PyCharm 2019.2ヘルプ

使用箇所の検索

使用箇所の検索はコード分析の重要な部分です。これにより、依存関係を明確にすることができます。PyCharmはいくつかの種類の使用方法の検索を提案します。

最終更新日: 2019年9月13日

関連ページ:

プロジェクトでの使用箇所の検索

PyCharmは、クラス、メソッド、フィールド、パラメータ、またはスロー文の使用状況を検索しているかどうかに応じて、さまざまな検索オプションを用意しています。例:CSS、XML、およびHTMLファイルでは、スタイル、クラス、タグ、および属性の使用箇所を検索できます。検索ツール・ウィンドウの検索結果を...

現在のファイルでの使用箇所の検索

現在のファイル内のシンボルの使用箇所を見つけるにはエディターまたは構造ビューで目的のシンボルをクリックします。メインメニューでを選択するか、を押します。遭遇した使用箇所がエディターで強調表示されます。最終更新日: 2019年9月3日プロジェクトでの使用箇所の検索使用箇所の強調表示関連事項:プロシージ...

使用箇所の強調表示

検索コマンド を使用すると、現在のファイル内のシンボルの使用状況を視覚化できます。カラー・スキームの切り替え設定ページで定義されているように、現在のファイル内のシンボルのすべての使用箇所が強調表示され、色分けされてシンボルへの読み取りまたは書き込みアクセスを表します。テキスト中の出現のハイライト...

最近の使用箇所の検索の表示

PyCharmを使用すると、PyCharmセッション中に使用状況の検索アクションが発生した場合に、最近の検索結果に簡単にナビゲートできます。最近の検索用途を見るメインメニューでを選択します。最近の検索結果のサブメニューから必要な検索項目を選択します。選択した検索が検索ツールウィンドウに表示されます。...

シンボルの使用箇所の表示

使用箇所の表示関数を使用すると、プロジェクト全体でシンボルの使用箇所のリストを表示できます。プロジェクト全体のシンボルの使用箇所を見るエディターで希望のシンボルにキャレットを配置します。メインメニューでを選択するか、を押します。検出されたシンボルの出現を調べて分析する:ツールバーのボタンを使用して、...