PyCharm 2020.2ヘルプ

テキストとメッセージファイル間を移動する

localization.icons.com.jetbrains.localization.i18n.png ガターアイコンを使用して、テンプレートからローカライゼーションファイルに移動します。ローカライゼーションファイルから対応するテンプレートにジャンプするには、Ctrl+Clickを使用します。

テンプレートからロケールに移動する

  1. 目的のタグの横にあるガターの localization.icons.com.jetbrains.localization.i18n.png アイコンをクリックします。

  2. タグが複数のロケールから参照されている場合は、ポップアップから選択します。undefined
    py i18n choose locale png

    The selected django.po file opens in the editor, with the caret resting at the msgid that corresponds to the tag in question.

ロケールからテンプレートへのナビゲート

  1. In the desired django.po file, place the caret at the comment above the locale in question:

  2. メインメニューでナビゲート | 宣言 Ctrl+Bを選択するか、ナビゲーションセクションで説明されている他の方法を使用します。

    go to declaration

    対応するテンプレートファイルがエディターで開きます。

  3. また、Ctrl キーを押して、問題のロケールの上にあるコメントの上にマウスポインタを置くこともできます。コメントはハイパーリンクに変わります。これをクリックすると、テンプレートファイルが表示されます。

ローカライゼーションタグへの参照を表示する

  1. 目的のタグの横にあるガターアイコンの上にマウスポインタを置きます。

  2. 選択したタグを参照するロケールファイルのリストでバルーンをインスペクションします。

    view references to a localized tag

最終更新日: 2020年6月23日