PyCharm 2020.3 ヘルプ

ソースコードナビゲーション

キャレットでナビゲートする

  • 後方に移動するには、Ctrl+Alt+Left を押します。前方に移動するには、Ctrl+Alt+Right を押します。

  • 最後に編集した場所に移動するには、Ctrl+Shift+Backspace を押します。

  • エディターで現在のキャレット位置を見つけるには、Ctrl+M を押します。大きなファイルをスクロールしたくない場合は、このアクションが役立つかもしれません。

    ただし、UpDown の矢印キーを押しても同じ結果が得られます。

  • 探しているキャレットの単語をハイライトするには、メインメニューから編集 | 検索 | キャレット上の単語の次の出現箇所を選択します。

  • キャレットが現在配置されている要素を確認するには、Alt+Q を押します。

  • 一致するコードブロック中括弧間でキャレットを移動するには、Ctrl+Shift+M を押します。

  • コードブロック間を移動するには、Ctrl+Shift+[ または Ctrl+Shift+] を押します。

キャレットを移動する

キャレットをコード内で移動するためにさまざまなアクションを使用できます。また、単語で移動したり改行したりしたときにキャレットを停止する位置を設定することもできます。

  • キャレットを次の単語または前の単語に移動するには、Ctrl+Right または Ctrl+Left を押します。

    デフォルトでは、PyCharm はキャレットを現在の単語の末尾に移動します。

    キャレットを前の単語に移動すると、キャレットは現在の単語の先頭に配置されます。これらのアクションを使用するときにキャレットの位置を構成できます。

    設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、エディター | 一般に移動します。キャレットの移動セクションで、単語で移動時および改行時オプションを使用して、キャレットの動作を構成します。

  • キャレットを次の段落に進める、または前の段落に戻すには、Ctrl+Shift+A を押してキャレットを段落の後に移動またはキャレットを段落の前に移動アクションを検索します。

    テキストを選択してから、キャレットを段落の前後に移動することもできます。 Ctrl+Shift+A を押して、選択したままキャレットを段落の後に移動または選択したままキャレットを段落の前に移動アクションを探します。

    必要に応じて、これらのアクションにショートカットを割り当てることができます。詳細はキーボードショートカットを設定するを参照ください。

最近の場所を見つける

最近使用した箇所ポップアップを使って、最近見たコードや変更したコードを確認することもできます。

  • 最近使用した箇所ポップアップを開くには、Ctrl+Shift+E を押します。リストは一番上の最新の訪問場所から始まり、コードスニペットが含まれています。

    Recent Locations popup
  • ポップアップ表示中に、同じショートカットを使用するか、変更のみ表示するチェックボックスを選択して、コードが変更された場所のみを表示します。

  • コードスニペットを検索するには、最近使用した箇所ポップアップで検索クエリを入力します。コードテキスト、ファイル名、またはパンくずリストで検索できます。

    Search recent locations
  • 検索結果からロケーションエントリを削除するには、Delete または Backspace を押します。

    削除した場所は、Ctrl+Alt+Left ショートカットでアクセスしたエントリの一覧からも削除されることに注意してください。

ナビゲーションにブックマークを使用する

  • 匿名のブックマークを作成するには、キャレットを必要なコード行に配置して F11 を押します。

  • ニーモニックでブックマークを作成するには、必要なコード行にキャレットを置き、Ctrl+F11 を押して、ニーモニックの番号または文字を選択します。

  • 次または前のブックマークを表示するには、メインメニューで移動 | ブックマーク | 次のブックマークまたは移動 | ブックマーク | 前のブックマークを選択します。

  • ブックマークダイアログを開くには、Shift+F11 を押します。このダイアログを使用して、ブックマークの管理、たとえばブックマークの削除、ソート、または簡単な説明の入力を行うことができます。

    Bookmarks dialog

  • 文字ニーモニックを使用して既存のブックマークにナビゲートするには、Shift+F11 を押してから、必要な文字を押します。PyCharm はあなたをエディターとそれに対応するブックマークに戻します。

  • 番号ニーモニックを使用して既存のブックマークに移動するには、Ctrl とブックマークの番号を押します。

  • 作成されたすべてのブックマークは、お気に入り Alt+2表示 | ツールウィンドウ | お気に入り)ツールウィンドウに反映され、ブックマークへのナビゲーションにも使用できます。

    Favorites window

宣言とその型に移動する

  • キャレットを希望の記号に置き、Ctrl+B を押します。

    Go to Declaration

    または、Ctrl+Click を使用します。Ctrl を押したまま、シンボルの上にマウスポインターを置きます。シンボルがハイパーリンクに変わると、その宣言がツールチップに表示されます。キーを放さずにハイパーリンクをクリックして、エディターで宣言を開きます。

    Go to Declaration using a link
  • 型宣言の場合は、Ctrl+Shift+B を押します。

    または、Ctrl+Shift を押したまま、マウスポインターをシンボルの上に移動します。シンボルがハイパーリンクに変わると、そのタイプ宣言がツールチップに表示されます。キーを放さずにハイパーリンクをクリックして、エディターでシンボルの型宣言を開きます。

    Go to Type Declaration using a link

実装に移動

エディターのガターアイコンを使用するか、適切なショートカットを押すことで、クラスの実装とオーバーライドメソッドを追跡できます。

  • エディターにある the Implemented method icon / the Implementing method icon , the Overridden method icon / the Overriding method icon ガターアイコンのいずれかをクリックして、リストから目的の上位クラスまたは下位クラスを選択します。

  • スーパーメソッドに移動するには、Ctrl+U を押します。

  • 実装に移動するには、Ctrl+Alt+B を押します。

  1. ファイルがエディターで開かれている場合は、Alt+F1 を押して移動先の選択ポップアップを開きます。

    Select in popup

プロジェクトツールウィンドウでファイルを見つける

シングルクリックでファイルを開く(以前はソースに自動スクロールと呼ばれていた)アクションと開いているファイルを常に選択(以前はソースから自動スクロールと呼ばれていた)アクションを使用して、プロジェクトツールウィンドウでファイルを見つけることができます。

  1. プロジェクトツールウィンドウでプロジェクトツールバーを右クリックして、コンテキストメニューから開いているファイルを常に選択を選択します。その後、PyCharm は現在アクティブなエディタータブで開かれているファイルを追跡し、自動的にプロジェクトツールウィンドウでそれを見つけます。

  2. シングルクリックでファイルを開くオプションを選択することもできます。この場合、プロジェクトビューでファイルをクリックすると、PyCharm は自動的にそのファイルをエディターで開きます。

構造ビューのポップアップでコード要素を検索する

作業中のファイル内のコード要素を見つけるために、構造表示ポップアップを使用することができます。

  1. 構造ビューポップアップを開くには、Ctrl+F12 を押します。

  2. ポップアップで、必要なアイテムを見つけます。PyCharm の要素の名前を入力して検索範囲を絞り込むことができます。 Enter を押してエディターと対応する要素に戻ります。

    ポップアップにいる間、ファイルメンバーを分類することができます。匿名クラスと継承メンバーを参照してください。

    Structure View popup

メソッドを閲覧する

  • Alt+Down または Alt+Up を押します。

    HTML ファイル内の JavaScript コードの場合、この動作はキャレットの場所によって異なります。キャレットが JavaScript ブロック内にある場合は、JavaScript 関数間をジャンプできます。キャレットが <script> タグの上にある場合は、タグ間のナビゲーションが実行されます。

  • コード内のメソッドを視覚的に分離するには、設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sエディター | 一般 | 外観に移動し、メソッドセパレーターを表示するオプションを選択します。

    Method Separators in Editor
  • 構造ツールウィンドウを開くには、Alt+7 を押します。

レンズモードを使用する

レンズモードでは、実際にスクロールしなくてもコードをプレビューできます。スクロールバーの上にマウスを置くと、デフォルトでこのモードがエディターで使用可能になります。警告やエラーメッセージの上にマウスを置いたときに特に便利です。

Lens mode
  • レンズモードを無効にするには、エディターの右側にあるコード分析マーカーを右クリックし、コンテキストメニューでスクロールバーのホバーにコードレンズを表示するチェックボックスをオフにします。

  • 別の方法として、設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sエディター | 一般 | 外観に移動し、スクロールバーのホバーにコードレンズを表示するチェックボックスをオフにします。

ナビゲーションにパンくずリストを使用する

現在開いているファイル内のクラス、変数、関数、メソッド、タグの名前を示すパンくずリストを使用して、ソースコード内を移動できます。デフォルトでは、パンくずリストは有効になっており、エディターの下部に表示されます。

Editor breadcrumbs
  • パンくずリストの場所を変更するには、パンくずリストを右クリックし、コンテキストメニューでパンくずリストと場所の設定を選択します。

  • パンくずリストの設定を編集するには、設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sエディター | 一般 | パンくずリストに進みます。

行または列を見つける

  1. エディターで、Ctrl+G を押します。

  2. 指定行 / カラムへジャンプダイアログで、行番号または列番号、あるいはその両方を、:で区切って指定し、OK をクリックします。

    Go to line/column dialog

  3. エディターで行番号を表示したくない場合は、設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sエディター | 一般 | 外観に移動し、行番号を表示するチェックボックスをオフにします。

ファイルパスを見つける

  1. エディターで Ctrl+Alt+F12 を押すか、コンテキストメニューで開く | ファインダを選択します。

  2. Finder で表示ポップアップで、パスファインダーで開くファイルまたはディレクトリを選択して Enter を押します。

最近のファイルを見つける

最近使用したファイルポップアップで最近編集したファイルと最近編集したファイルを検索できます。

  • 最近のファイルのリストを含む最近使用したファイルポップアップを開くには、Ctrl+E を押します。

    Recent files
  • 最近編集したファイルのみを見るには、もう一度 Ctrl+E を押すか、または変更のみ表示するチェックボックスを選択します。

  • ポップアップの項目を検索するには、スピード検索機能を使用します。検索クエリの入力を開始すると、検索フィールドが表示されます。PyCharm は検索クエリに基づいて結果を表示し、入力に応じてリストが縮小します。

Recent files search

関連ページ:

エディターの基本

PyCharm エディターは、コードの作成、読み取り、変更に使用する IDE の主要部分です。エディターは次の領域で構成されています。スクロールバーは現在のファイルのエラーと警告を表示します。パンくずリストは、現在のファイルのコード内を移動できます。ガターには、行番号と注釈が表示されます。タブには、...

一般

設定 / 環境設定ダイアログの一般ページを使用して、エディターの動作を構成し、そのビューをカスタマイズします。マウスコントロールCtrl / Command + マウスホイールでフォントサイズを変更するこのチェックボックスが選択されている場合、 キーを押しながらマウスホイールを回転させることにより、...

キーボードショートカットを設定する

PyCharm 標準のキーボードショートカット PDF は、公式ショートカット一覧 PDF 日本語版から入手できます。ローカルに保存しておいて活用しましょう。PyCharm には定義済みのキーマップがいくつか含まれており、頻繁に使用するショートカットをカスタマイズできます。キーマップ構成を表示するに...

ユーザーインターフェースの概要

PyCharm でプロジェクトを開くと、デフォルトのユーザーインターフェースは次のようになります。プラグインのセット、PyCharm エディション、および構成設定によっては、IDE の外観と動作が異なる場合があります。エディター :フォーカス:エディターを使用して、ソースコードの読み取り、書き込み、...

LightEdit モード

PyCharm でプロジェクト全体を作成またはロードせずに 1 つのファイルのみを編集する必要がある場合は、LightEditモードを使用できます。LightEdit モードはテキストのようなエディターとして機能し、コード補完やコードナビゲーションなどの通常の IDE エディター機能をサポートしてい...

ソースコード階層

この機能は PyCharm のEducationalエディションでは利用できません。PyCharm を使用すると、階層ツールウィンドウでクラス、メソッド、呼び出しの階層を調べ、構造ツールウィンドウでソースファイルの構造を調べることができます。階層および構造ツールウィンドウは、メニューから使用できます...