PyCharm 2019.3ヘルプ

パッケージのインストール、アンインストール、およびアップグレード

PyCharmは、特定のPythonインタープリター用にPythonパッケージをインストール、アンインストール、およびアップグレードするための方法を提供します。デフォルトでは、PyCharmはプロジェクトパッケージの管理にpipを使用します。Conda環境では、condaパッケージマネージャーを使うことができます。

プロジェクトインタープリター用のPythonパッケージを管理するには、プロジェクト設定/環境設定プロジェクト・インタープリターページを選択するか、Python インタープリターウィジェットのインタープリターの設定を選択します。

Installing a Python package

Conda環境が構成されているPythonインタープリターを選択した場合は、Condaパッケージマネージャーを使用するトグルがパッケージエリアのツールバーに表示されます。

Using the Conda package manager

このトグルを使用して、Conda環境リポジトリからパッケージを管理します。デフォルトでは、このトグルはオフになっており、選択したPythonインタープリターで利用可能なパッケージのみを管理できます。

パッケージをインストールする

  1. Install a packageインストール をクリックします。

  2. 開いた使用可能なパッケージダイアログで、利用可能なパッケージのリストをプレビューします。

    Show available packages

    devpi(英語)またはPyPi(英語)を含むカスタムリポジトリを指定するには、リポジトリの管理をクリックします。
    開いたリポジトリの管理ダイアログで、Add a repository をクリックしてローカルリポジトリのURL(例: http://localhost:3141/root/pypi/+simple/)を追加し、次にOKをクリックします。使用可能なパッケージダイアログで、Reload the list of packages をクリックしてパッケージのリストを再読み込みします。

  3. インストールするパッケージの名前を検索フィールドに入力します。リストは縮小し、一致するパッケージのみを表示します。

    Search for a particular package
  4. 必要に応じて、次のチェックボックスをオンにします。

    • バージョン指定 : このチェックボックスが選択されている場合は、利用可能なバージョンの一覧から目的のバージョンを選択できます。デフォルトでは、最新のバージョンが使用されます。

    • オプション : このチェックボックスをオンにすると、テキストフィールドにオプションを入力できます。

    • ユーザーのサイトパッケージディレクトリ<path>にインストールします。 : このチェックボックスがオフのままの場合(デフォルト)、パッケージは現在のインタープリターパッケージディレクトリにインストールされます。チェックボックスが選択されている場合、パッケージは指定されたディレクトリにインストールされます。このオプションはConda環境では利用できません。

  5. ターゲットパッケージを選択し、パッケージのインストールをクリックします。

パッケージをアンインストールする

  1. パッケージのリストで、削除するパッケージを選択します。

  2. アンインストールUninstall a package)をクリックします。選択したパッケージがディスクから削除されます。

PyCharmはパッケージのステータスをスマートに追跡し、現在インストールされているパッケージバージョン(列バージョン)と最新の使用可能なバージョン(列最新バージョン)の数を表示することにより、古いバージョンを認識します。新しいバージョンのパッケージが検出されると、PyCharmはそれを矢印 New version is available でマークし、それをアップグレードすることを提案します。

デフォルトでは、最新バージョン列にはパッケージの安定バージョンのみが表示されます。利用可能な最新バージョンの範囲をプレリリースバージョン( ベータ版リリース候補版など)に拡張する場合は、初期リリースを表示をクリックします。

Show latest available versions including beta and release candidates

パッケージをアップグレードする

  1. パッケージのリストで、アップグレードするパッケージを選択します。

  2. アップグレードUpgrade)をクリックします。適用をクリックしても、パッケージのアップグレードは行われません。このボタンは、実行されたすべてのパッケージ変更のみを使用します。

    Upgrading Python packages

    選択したパッケージは最新の使用可能なバージョンにアップグレードされます。

コマンドラインからパッケージ(英語)インストールする(英語)ことに慣れている場合は、Python コンソールを使用してワークフローを進めることができます。

インストール済みパッケージを再利用する

  • 他のプロジェクトで使用する新しい仮想環境を作成するおよびインストールパッケージ。次に、この仮想環境をターゲットプロジェクトのプロジェクトインタープリターとして指定すると、必要なすべてのパッケージが利用可能になります。

  • ターミナルウィンドウで次のコマンドを実行します。

    pip freeze > requirements.txt

    次に、作成した requirements.txt ファイルをターゲットプロジェクトに追加すると、PyCharmはファイルにリストされているパッケージをインストールするように求めます。

最終更新日: 2020年1月14日

関連ページ:

プロジェクト・インタープリター

プロジェクトPythonインタープリターを構成するとき、システム内のPython実行可能ファイルへのパスを指定する必要があります。そのため、プロジェクトインタープリターを構成する前に、Pythonをダウンロードしてシステムにインストールし、そのパスを認識していることを確認する必要があります。同じPy...

ユーザーインターフェースの概要

PyCharmでプロジェクトを開くと、デフォルトのユーザーインターフェースは次のようになります。プラグインのセットと構成設定によっては、IDEの外観と動作が異なる場合があります。エディター:フォーカス:エディターを使用してコードを読み書きします。詳しくは、エディターの基本を参照してください。ナビゲー...

使用可能なパッケージ

-このダイアログは、以下の機能を有効にするパッケージマネージャーです。リモートリポジトリで利用可能なパッケージの表示、選択したパッケージをローカルにインストールします。リポジトリの追加と削除、検索フィールドここに検索文字列を入力します。その際、パッケージのリストが縮小され、入力された文字列のみを含む...

Python コンソール

Pythonコンソールの使用:Pythonコンソールでは、Pythonシェルでの経験と同様に、Pythonコマンドとスクリプトを1行ずつ実行できます。メニューで対応するコマンドを選択するたびに、コンソールがツールウィンドウとして表示されます。PyCharm内でPythonコンソールを使用する主な理由...

仮想環境を構成する

PyCharmでは、virtualenvツールを使用してプロジェクト固有の分離された仮想環境を作成できます。仮想環境の主な目的は、他のPythonプロジェクトに関係なく、特定のプロジェクトの設定と依存関係を管理することです。virtualenvツールはPyCharmにバンドルされているため、ユーザー...

requirements.txtを使用-ヘルプ| PyCharm

PyCharmを使用すると、プロジェクトの不満足な依存関係を追跡することができ、依存性管理の主要手段との統合が可能になります。要件を定義するプロジェクトのルートディレクトリにある新規ファイルの作成。新規ファイルダイアログで、ファイル名を指定してください。要件ファイルの推奨名はrequirements...