you can analyze and visualize various scientific and statistical data. Jupyter Notebook integration enables editing, executing, and debugging notebook source code and examining execution outputs, including stream data, images, and other media.

Jupyter notebook support

PyCharmにRプラグインをインストールすると、R言語(英語)を使用してさまざまな統計計算を実行し、コーディング支援、ビジュアルデバッグ、スマート実行およびプレビューツール、およびその他の一般的なIDE機能を使用できます。

R plugin

既に気づいたことがあるように、さまざまなタイプのプロジェクト(Djangoなど)を作成するには、データソースが必要です。また、ソース・コードにSQL文を挿入することも可能です。

PyCharm Professional does not enable you to create databases, but provides facilities to manage and query them. Once you are granted access to a certain database, you can configure one or more data sources within PyCharm that reflect the structure of the database and store the database access credentials. Based on this information, PyCharm establishes a connection to the database and provides the ability to retrieve or change information contained therein.

データベースへのアクセスは、データベースツールウィンドウ表示 | ツール・ウィンドウ | データベース)によって提供されます。このツールウィンドウでは、データベースを操作できます。データベースのデータ構造を表示および変更したり、関連する他のタスクを実行したりすることができます。

DB tool window

詳細はデータベース・ツールおよび SQLを参照してください。

環境をカスタマイズする

IDEを自由に調整して、ニーズに完全に適合し、できる限り便利で快適なものにしてください。ファイル | 設定(macOSユーザーの場合はPyCharm | 環境設定)に移動して、使用可能なカスタマイズオプションのリストを確認します。

外観

最初に微調整するのは、一般的な「ルックアンドフィール」です。ファイル | 設定 | 外観および振る舞い | 外観(macOSユーザーの場合はPyCharm | 環境設定 | 外観および振る舞い | 外観)に移動してIDE テーマを選択します。明るいテーマ、または暗い設定が必要な場合はDarculaを選択します。

エディター

ファイル | 設定 | エディター(macOSユーザーの場合はPyCharm | 環境設定 | エディター)で利用できる多くのページは、エディターの動作のあらゆる側面を調整できます。ここでは、一般的な設定(ドラッグアンドドロップの有効化、スクロール構成など)から、使用可能な各言語とユースケースの色構成、タブとコードの折りたたみ設定、コード補完の動作まで、多くのオプションを利用できます。そして後置テンプレートさえ。

詳細はセクションPyCharm設定の構成を参照してください。

コード・スタイル

コード・スタイルファイル | 設定 | エディター | コード・スタイル(macOSユーザーの場合はPyCharm | 環境設定 | エディター | コード・スタイル)で各言語に定義できます。独自のコーディングスタイルスキームを作成して保存することもできます。

Code style settings

詳細は、コードスタイルの構成およびコード品質支援のヒントとコツ、またはコードをきれいに見せる方法を参照してください。

キーマップ

PyCharmはキーボード中心のアプローチを採用しています。つまり、IDEで可能なすべてのアクションがキーボードショートカットにマッピングされています。

使用するキーボードショートカットセットは、最も親密な習慣の1つです。指は特定のキーの組み合わせを「記憶」しており、この習慣の変更は言うよりも簡単です。PyCharmはデフォルトのキーマップを提供し(メインメニューからヘルプ | キーマップ・リファレンスを選択)、コーディングを非常に生産的で便利にします。しかし、常にすることができ、それを変更 ファイル | 設定 | キーマップ(macOSユーザーのためのPyCharm | 環境設定 | キーマップ)に移動します。

事前定義されたキーマップ(Emacs、Visual Studio、Eclipse、NetBeansなど)もあり、既存のキーマップに基づいて独自のキーマップを作成することもできます。

vi / Vimで最も生産的に感じるなら、エミュレーションモードはあなたに両方の長所を与えます。IDEでIdeaVimプラグインを有効にしてvimキーマップを選択します。

詳細はセクションキーボードショートカットの構成を参照してください。

以上です! 先に進んで開発を楽しみましょう!

We hope this brief overview of essential PyCharm features will give you a quick start. There are many important features that make a developer’s life easier and more fun, and the source code neater and cleaner. Take these first few steps now, and then dig deeper when you feel the time is right:

Enjoy PyCharm! With any questions visit our ディスカッションフォーラム , twitter(英語) and blog(英語), where you can find news, updates, and useful tips and tricks. Also, don't hesitate to report any problems to our support team(英語)) or the PyCharm issue tracker(英語).

最終更新日: 2020年7月29日

関連ページ:

Python

PyCharmでPythonスクリプトを開発するには、Pythonをダウンロードしてインストールし、少なくとも1つのPython インタープリターを構成します。Windowsユーザーの場合、Windows用Pythonをインストールすることをお勧めします。サポートされるバージョン:Python 2:...

PyCharmをインストールする

PyCharmは、Windows、macOS、およびLinuxオペレーティングシステムで一貫したエクスペリエンスを提供するクロスプラットフォームIDEです。PyCharmには、Professional、Community、およびEduの3つのエディションがあります。CommunityおよびEduエデ...

プロジェクトのオープン、再オープン、クローズ

PyCharmを使用すると、複数のプロジェクトを異なるウィンドウで同時に開くことができます。デフォルトでは、プロジェクトを開くときに別のプロジェクトを開くたびに、PyCharmはプロジェクトを同じウィンドウで開くか、新しいウィンドウで開くかを選択するように求めます。必要に応じて、システム設定ページの...

バージョン管理

VCS 操作のポップアップ( またはVCS | VCS 操作のポップアップ)を使用すると、VCS関連のコマンドをすばやく呼び出すことができます。ポップアップ内のアクションのリストは、現在有効になっているVCSによって異なります。VCSオペレーションポップアップコマンドのリストは設定可能です。設定/環...

ようこそ画面

PyCharmは、プロジェクトが開かれていないときにようこそ画面を表示します。例:PyCharmを初めて実行したとき、または開いているプロジェクトの唯一のインスタンスを閉じたとき。この画面から、新しいプロジェクトを作成したり、PyCharm Eduで学習パスを開始したり、既存のプロジェクトをバージョ...

Python プロジェクトを作成します

純粋なPythonプロジェクトは、Pythonプログラミングを対象としています。プロジェクトを作成するには、次のいずれかを実行します。メインメニューから、ファイル | 新規プロジェクトを選択します。ようこそ画面で、新規プロジェクトの作成をクリックします。新規プロジェクトダイアログが開きます。新規プロ...