PyCharm 2021.1 ヘルプ

ライブテンプレートを使用してカスタムコード構成を生成する

PyCharm は多くの一般的なコード構成体のために多数の事前定義されたライブテンプレートを提供します。ワークフローに固有のユースケースをカバーするカスタムテンプレートを定義することもできます。

ライブテンプレートを挿入する

  1. テンプレートを展開する場所にキャレットを置きます。

  2. テンプレートの省略形を入力し、呼び出しキーを押します(通常はデフォルトで Tab )。または、コードメニューでライブテンプレートの挿入 Ctrl+J をクリックして候補リストを開き、必要なテンプレートを選択します。

  3. 選択されたテンプレートがユーザー入力を必要とする場合、対応するフィールドがハイライトされます。必要な値を入力し、Enter または Tab を押して入力を完了し、次の入力フィールドに移動します。すべての入力フィールドを完了すると、キャレットは構成要素の最後に移動します(マーカーがテンプレートコードで定義されている場合は $END$ マーカーに移動します)。エディターは通常の操作モードに戻ります。

サラウンドテンプレートを使用してコードのフラグメントをラップすることもできます。

ライブテンプレートでコードブロックを囲む

  1. 囲むコードを選択します。

  2. コードメニューで、ライブテンプレートで囲む Ctrl+Alt+J をクリックして候補リストを開き、必要なテンプレートを選択します。

関連ページ:

ライブテンプレート | PyCharm

ライブテンプレートを使用して、ループ、条件、さまざまな宣言、出力ステートメントなどの一般的な構成をコードに挿入します。コードスニペットを展開するには、対応するテンプレートの省略形を入力してを押します。を押し続けると、テンプレート内の 1 つの変数から次の変数にジャンプします。を押して、前の変数に移動します。次の例は、カスタムライブテンプレートの使用方法を示しています。ライブテンプレートの種類:次のタイプのライブテンプレートが区別されます。シンプルなテンプレートには固定プレーンテキストのみ

コード補完 | PyCharm

このセクションでは、コーディングプロセスのスピードアップを可能にするコンテキスト対応コード補完のさまざまなテクニックについて説明します。基本補完:基本コード補完は、可視性スコープ内のクラス、メソッド、キーワードの名前を完成させるのに役立ちます。コード補完を呼び出すと、PyCharm はコンテキストを分析し、現在のキャレット位置から到達可能な選択肢を提案します(提案にはライブテンプレートも含まれます)。基本コード補完がフィールド、パラメーター、または変数宣言の一部に適用されている場合、PyCha...