PyCharm 2019.1ヘルプ

テーブルを使った基本操作

テーブルの作成

  1. データベースツールウィンドウで、データソースを選択してファイル | 新規 | テーブルに移動します。

  2. 新しいテーブルを作成するダイアログで、テーブル設定(列、キー、インデックス、外部キー)を指定します。

  3. OKをクリックします。

テーブルを削除する

テーブルを削除するには、テーブルを右クリックしてDROPN/A)を選択します。

SQL プレビューフィールドで生成されるコードに追加のオプションを設定できます。

  • スキーマ名でオブジェクトを修飾する : スキーマ名をテーブル名に追加します。異なるスキームに同じ名前のテーブルが2つ以上ある場合は、テーブルを修飾できます。このオプションには以下のパラメータがあります。

    • 自動 : 異なるスキームに同じテーブル名が3つ以上ある場合は、自動的にテーブル名を修飾します。

    • なし : テーブル名を修飾しないでください。

    • 常時 : 常にテーブル名を修飾します。

  • IF EXISTS構文を使用する : テーブルが存在することを確認します。

  • drop cascade 構文を使用する : テーブルに依存するオブジェクト(ビューなど)を削除します。

テーブルを修正する

  1. データベースツールウィンドウで、テーブルを右クリックしてテーブルの変更を選択します。

  2. テーブルの変更ダイアログで、必要なテーブル設定を指定します。

表データを表示する

  1. データベースツールウィンドウ(表示 | ツール・ウィンドウ | データベース)を開きます。

  2. データベースツリーで、開くテーブルに移動します。

  3. テーブル(F4)をダブルクリックします。

テーブルの読み取り専用モードを有効にする

データエディターでの偶発的な変更からテーブルを保護するために、テーブルを読み取り専用にすることができます。読み取り専用モードを有効にするには、エディターの右下隅にあるダブルクリックして読み取り専用属性を切り替えますアイコン(The Click to toggle the read-only attribute icon)をクリックします。

読み取り専用モードをオフにするには、ダブルクリックして読み取り専用属性を切り替えますアイコンをもう一度クリックします。

Enable the read-only mode for a table

クエリでテーブルデータをフィルタする

行フィルターフィールドにクエリを書き込むことでテーブルのデータをフィルタ処理できます。

  1. 行フィルターが使用できない場合は、設定アイコン(the settings icon )をクリックして行フィルターを選択してください。

  2. 行フィルターフィールドにクエリを入力します。照会構文は WHERE 文節と同じですが、WHERE キーワードはありません。例: first_name LIKE 'Joh%' AND last_name LIKE 'lol%'

    LIKE 式の中でSQLワイルドカードを使用できます。例:0個以上の文字の場合はパーセント記号(%)、1文字の場合はアンダースコア(_)。

  3. Enterを押す。フィルタをリセットするには、クリアアイコン(The clear icon)をクリックするか、行フィルターフィールドの内容を削除して Enterを押します。

クイックフィルタリングオプションを使用する

手動でフィルタ条件を指定するか、クイックフィルタオプションを使用できます。クイックフィルタオプションは、現在の列名の条件をフィルタすることです。条件は現在のセルの値によって異なります。

  1. セルを右クリックしてフィルターに移動します。

  2. 適用したいオプションを選択します。

テーブルに対して検索(Ctrl+F)を実行するときに行をフィルタリングできます。

  1. Ctrl+F を押してフィルター行を選択します。

  2. 検索クエリの入力を始めます(たとえば、John)。

2つのテーブル構造を比較する

2つの表構造を比較して、列、キー、索引、およびその他の構造表要素の違いを見ることができます。選択したテーブルのデータを比較するには、テーブルデータを比較するを参照してください。

  1. 2つのテーブルを選択してください。

  2. 選択を右クリックして比較にナビゲートします。

Compare two tables

テーブルデータを比較する

2つのテーブルに格納されているデータを比較できます。

  1. 比較したい2つのテーブルをダブルクリックします。

  2. エディターで、比較ボタン(the Compare with button)をクリックして2番目のテーブルを選択します。

    必要に応じて、比較ダイアログ許容差パラメータの値を変更してください。許容差パラメーターは、2つの結果セット間で許容される最大相違数を定義します。例:1つの列でデータが異なる場合に2つの行を等しいと見なしたい場合は、許容差フィールドに 1 と入力してください。

Compare two tables

テーブルを転置する

テーブルデータは、行から列へ、列から行へと回転できます。転置ビューでは、行と列が入れ替わります。

テーブルを転置するには、設定アイコン(The table settings icon)をクリックして置き換えを選択します。

テーブルをファイルにエクスポートする

テーブルデータをクリップボードにコピーしたりファイルに保存したりすると、データは使用可能な出力形式の1つに変換されます。出力形式として、SQL INSERT または UPDATE ステートメント、TSVまたはCSV(英語)、HTMLテーブル、またはJSON(英語)データを選択できます。

テーブルまたは結果セットを開き、データのダンプアイコン(The Dump Data icon)をクリックして宛先ファイルを選択します。

Export a view to a file

テーブルをクリップボードにエクスポートする

ツールバーのデータのダンプアイコン(The Dump Data icon)をクリックし、クリップボードへを選択します。

データ出力フォーマットとオプションを設定する

定義済みの出力フォーマット、カスタマイズされたフォーマット、およびスクリプトを使用して、抽出されたデータをテキストに変換する方法を設定できます。抽出されたデータの出力を構成するには、テーブル内の任意のセルを右クリックし、データ抽出をポイントします。

The table editor context menu

このメニューでは、出力形式(SQL INSERT 文、HTML表、CSV形式など)またはデータを特定の形式に変換するスクリプトを選択できます。次の追加オプションも利用できます。

計算された列をスキップ (SQL)
計算値を含む列を除外できるようにします(SQL出力形式に影響します)。
生成されたカラムをスキップ (SQL)
自動増分値を持つ列を除外できるようにします(SQL出力形式に影響します)。
テーブル定義の追加 (SQL)
CREATE TABLE ステートメントを含めるようにします(SQL出力フォーマットに影響します)。

さらに、以下のパラメータを設定できます。

  • CSV フォーマットの構成。区切り文字で区切られた値の形式(CSVやTSVなど)を管理するために使用できるCSV フォーマットダイアログを開きます。

  • スクリプト・ディレクトリーに移動。テーブルデータをさまざまな出力形式に変換するスクリプトでディレクトリーを開きます。

データをデータベースにエクスポートする

  1. データベースがデータベースツールウィンドウのデータソースとして追加されていることを確認してください。

  2. テーブル内の任意のセルを右クリックし、データベースにエクスポートを次にクリックします。

  3. データベース、ターゲットスキーマ(エクスポートされたデータで新しいテーブルを作成する)、またはテーブル(エクスポートされたデータを既存のテーブルに追加する)を指定します。

  4. ターゲット表のデータ・マッピングおよび設定を構成します。

テーブル間でセルをコピーアンドペーストする

選択したセルと範囲を同じテーブル内またはあるテーブルから別のテーブルにコピー(Ctrl+C)して貼り付ける(Ctrl+V)ことができます。ペーストするとき、PyCharmは必要に応じて自動的にデータ型を変換します。

テーブルを別のスキーマにコピーする

現在のデータソースのスキーマにテーブルのコピーを作成するか、別のデータソースを選択してここにコピーを作成できます。

  1. テーブルを右クリックしてテーブルにコピーを選択します。あるいは、F5を押します。

  2. スキーマ名を入力してOKをクリックします。

  3. (オプション)インポートダイアログで、テーブル設定を変更します。

  4. OKを押します。

テーブルビューを更新する

エディターに表示されているデータをデータベースの内容と同期させる場合は、テーブルビューを更新する必要があります。または、変更後にページサイズ制限設定を適用したい場合。

テーブルビューを更新するには、次の操作を検討してください。

  • ツールバーの同期化アイコン(The Synchronize icon)をクリックします。

  • テーブルを右クリックし、コンテキストメニューからページのリロードを選択します。

  • Ctrl+F5を押します。

初期テーブルビューをリセットする

設定アイコン(the settings icon)をクリックしてビューのリセットを選択します。その結果、データはソートされず、列は最初に定義された順序で表示され、すべての列が表示されます。

テーブルを生成したクエリを表示する

テーブルの生成に使用されたクエリを見るには、ツールバーのクエリーの表示をクリックします。必要に応じて、クエリテキストを選択してクリップボード(Ctrl+C)にコピーすることができます。

クエリが表示されているペインを閉じるには、Escapeを押します。

最終更新日: 2019年7月17日

関連ページ:

データベースツールウィンドウ

表示 | ツール・ウィンドウ | データベース概要:データベースツールウィンドウ(表示 | ツール・ウィンドウ | データベース)から、データベースおよびDDLデータソースを操作するための機能にアクセスできます。データベース内のデータ構造を表示および変更したり、その他の関連タスクを実行したりできます...

テーブルの差分ビューアー

表の差分ビューアーの主な目的は、データの相違点と類似点を示すことです。列の挿入を検出する:テーブルのカラム数が異なる場合、テーブル内のカラム数が多い余分なカラムは無視されます。列の挿入を検出するオプションがオンの場合、最も異なる列は無視されます。次の図では、2番目の表の最初の列が最も異なっているため...

CSV フォーマット・ダイアログ

このダイアログにアクセスするには:いずれのテーブルビューからも:テーブルを右クリックし、データ抽出 | CSV フォーマットの構成を選択します。データベースツールウィンドウから:目的のテーブルまたはビューを右クリックし、ファイルにデータをダンプ | CSV フォーマットの構成を選択します。このダイア...

行を追加するツールバーの新規行を追加アイコンをクリックします。または、テーブルを右クリックしてコンテキストメニューから新規行を追加を選択します。を押します。コンテキストメニュー行のクローンコマンドを代替として使用できることに注意してください。行を削除する削除する行を選択します。行は、行番号が表示され...

テーブルを操作する

この機能はProfessionalエディションでのみサポートされています。このエディションは有償で、優れた機能を提供します。詳細は比較表を参照してください。以下は、データベースツールとSQLプラグインがインストールされて有効になっている場合にのみ有効です。リレーショナルデータベースでは、データベース...

列を追加するテーブルを右クリックして新規 | 列を選択します。列名と設定を指定してください。実行をクリックします。列を削除する列を右クリックして新規 | ドロップを選択します。あるいは、を押します。(オプション)設定アイコンをクリックして、ドロッププロセスを設定します。OKをクリックします。列を修正...